【函館スプリントS 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アスターペガサス 1本(函館W1本) F
中2週に加え、函館への輸送があったため時計は1本のみ。使い詰めだし、軽めの調整程度はあまり気にならない。それよりも斤量が恵まれた印象を受けるし、最終追い切りを重要視して評価していきたいと感じる。前走より5kgも軽くなるのは魅力的だし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

 

 

 

カイザーメランジェ 3本(美坂3本/※美プール1本) A
中3週でもしっかりと乗り込まれている点は評価。終い重点の内容が目立つとはいえ、楽に12秒前半の時計をマーク出来ている点は好感が持てる。調教は動くタイプとはいえ、動いているという事は状態の良い証という事で、最終追い切りも楽しみな1頭。

 

 

 

 

 

 

サフランハート 1本(函館W1本) F
中2週に加え、函館への輸送があったため時計は1本のみ。前走が7ヶ月ぶりの実戦ということで、1度使った上積みに期待出来そう。最終追い切りでキッチリとやってくれば。

 

 

 

 

 

 

シュウジ 0本 F
中間は中1週という事で時計を出せていない。間隔が詰まって良いタイプではないが、この舞台で2着の経験がある馬。最終追い切りの動き次第では。

 

 

 

 

 

 

ダイメイフジ 2本(栗坂2本) A
中間の内容は平凡。前走が連闘だったため、乗り出しは遅いが、1週前にビッシリと追って併せ馬で先着出来た点は好感。洋芝での実戦は初めてだし、最終追い切りの動き次第では。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

ダノンスマッシュ 3本(函館芝1本/函館ダ2本) A+
中間の内容はとても良い。本数こそ若干少ない気もしているが、1週前追い切りの函館芝コースで見せた内容が素晴らしい。入りから終いまで完璧なタイムが出たと思うし、それを馬也でやってのけるのだから、リフレッシュされて馬の状態は物凄く良いと感じる。まだ緩さがあるらしいが、1週前でキッチリとやれたし、今週のひと追いで態勢を整えてくると見ている。

 

 

 

 

 

 

タマモブリリアン 1本(栗坂1本) A
中間の内容は悪くない。本数が少なく、急仕上げ感は否めないが、栗坂で好時計をマーク。本数をやれてないのが唯一の心配だが、1発目にこの時計を出してこれるのだから、ひと叩きした上積みは感じられる。最終追い切りの動き次第では。

 

 

 

 

 

 

タワーオブロンドン 7本(美南W3本/美坂4本) A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
中間の内容はとても良い。安田記念を見送った影響もなく、ここを照準に仕上がりはとても良いと感じている。1週前追い切りでは自己ベストも更新したし、前走のレコード勝ちの反動も感じられない。元々スピードタイプでマイル以下が良いと言われていたが、1200mという距離は今回が初めて。ここで好走するようなら今後の選択肢が増えるだろうし、試金石の一戦でどんなパフォーマンスを見せるか。最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

デアレガーロ 1本(函館W1本) C
中間の内容は物足りない。ノーザンF天栄から直接函館入りしたみたいだが、良い時と比べてもこなしている内容や本数は今ひとつ。最終追い切りの動き次第だが、一変ないようなら嫌いたいと感じている。

 

 

 

 

 

 

ティーハーフ 12本(栗坂9本/函館W3本) A+
中間の内容はとても良い。休み明けという事で、トレーニングもしっかりと積めていて、馬がとてもフレッシュな状態にある事が感じられる。栗東での内容も良いし、函館入りしてからの内容も良いので、状態面は文句ないところまできているイメージ。4年前の勝ち馬だし、最終追い切りの動き次第では。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

トウショウピスト 1本(美坂1本) B
中間の内容は悪くない。間隔は詰まっているが、美坂で好時計を出せた点は良いと感じる。ただ、調教では動く馬だし、過度に評価するのは禁物。函館コースは好条件だし、最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

 

 

ペイシャフェリシタ 6本(美坂4本/函館W2本) A
中間の内容は悪くない。函館入りしてからの内容が良いし、状態は段々と上向いている印象を受ける。函館コースは初めてだが、札幌コースでまずまずの成績を収めているので、力は出せるコースだと感じる。最終追い切りの動きにも注目。

 

 

 

 

 

 

ユキノアイオロス 5本(美南W5本) A
中間の内容は悪くない。長目から良い時計が出ているし、状態は悪くないと見ている。年齢も年齢だしそう大きな上積みはないと思うが、昨年の函館スプリントSを見る限り、展開次第ではノーチャンスではないと感じる。最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

 

 

ライトオンキュー 1本(函館W1本) C
間隔が空いた割には本数が明らかに少ない。6月9日にしっかりやったとはいえ、急仕上げ感は否めないし、最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

 

 

 

リナーテ 2本(函館W2本) B
中4週にしては負荷のかけ方がイマイチ甘い気もする。同レースに出走の同ローテの馬はガツガツやっているわけだし、控えめな調整が裏目にでるケースも。最終追い切りの動き次第で。

スポンサードリンク

 

 

 

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。