【天皇賞(春) 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天皇賞(春)出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エタリオウ
中間:中4週 A+
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、久々にこの馬らしい良い調整が出来ていると感じています。近走はイマイチ追い切りでも動き切れていなかったり、ポリトラックコースで追い切ったりと、らしくない攻め内容が目立っていました。そこと比較すると今回は明らかに良いですし、近走の中では1番良い仕上がりで出走出来るのではないでしょうか。出来は昨年と比較しても遜色ないと思いますし、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、時計は平凡ですが、併せ馬で先着を果たしてきました。これは友道厩舎の定番の仕上げ方ですから、坂路でこういった内容を消化出来ていれば十分ですし、ここに向けて良い仕上がりにあると感じています。昨年は負けて強しの内容ですから、今年は巻き返しに期待をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キセキ
中間:中5週 A+
最終:栗CW 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、前走をひと叩きしてスカッとした動きに変わってきたと感じます。攻め内容も良い時と比較して遜色ないですし、ここに向けて順調に仕上がりは進んでいると感じています。武豊騎手が2週に渡って追い切りに跨っているという点も好感が持てますし、最終追い切りでもう一段階ギアを上げてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、1週前追い切りと同様、ひと叩きした効果を感じる動きでしたし、ここに向けて良い仕上がりにあるとみています。良い頃と比較しても遜色ない動きですから、あとは当日ゲートを出て、良いリズムで競馬が出来れば、当然巻き返しに期待が出来る1頭だと思います。前走は出遅れに加えて、途中から動いていく競馬だったように、いくらなんでも無茶と言える内容でした。無茶な競馬をしたことによる疲労なんかも心配ですが、追い切りからはその影響は感じませんし、持っている力は出してくれるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シルヴァンシャー
中間:7ヶ月 B ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、坂路で自己ベストは出たものの、もう少し楽に動けるタイプだと思いますし、まだ本調子とはいかないと思います。約7ヶ月ぶりという事で、ひと叩きされた方が良いと思いますし、最終追い切りでどこまで上昇してくるのかに注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、併せ馬で遅れはしたものの、相手が動き過ぎなだけで、この馬自身は自己ベストに加えて持続ラップを踏めていますから、内容としては悲観するものではないと思っています。最後の最後まで意欲的に攻めてきた辺りには好感が持てますし、仕上がりとしては久々でも悪くないと思っています。あとは久々の分、最後まで息が持つかどうかが鍵になりそうですが、人気薄なら抑えてみても面白いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スティッフェリオ
中間:中4週 A
最終:栗坂 良 併せ遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、珍しくウッドチップコースの追い切りを取り入れてきた点は良いと思いますが、動きはまだ重たく映りますし、良化の余地は残されてそうな印象です。調整パターンを変えてきた事が吉と出るか凶と出るかはわかりませんが、1週前追い切りでビッシリと追われたことにより、最終追い切りで上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、状態は保てているとは思いますが、動き自体は良い頃と比べると見劣るものだったと思います。併走馬にもやや煽られていましたし、更にはその後ろで追い切っていた単走の馬にも追い抜かれていましたから、その点は気になります。いずれも他馬が動き過ぎていたとも捉えることが出来ますが、この馬自身が調子の良い時に踏むラップではないと思いますし、ここにきて大幅に上向いてきた印象はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンビュライト
中間:5ヶ月 A+
最終:栗坂 良 併せ先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、松若騎手が3週続けて追い切りに騎乗している点には好感が持てますし、2週続けてG1馬を相手にハイレベルな併せ馬も消化出来ています。坂路でしっかりやるのがこの馬のパターンですが、この中間もしっかりやれていますし、1週前追い切りでも時計の出にくい中で栗東坂路の1番時計をマークした点は高く評価したいです。ビッシリ追われた効果で、最終追い切りの動きは更に良くなってくると思いますし、注目して見ていきたいと思っています。その最終追い切りですが、最後まで楽な感じで駆け上がりましたし、久々でも良い仕上がりにあると感じています。普段から坂路では速い時計が出るタイプなのですが、最後まで溜めが効いてましたし、終始ジョッキーも手綱を持ったままだったという点も良かったです。今回はこの中間全体通しても追い切り内容を高く評価出来ますから、前目で競馬が出来れば渋とく良い脚を伸ばせそうなイメージがありますし、京都大賞典のような競馬でどこまでやれるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トーセンカンビーナ
中間:中5週 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A+
