【大阪杯 2020】本命馬

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身の本命馬と今回の追い切り過程から妙味の感じない馬について記載しています。

良ければ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の本命馬は・・・
◎8.ダノンキングリー
前走の仕上がりを維持出来ていると思いますし、ここでも力は足りると思っています。中4週ですが、追い切りでもしっかりと負荷をかけられていますし、最終追い切りも余力十分の良い動きだったと思います。首使い、推進力、フットワークの軽さ、どれを取ってもレベルが高いですし、ここに向けて態勢は整ったと思います。関西圏で唯一敗れたマイルCSは、最内枠が仇となり、持ち前の機動力が生かし切れない展開となってしまい、この馬としては不完全燃焼だったとみています。加えて最内からは全く伸びていませんでしたから、負けは負けでも改善の余地ある負けだったかなという印象です。休み明けの前走は持ち前の機動力を生かした競馬で完勝と言える内容でしたし、他馬が前哨戦の意図が強かったとはいえ、評価に値するレースだったと思います。ペース自体も緩むことなく進み、大阪杯に近いレースで良い予行演習が出来たと思います。今回の枠の並びも逃げると思われる馬のすぐ外の枠ですから、その馬に上手いことついていけば自ずと良いポジションが取れそうですし、好位を確保出来そうです。ペースがどうなるか未知ですが、そこは持ち前の機動力の高さで良いように操ってくれると思いますし、継続騎乗も良い方へ働きそうです。本来ならC.ルメール騎手が跨る予定でしたし、陣営としてもここは獲りにきているレースだったと感じていますから、本気度としては当然高いものであると思っています。前哨戦のダノックスという印象は確かにあるのですが、この馬に関してはクラシック2冠でも好走したように安定感が武器だと思いますから、ここも大幅な上昇はなくともそれなりの走りは披露してくれると思います。相手は揃いましたが、この馬も相当な器だと思いますから、良い競馬はしてくれると思っています。

今回の追い切り過程から妙味の感じない馬は・・・(外した馬券もアリかなと)
△3.ブラストワンピース

スポンサーリンク

※無断転載禁止

スポンサードリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

スポンサーリンク

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投稿者: 優太の追い切り考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。