【北九州記念 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北九州記念2020出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

最終追い切り後の追い切り考察

アウィルアウェイ

中間:中6週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、坂路でいつも通りの内容を消化出来ていると思いますし、ここに向けて状態は良いように感じます。現状でも十分評価出来ますが、更に良くなってくるようなら楽しみですし、最終追い切りの上昇度合いにも注目したいです。その最終追い切りですが、終い重点にはなりましたが、この馬なりにしっかりと動けていたと思いますし、力は出せる出来にあるとみています。今の小倉の速い馬場がどうかですが、このような速い馬場でやるのは初めてだと思いますので、好走出来る可能性は秘めていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンヴァル

中間:中6週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、ひと叩きしての上積みを攻め内容から感じます。前走はまだ動き切れていないように映っていましたから、そんな中で2着と走れた点は評価しています。昨年3着したレースですし、前走からの上積みも見込めそうですから、最終追い切りのひと追い次第ではチャンスある1頭だと思っています。その最終追い切りですが、前走よりは確実に良化していると思いますが、昨年ほどではないとみています。昨年は中間にかなり濃い内容を消化できていましたから、前走以上、昨年未満というイメージを持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イエローマリンバ(除外)

中間:4ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 一杯 B
中間の内容からみていきますと、久々ということもあってか、あまり良いところはないように感じます。坂路で動く時はもう少し動けるタイプだと思いますし、平凡な内容が並んでいますので、評価は低めです。最終追い切りでどこまで状態を上げてこられるかが鍵になりそうです。その最終追い切りですが、久々に良い内容を消化してきたと感じますが、この馬は坂で動けるタイプとみていますので、過剰に評価するのは禁物だと思います。ただ、速さは一級品ですから、昨年同様行き切れれば中々止まらない可能性もあるとみていますので、調子の良さを生かしてハナを奪えれば面白い1頭になるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エイシンデネブ(除外)

中間:中6週 B
最終:栗CW 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、間隔が空いている割には攻め量不足かなという印象です。馬体を戻すためにあまり強い負荷をかけられなかったという可能性もありますし、決して良い調整過程を歩めているとは言えないと思います。あともうひと追いでどこまで良くなるかに注目です。その最終追い切りですが、トラックでは動けてしまうタイプですから、過剰な評価は禁物かなと思います。このレース自体、坂路組との相性が良いですから、この点からも入りづらさはありますし、中間全体の攻め内容もそこまで目立ちませんから、現状でどこまでやれるのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カリオストロ

中間:3ヶ月 B ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、攻め量が足りていない気がしますし、こなしている内容も平凡に感じます。久々ということもあってか、いくらかソフトな仕上げにも映りますし、あともうひと追いでどこまで良くなるかが鍵になりそうです。その最終追い切りですが、攻めは地味なタイプなので、この動きで十分だと思います。ただ、全体の攻め量は少なく感じますし、まだ良くなる余地も残している段階にあるとみていますので、この状況で高速スプリントをこなせるのかどうかという点が気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クライムメジャー

中間:中4週 B
最終:栗坂 良 単走 一杯 B
中間の内容からみていきますと、坂路でまずまずの内容を消化出来ていると思いますが、絶好時と比べるとまだまだ物足りないですし、近走から変わらずというイメージです。成績からももうワンパンチ欲しいところだと思いますし、最終追い切りの攻め内容もグンと変わって欲しいところです。その最終追い切りですが、若干重さを感じますし、良い時と比べるとやや物足りなく感じてしまいます。相手のレベルもグンと上がりますし、現状でどういった競馬が出来るのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクイーン

中間:中3週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、良い頃と比べると物足りなさを感じる攻め内容が目立っていますし、良化の余地を残している状態にあると感じます。本数は乗れているので、あとは質をどこまで上げてこられるかが鍵になると思います。その最終追い切りですが、坂路ではもっと動ける馬だと思っていますので、そこと比較するとまだまだ物足りなく感じてしまいます。スピードは良いものを持っていると思いますが、芝に戻って良さが出ていないので、今回もその点が鍵になってきそうです。芝を1度使われたことによって、慣れが見込めれば。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョイフル

