【函館記念 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

函館記念2020出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終追い切り後の追い切り考察

アドマイヤジャスタ

中間:中5週 C
最終:函館芝 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、間隔の割には攻め切れていないですし、全体的に物足りなく感じます。攻めは結構やるタイプなだけに、これだと少し不安残りですし、最終追い切りで動いてきてもという気はしています。その最終追い切りですが、中間の内容とは打って変わって、函館の芝コースで軽快な動きを披露しました。攻めの動きから洋芝は合いそうですし、前走で復調の気配も感じさせていますから、再度善戦には期待が持てそうな1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カウディーリョ

中間:2ヶ月半 A
最終:函館W 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、函館滞在で入念な調整が出来ています。追うごとに良くなっている印象ですし、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、全体時計は遅めでしたが動きは悪くないですし、ここに向けてまずまず良い出来にあると感じます。滞在効果でどこまで走れるのかに注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スズカロング

中間:連闘 F
最終:軽調整 F
中間の内容からみていきますと、連闘のため時計は出していない状況です。最終追い切りが行われるかわかりませんが、やるのであればそこに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、連闘のため時計は出せておりません。現状でどこまで走れるかに注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドゥオーモ

中間:中1週 F
最終:函館W 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、詰めて使った方が良いタイプらしく、しっかりと状態は上向いてきていると思います。全体時計は遅めですが、手応えは終始余力十分でしたし、中1週でこれだけやれていれば十分だと思います。後はある程度流れてくれれば、見せ場は作ってくれるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーラスジェミニ

中間:中1週 F
最終:函館W 良 単走 一杯 A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、本格化してきたのか、追い切りの動きもグンと良くなってきています。コンスタントに使われていますが、前走以上の気配を感じますし、ここも自分の競馬が出来るか否かだと思います。追い切りでは二段階ギアが上がったように感じましたので、マイペースで行ければここでも面白いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナイトオブナイツ

中間:中1週 F
最終:函館W 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、時計的には平凡ですが、時計以上に良く映っていました。前走は明らかに攻め本数が少なかったですし、そう考えると上積みが見込めそうです。いつも通り馬体を深く沈ませるフォームでしたし、脚取りにも力強さがありましたので、人気薄としては面白い1頭だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシノデイジー

中間:中6週 A
最終:函館W 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、しっかりと乗り込めていますし、状態は良好だと思います。攻め動くタイプですから、過剰に評価はしたくないですが、順調に調整は進んでいる印象です。函館入りしてからも乗り出しスムーズですし、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプにしては、案外な内容だったように感じます。そこまで悪いというわけではありませんが、追い切りはかなり動ける馬ですから、そう考えると少し物足りなさを感じてしまいました。まだ良くなる余地は残している段階とみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バイオスパーク

中間:2ヶ月 A
最終:函館芝 良 併せ先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込めていますし、順調に調整は進んでいる印象です。函館入りするまでの約10日間ほど時計を出せていない点は少し気になりますが、最終追い切りでしっかり動いてくれば問題ないと見ていますので、あともうひと追いには注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、函館の芝コースで軽快な動きを披露しました。時計的には平凡ですが、終始楽な手応えで駆け抜けましたし、このひと追いで態勢は整ったとみています。出来は引き続き良いと思っていますので、人気薄なら楽しみな1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレシャスブルー

中間:2ヶ月半 A+
最終:函館W 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容が目立っていますし、引き続き状態は良好だと思います。あともうひと追いありますので、更に動きが良化してくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、函館のウッドチップコースでもしっかりと動けていますし、良い動きだったと思います。好内容だった前走以上の気配を感じますし、洋芝の実績もありますから、ここでも期待の1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストアプローチ

中間:中1週 F
最終:函館ダ 稍重 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻めは前走時も同様に動けていましたので、引き続き良い状態は保てていると感じます。ひと叩きして中身が変わってくるようならここでも楽しみはある馬だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイネルファンロン

中間:中4週 A
最終:函館W 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、追い切りは毎回動くタイプなので、過剰に評価するのは禁物だと感じます。近3走はずっと状態が良いと思っていますので、昨年2着の舞台に替わってどれだけ変われるかだと思います。昨年の函館記念時との比較も出来ますので、最終追い切りにも注目です。その最終追い切りですが、動き自体は悪くないものの、時計は平凡に感じます。昨年穴を空けた時は巴賞からの滞在競馬でしたから、そこもプラスに働いていた部分だと思っています。今年は臨戦過程が異なり、それに伴って攻め内容も変化しています。昨年は最後まで攻め切れていましたが、今年はやや控えめでしたので、その点がレースでどう影響するかでしょう。私は昨年の方が良い出来だったと認識しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスマンマミーア

中間:中4週 B
最終:函館芝 良 併せ遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、攻め動くタイプにしてはやや物足りなさが残る印象です。乗り込み量は豊富ですし、負荷もかけられていると思いますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、好時計はマークしたものの、格下の併走馬には遅れをとってしまいました。攻めは動くタイプの馬ですから、まだ良化の余地がありそうですし、本調子かと言われると疑問です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランフォザローゼス

中間:中6週 A
最終:函館芝 良 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、この厩舎にしては攻めれていると思いますし、順調に調整は進んでいると感じます。あともうひと追いありますので、更に良くなってくれば楽しみです。その最終追い切りですが、ハイレベルな併せ馬を消化してきたものの、動き自体にはまだ良化の余地が残されてそうです。昨年の札幌記念で大敗を喫しているように、洋芝適性もどうかですし、現状でどこまでやれるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイエンダ

中間:中4週 B
最終:函館芝 良 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、特に目立つ内容は消化しておらず、平凡な内容が並んでいます。最終追い切りではある程度やって欲しいのが本音ですし、良い動きを披露してくれば楽しみが広がると思います。その最終追い切りですが、攻め動くタイプにしてはまずまずの内容だったと思います。良い頃と比較してもやや物足りませんし、この中間全体を見渡しても攻め控えられている印象です。本来広いコースの方が良いタイプでしょうし、現状この舞台でどれだけのパフォーマンスを披露してくれるのか興味深いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイホーロマンス

中間:中4週 A
最終:函館W 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、攻めはある程度動くタイプですが、この中間もトラックと坂路併用でしっかりと攻め切れていますし、使い詰めによる疲労の心配もなさそうです。函館入りするまでの約10日間ほど時計を出せていない点は少し気になりますが、最終追い切りでしっかり動いてくれば問題ないと見ていますので、あともうひと追いには注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、時計は平凡ですが、それ以上に良く映りましたし、出来は引き続き良いとみています。前走は結果的に馬体が立派だったということですから、叩いて追い切って絞れていると思いますし、その点の上積みに期待したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドサイオン

中間:中1週 F
最終:函館芝 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、間隔が詰まっていながらも併せ馬で負荷をかけてきましたし、この点は評価出来ると思います。攻め動くタイプらしく、動きにも余力がありましたし、ここに向けて出来も良いと思いますので、現状でどういった走りが出来るのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追い切りBEST4

 

1位プレシャスブルー

2位トーラスジェミニ

3位ベストアプローチ

3位ナイトオブナイツ

 

 

 

※無断転載禁止

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

タイトルとURLをコピーしました