【大阪杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ステルヴィオ 美浦 南W 良
3頭併先 53.3-38.5-12.3 G前追 A+
最終追い切りは良い動き。1週前に猛時計を出し負荷はかけられているし、最終追い切りは終い重点でも合格を出せる内容。鞍上に不安はあるも、馬自体の能力は相当高く、大阪杯はマイル適性のある馬が良く走るので、舞台適性も感じる。
前々走中間:A+
前々走最終:S
前走中間:A
前走最終:A+

ブラストワンピース 美浦 南W 良
2頭併入 49.7-35.7-12.2 強め S ↑
最終追い切りは素晴らしい動き。有馬記念と同じくらい動きは良いし、大阪杯仕様の仕上げにしてきたなという印象を受ける。2週続けて4Fを51秒以下でまとめてきたし、休み明けでも仕上がりに抜かりはない。恐らくここは目標だと思うし、阪神での重賞勝ちもある点や内回りコースもこなせている点からも評価は高い1頭。
前々走中間:A
前々走最終:A+
前走中間:A
前走最終:A

エアウィンザー 栗東 CW 良
3頭併入 85.8-69.4-53.9-38.8-11.4 G前追 A+
最終追い切りは良い動き。併せた真ん中の馬が皐月賞を2週間後に控えたサートゥルナーリアだったが、手応えでは完璧に劣勢ムード。これはサートゥルナーリアが凄すぎるだけか、エアウィンザーが良化途上なのかはわからないが、エアウィンザーの手応えはあまり良くは映らなかった。ラストは11.4と切れたように感じるが、時計ほどは動いていないようにも感じた。とはいえ、2走前は大阪杯と同舞台のチャレンジCで圧巻のパフォーマンス。初のGlで相手やペースなども2走前とは異なってくるが、この舞台には適性を感じるし、叩き2戦目で前進に期待。
前々走中間:A
前々走最終:A+
前走中間:A+
前走最終:S

エポカドーロ 栗東 CW 良
2頭併先 83.0-66.6-51.7-37.7-11.2 G前追 S ↑
最終追い切りは素晴らしい動き。この馬自身は調教動くタイプだが、個人的にはこの馬史上1番の出来に感じる。前走を叩いた上積はかなり見込めそうだし、2000m内回りという舞台設定もかなり合ってそう。1頭自らそこそこのペースを作りそうな馬がいるので、この馬の好走パターンにも当てはまる。この馬は前に馬を置いて先行する方が良いし、皐月賞の再現が出来れば好走も可。
前々走中間:B
前々走最終:A+
前走中間:A+
前走最終:S

キセキ 栗東 CW 良
単走 68.2-53.1-39.0-11.7 G前追 A+
最終追い切りは終い重点も良い動き。1週前に速い時計を出せているし、この中間は本数もこなせているので仕上がりは良さそう。追われたのは最後の数十メートルだったが、馬からのリアクションも良かった。本格化した今、自分の競馬に徹してどこまでやれるか非常に興味深い1頭。
前々走中間:S
前々走最終:S
前走中間:A
前走最終:A+

ペルシアンナイト 栗東 CW 良
2頭併先 84.0-66.9-52.6-38.9-11.5 G前追 A+
最終追い切りは終い重点は気になるも、動き自体は軽快で良い動き。中間の内容も薄いし、この最終追い切りは全体時計をしっかり出してきて欲しかったのが本音。とはいえ、昨年2着の舞台だし、M.デムーロ騎手がこの馬の能力を買っているのも高評価。叩き良化型だし、ここでパフォーマンスを上げてくる可能性は高そう。
前々走中間:B
前々走最終:A
前走中間:A+
前走最終:A+

ムイトオブリガード 栗東 CW 良
3頭併先 82.6-66.5-51.8-37.9-12.2 G前追 A
最終追い切りは決して悪くないはが、良い時と比べ若干見劣る印象を受けた。距離も長い方が良いのだろうし、中距離の一流馬相手にどこまでやれるか。
前々走中間:A+
前々走最終:A+
前走中間:A+
前走最終:A+