中間:中6週 A+
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、先週の栗東坂路がいくらか時計が出やすい状態だったとはいえ、自己ベストに迫る好時計をマーク出来ていますし、状態はかなり良いとみています。踏んだラップも優秀ですし、この馬史上最も良い調整だったとも考えられますので、最後まで要注目です。その最終追い切りですが、動きは変わらず良いのですが、今回はレースの流れに乗れるかという点が鍵になりそうです。あまりにも前が止まらないようだと厳しいと思いますし、先週までの馬場だと差し届かずというイメージも湧きます。土曜日、日曜日と馬場の変化に注目しつつ、流れ次第で差しが効きそうならアリかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョーカナチャン

中間:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、アイビスサマーダッシュがピークの出来だと思っていますが、その出来をしっかりと維持させている印象です。間隔が詰まっていながらも攻めれている点には好感が持てますし、ここでも力は出し切ってくれるとみています。あともうひと追いありますので、更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、終い重点とはいえ、引き続き良い状態を保てていると思いますし、動きも余力十分で良かったと思います。前に行ける速さもありますし、引き続き前有利の馬場ならここでも注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイセイアベニール

中間:中6週 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、1週前追い切りでは自己ベストを塗り替えましたが、まだ動きは重かった印象です。このひと追いで更に変わってくるようなら楽しみです。前走は前残りの展開を良く差し込んできていますし、位置取り次第では重賞でもという1頭だと思います。その最終追い切りですが、いつもより若干動きに重さを感じるので、評価は抑えめです。時計的にはそこまで変わりないのですが、その点が1つ気になるので、レースにどう影響するのか注目して見ていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイメイプリンセス

中間:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、私には前走のアイビスサマーダッシュの攻め内容が先(ココ)を見据えているように映っていましたから、実績のあるここ狙いなのかなという認識です。中3週という事もあって、過去2年よりも攻めれていますし、最後まで注目してみていきたいです。その最終追い切りですが、前走を使って中身が変わってきていると思いますし、終い重点も動きは良かったと思います。過去2年好走を続けている舞台ですし、臨戦過程も同じなので、今年も善戦に期待出来る1頭だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トゥラヴェスーラ

中間:中4週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、本数はやや少なく感じますが、攻め内容は良化していると思いますし、状態としては良いと思います。最終追い切りでもう一皮剥けた姿を披露してくれれば、楽しみが広がると思いますし、もうひと追いを注目してみていきたいです。その最終追い切りですが、いくらか軽めの内容にはなりましたが、動きには迫力がありましたし、1週前追い切りでしっかりやっているので、これで良いのかなと思います。力は出せると思いますし、今の馬場に対応出来れば、見せ場くらいは作れそうな1頭に感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビアイ(除外)

中間:中6週 B
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路中心で乗り込まれてはいるものの、こなしている内容は目立ちませんし、良化の余地が残されている状態にあるとみています。良い時はもう少し内容も濃いものを消化してきますから、あともうひと追いでどれだけ良くなってくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けていますし、状態は引き続き維持出来ているように感じます。何と言っても今回は48.0kgで出走出来るわけですから、斤量差を生かせればそこそこやれても良いと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブライティアレディ

中間:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路コース中心で乗り込まれていますし、この馬なりに順調な調整過程を歩めていると感じます。重賞で好走するにはもう一段階上の内容を消化してきて欲しいと思っているので、最終追い切りではその点に注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、坂路では毎回動けるタイプの馬ですから、過剰に評価はしなかった形です。良い状態は維持出来ていると思いますが、今回は重賞ですし、もうワンパンチ欲しいというのが正直なところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリディカメント

中間:中4週 B
最終:栗坂 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、坂路で乗り込まれてはいるものの、良い時と比べ攻め内容が目立ちませんし、まだ良くなる余地を残している状態にあるとみています。あともうひと追いありますので、どこまで上向いてこれるかに注目です。その最終追い切りですが、非常に軽やかな走りで、抜群の伸びを披露しました。坂路ではこれくらい動ける馬ではありますが、状態に関しては前走以上に感じますし、この出来ならいくらか楽しみは持って挑めると思っています。人気薄の中では期待している1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイネルグリット

中間:2ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、坂路で動くタイプらしく、とても良い攻め内容を消化出来ていると思います。攻めで動いても、というタイプではありますが、条件が重なれば走ってくる馬だと思いますし、今回も最終追い切りまで注目してみていきたいです。その最終追い切りですが、中間にしっかりやっている分、軽めの調整にはなりましたが、具合は相当良いとみています。坂路では動くタイプらしく、動き自体はケチの付け所がないくらいですし、走れる態勢は整っている1頭に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイショウカズヒメ(除外)

