【天皇賞(春) 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

【天皇賞() 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらから

天皇賞()の注目馬はこちらをクリック

 

ヴォージュ 4本(栗坂4本/※プール19本) A
中間の内容は悪くない。乗り込み量も豊富だし、なんと言ってもプール調教を沢山消化出来ているのは魅力的。脚元に負担をかけずに、心肺機能を高めるトレーニングをするというのは、長丁場のレース前には持ってこいのトレーニングだと思う。万葉Sのような派手な逃げを打てれば面白いと思う。今回はロードヴァンドールという逃げ馬がいるし、仲良く逃げればアッと言わずシーンがあっても。最終追い切り次第で。

エタリオウ 6本(栗CW5本/栗坂1本) A
中間の内容は悪くない。2週前はネプチュナイトと併せて先着、1週前はポポカテペトルと併せて併入とそこそこレベルの高い併せ馬も消化出来ているし、順調に仕上がりは進んでいると思う。ただ、陣営が距離に不安を感じているのは不安点。菊花賞から200m距離が延びるだけだが、このレースは別物だし、ハミ受けが良すぎる点がどうでるか。最終追い切りではその辺りをチェックしていきたい。

カフジプリンス 4本(栗坂4本) A+
中間の内容はとても良い。調教は動くタイプとはいえ、1週前追い切りでは同レースに出走のチェスナットコートを子供扱い。長期休養明けを経て、今が1番の出来と見ている。前走長いところを使って距離慣れも見込めるだろうし、更に高いパフォーマンスを披露する可能性も。最終追い切りも楽しみ。

スポンサードリンク

クリンチャー 5本(栗CW2本/栗坂3本/※プール5本) A+
中間の内容はとても良い。1週前でも記したように、CWでラスト1F11秒台をマークしたのは今回が初めて。スタミナのあるタイプだと思うが、そこに切れ味も増しつつあるので、フランス遠征を経て、馬が更に良くなっている印象を受ける。昨年3着とこの舞台の適性もある訳ですから、最終追い切りが良ければ当然上位評価したい1頭。

グローリーヴェイズ 5本(美南W3本/美坂2本) A ◆中間自己ベスト
中間の内容はとても良い。中間は6F追いで自己ベストをマーク出来たし、それだけ状態は良いという事。前走も京都コースで内から伸びて良い勝ち方だったし、菊花賞も終始外を回されての5着ということで、ここでも引けを取らないと見ている。最終追い切り次第では馬券に組み込みたい1頭。

ケントオー 4本(栗坂4本) C
中間の内容はイマイチ。中間の内容を見ても上積はなさそうだし、使い詰めの今回は、他のここ狙いの馬に目がいってしまう。能力的にも足りないし、距離の課題もある今回は様子見か。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

 

天皇賞()の注目馬はこちらをクリック

 

チェスナットコート 4本(栗坂4本) A ◆中間自己ベスト
中間の内容は悪くない。調教は動くタイプだと思っているが、1週前は同レースに出走のカフジプリンスにやや劣勢。とはいえ、自己ベストをマークしたし、状態は前走より上向いている印象を受ける。坂井騎手が念入りに調教をつけている点は良いと思うし、最終追い切り次第で。

パフォーマプロミス 7本(栗CW3本/栗坂3本/栗ポリ1本) B
中間の内容はまずまず。この馬の良い時はもっと良い内容を消化出来ると思っているし、Glにしては少し物足りないかなという印象。血統的には長いところに適性があっても良いが、なんせまだ走った事がないのでなんとも言えない。とはいえ、京都コースはあっていると思うし、最終追い切り次第で。

スポンサードリンク

フィエールマン 5本(美南W3本/美坂2本) S ◆中間自己ベスト
中間の内容はとても良い。この中間は5F追い、6Fで2度自己ベストを更新したし、1度使われた上昇気配はかなり感じられる。併せ馬でもしっかりリアクションを取り、反応面も素晴らしい。去年の菊花賞でも良い走りを見せたし、その時とレースの質は異なるとは思うが、能力の高さでカバーできそうなメンバー構成。最終追い切り次第では当然上位評価。

プリンスオブペスカ 1本(栗ポリ1本) C
中間の内容は物足りない。中3週でこの内容は薄いし、メンバーも格段に強くなる今回は見送れる。最終追い切りでどこまで。

メイショウテッコン 4本(栗CW3本/栗坂1本/※プール7本) A
中間の内容は悪くない。前走を勝ち、完全に復調ムード。乗り手が変わってしまうのは痛手だが、前走のように楽に逃げられれば。距離的な不安は否めないが、最終追い切り次第で。

ユーキャンスマイル 9本(栗CW7本/栗坂2本) A
中間の内容は良い。レベルの高い併せ馬を豊富に行い、状態も悪くなさそう。距離的にもこなせそうだし、京都コースも適性バッチリの今回は最終追い切り次第で。

スポンサードリンク

リッジマン 6本(栗CW6本) B
中間の内容はまずまず。生粋のステイヤーだが、格が上がると能力差が露わになる。距離は持つと思うが、相手が強くなる今回は厳しいと見ている。最終追い切りでどこまで。

ロードヴァンドール 5本(栗CW1本/栗坂4本) A
中間の内容は悪くない。過去3戦では1番良い状態で臨めると思うし、前走で長丁場も走れる面を見せた今回は大穴で期待している。真っ向勝負では駄目だと思うので、ヴォージュと仲良く大逃げをすれば、前走のような見せ場くらいは作れる可能性があるのではないかと感じている。最終追い切りも楽しみ。

 

【天皇賞(春) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

【天皇賞() 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらから

天皇賞()の注目馬はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。