アルアイン 栗東 坂路 良
2頭併先 52.0-37.9-24.6-12.0 馬也 A+
最終追い切りはとても良い動き。中間の内容こそ軽かったものの、最終追い切りでしっかりとやって態勢は整った印象。中2週ということもあり、そんなに負荷かけなくても大丈夫。昨年3着の舞台で適性は感じるし、叩き2戦目でさらに前進を期待。前走よりも軽快さは増しているし、立ち回りひとつで善戦可能。
前々走中間:B
前々走最終:A
前走中間:A+
前走最終:A

サングレーザー 栗東 坂路 良
単走 58.7-42.5-27.2-12.7 馬也 A+
最終追い切りは終い重点もとても良い動き。脚の捌きも軽快だし、この馬自身休み明けの方が走るタイプ。中間の本数は少ないが、休養先の山元TCでしっかり乗り込まれて帰厩しているし、仕上がりは問題なさそう。昨年のマイラーズCも休み明けでレコード勝ちを収めたし問題ない。大阪杯はマイルで実績のある馬が好走を果たしているし、その辺りの適性も感じられる。好走する可能性はありそう。
前々走中間:A
前々走最終:A
前走中間:A
前走最終:A+

スポンサードリンク

スティッフェリオ 栗東 坂路 良
2頭併遅 51.8-38.2-25.1-12.6 G前追 B
最終追い切りはまずまずの動き。ダンビュライトと併せたが、動きは終始ダンビュライト優勢だった。この馬自体元々調教は動かないタイプだが、過去2走とは相手が違うし、ここは見劣る印象。
前々走中間:A+
前々走最終:B
前走中間:B
前走最終:A

ステイフーリッシュ 栗東 坂路 良
2頭併先 51.9-37.7-24.8-12.6 G前追 A
最終追い切りは良い動き。追われてから反応するまでに時間を要したが、加速してからはしっかり伸び続けた。仕掛けどころが難しい馬で乗り替わりは痛手だと思うが、この馬の持ち味のロングスパートが生きれば。距離はやや短い印象だし、使い詰めということで上積も他の馬よりも少ないと思うので、厳しい1戦になる事は間違いなさそう。
前々走中間:B
前々走最終:A
前走中間:B
前走最終:A+

ダンビュライト 栗東 坂路 良
2頭併先 51.8-38.1-25.0-12.6 馬也 A+
調教は動くタイプとはいえ、この中間の内容を見る限り状態は相当良さそう。最終追い切りも併せたスティッフェリオを圧倒。能力的には足りないと思うが、出来の良さと充実さで前進があれば。
前々走中間:B
前々走最終:A+
前走中間:C
前走最終:A

マカヒキ 栗東 坂路 良
単走 51.8-37.5-24.3-12.3 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。半年をかけて徐々に状態は上向いているらしく、この馬なりに良い動きを見せた最終追い切り。とはいえ、1番良かった頃(ダービー時)と比べると見劣ると弱音を吐いている点は気になる。クラシックで勝ち星を挙げた馬は古馬になってから2000m以上のGl勝ちがないのが現状。近走の走りからも善戦は可能な気はするが、勝ち負けまでとなるとどうか。
前々走中間:A
前々走最終:A
前走中間:B
前走最終:B

ワグネリアン 栗東 坂路 良
単走 54.2-39.6-25.5-12.4 馬也 A
最終追い切りはいつも通り軽めだが、その走りから仕上がりは悪くなさそう。半年以上の休み明けで、尚且つペースアップの激しいGlレースが復帰初戦というのは容易くないとは思うが、能力で補える可能性も十分考えられる。中間の内容からは、やや慎重な姿勢も感じられるが、ダービー馬の意地を見たい。
前々走中間:A+
前々走最終:A+
前走中間:A+
前走最終:A+

 

【大阪杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらから

【大阪杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらから

 

【大阪杯の注目馬はこちらをクリック】

 

 

 

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。