中間:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路では良く動くタイプなので、過剰に評価するのは禁物だと思いますが、こなしている内容はこの中間も悪くありません。先週時計が出やすい状況だったとはいえ、ある程度評価は出来ると思いますし、これだけやれていれば十分かなと思います。あともうひと追いで更に状態を上げてこれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、引き続き状態は維持出来ていると思いますが、それ以上に光るものは見当たりませんでした。コーナーのある競馬に戻りますし、パフォーマンスを大幅に上げてくるイメージは湧きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイショウキョウジ

中間:中4週 A
最終:栗CW 良 単走 一杯 B
中間の内容からみていきますと、坂路中心で乗り込まれており、順調に仕上がりは進んでいる印象を受けます。坂路では動ける方なので、1週前追い切りの内容はそこまで強調は出来ませんが、決して悪くないですし、このひと追いにより、更に最終追い切りで上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、相性の良くないトラックでの最終調整でしたから、そこまで評価は上がらずです。内容も案外に感じますし、まだ良くなる余地を残しているように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メジェールスー

中間:3ヶ月 B
最終:栗CW 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、追い切りでは相変わらず良い内容を消化出来ています。近2走は適性外の距離だったので度外視可能だと思いますし、1200mに戻れば再度見直しが必要な1頭だと思います。この馬にしては長めを追えていますし、更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、力みながらも良い動きを披露出来ていると思います。力む面があるので、距離短縮は間違いなくプラスに働くでしょうし、パフォーマンスを上げてくる可能性は高いと思います。ただ、そうは言っても相手は揃っていますし、スプリント路線でもワンパンチ足りない気はしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モズスーパーフレア

中間:5ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、今年は昨年よりもやや見劣る攻め内容だと思います。昨年のローテーションから言えば、今年も秋の大目標はスプリンターズステークスだと思うので、ここはステップという意図が強いと思います。能力は高いですが、いきなりフルパワーかと言われるとどうかと思いますし、最終追い切り次第の1頭だと思います。その最終追い切りですが、時計ほど良くは映りませんでしたが、この時計ですからある程度評価はします。出来としては昨年と同じくらいのイメージですが、馬場はこの馬向きという気もしますし、スプリンターズステークス狙いとはいえ、恥ずかしい競馬にはならないとみています。頭から入らないにしても、馬券には入れたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラブカンプー

中間:中3週 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、この馬なりに順調というイメージです。前走は枠も斤量面もマイナス要素でしたから、あまり気にしなくて良いと思いますし、2走前で復調しているわけですから、ここでも怖さはある1頭だと思います。最終追い切りまで注目してみていきたいです。その最終追い切りですが、動きが目立たないのはいつものことですが、併せ馬で先着を果たしているという点は1つ評価出来るポイントだと思います。CBC賞を勝った時も併せ馬で先着を果たしていましたから、併走馬が新馬だったとはいえ、先着をしたという前向きさを評価したいです。状態は変わりなくきていると思いますから、積極的な競馬でどこまで粘り込めるかだと思います。小倉1200mはバクシンオーの血を引く馬を買っていれば良いと、これだけはなぜか記憶の片隅に備わっている知識なので、ここは抑えておきたい1頭に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッドアンシェル

中間:中6週 A
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路でこの馬らしい攻め内容を消化出来ているように感じます。まだ良くなりそうな雰囲気はありますが、1週前追い切りを終えた段階ではまずまずの状態にあると思いますので、あともうひと追いでしっかり良さが見えてくれば良いと思います。その最終追い切りですが、動き自体は変わらず良いですし、引き続き状態は良いとみています。レベルの高い併せ馬でも五分に動けていましたし、この馬の力は出せると思いますから、後は初ブリンカーの効果なんかも良い方へ出れば、レースでも期待出来る1頭だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追い切りBEST4

 

1位プリディカメント

2位ジョイフル

3位マイネルグリット

3位ジョーカナチャン

 


追い切り以外の面も加味した現時点でのイチオシ穴馬はこちらから!

 

※無断転載禁止

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

タイトルとURLをコピーしました