中間の内容からみていきますと、前走がかなり気合の入った仕上げだっただけに、大幅に上向いてきた印象はありませんが、引き続き好調は維持出来ていると感じます。1週前追い切りの併せ馬は併走馬に煽られ気味ではありましたが、その併走馬は攻め駆けするタイプですし、そこまで気にする必要はないかと思います。強めに追われたこのひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみですし、最終追い切りも注目です。その最終追い切りですが、終い重点ではありましたが、凄く良いフットワークだったと思います。追われてから併走馬もしっかり離しましたし、前走より出来も上向きだと思いますから、ここでも力は出してくれると思います。阪神コースよりも京都コースの方が合っていると思いますし、前走で3000mもこなしていますから、ここでも見せ場のある競馬はしてくれると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッピーグリン
中間:4ヶ月 A
最終:栗CW 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないものの、もうワンパンチ足りない気とします。追われるごとに上向いてきている印象はありますが、まだ良化の余地を残していると思いますし、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、3Fからしか時計が出ていませんし、先週の日曜日が実質的な最終追い切りということだと思います。その日曜日もこなしている内容は悪くないですが、4ヶ月と間隔が空いているにもかかわらず、最後は攻め控えられたという点は気になります。最終追い切りを見習い騎手に任している点からも、ここへの気合はそこまで感じませんし、現状でどこまでやれるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィエールマン
中間:4ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、乗り込み量は豊富ですし、水準以上の内容はしっかり消化出来ています。昨年と臨戦過程は異なるものの、その分調整で補えていると思いますし、休み明けでも問題なく仕上がりそうです。1週前追い切りでは脚を溜めて併せたかったみたいですが、直線を向く前に抜け出してしまったという事で、思い通りの追い切りにならなかった点がどうかと思いますが、動き自体は凄く良く、このひと追いで最終追い切りも更に良くなってくると思います。その最終追い切りですが、1週前追い切りとは打って変わって、併走馬を抜かさずに脚を溜めて直線に向けたのは良かったと思います。とはいえ、追ってからの反応は期待していたものよりやや劣ったので、評価は抑えめにしました。決して悪い動きではないのですが、スッと反応出来なかった点は少し気掛かりです。騎手の移動制限により、この中間にルメール騎手が追い切りに跨がれていないという点がどう影響するのか分かりませんが、近走で言えばサトノフラッグやスカイグルーヴという有力馬が馬券外になっているように、当日までコンタクトを取らないというのは少なからず影響しているのかなと思っていますので、今回もその点は気にしたいと思っています。良い時と比較しても大幅に上向いた印象はありませんので、現状でどこまで走れるのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッキースワロー
中間:中4週 A
最終:美南W 稍重 単走 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、動き自体は悪くないものの、1週前追い切りの動きを見るに、まだ良化の余地が残されているような気がしています。追われてからの反応は良かったのですが、そこからもう一段階ギアが上がってくる様子がなかったので、良い時と比べると終いに物足りなさは感じました。その点が最終追い切りでどう変わってくるのか注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、前走から大幅に上向いてきた印象はありませんが、引き続き好調は維持していると思いますし、活気溢れる良い動きだったと思います。良い時と比べても遜色ないですし、この馬の力は出せると思いますので、あとは距離さえこなせれば見せ場は作れると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミライヘノツバサ
中間:2ヶ月半 A
最終:美南W 稍重 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、追い切りの動きは変わらず良く、前走時の状態もキープ出来ていると思います。1週前追い切りでもビッシリと追われて良い伸びでしたし、このひと追いで更に良くなってくると思いますから、最終追い切りも楽しみです。その最終追い切りですが、動きは凄く良いですし、前走から引き続き状態は維持していると思います。追われてから低姿勢で脚を伸ばす様には目を惹きますし、前走で長い距離もこなしましたから、ここでも見せ場は作れるのではないかと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイショウテンゲン
中間:中5週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、長めを意欲的に追われており、動きも凄みが出てきたように感じます。以前まではジリ脚でしたが、1週前追い切りでは切れのある走りを披露しましたし、ここにきての成長も窺えます。ここに向けてかなり良い仕上がりにあると思いますので、最終追い切りはもう一段階ギアが上がってくるのかどうかに注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、動く併走馬にやや煽られ気味でしたが、動き自体は悪くなかったですし、仕上がりは良好だと思います。直線で蹄鉄が外れたように見えましたが、そんな中でもしっかり走れていましたし、長く良い脚を伸ばしました。京都コースは合ってそうですし、長丁場にシフトしてパフォーマンスを上げ続けていますから、G1になっても楽しみは持って挑めると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メロディーレーン
中間:中5週 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、攻めで動かないなりにしっかりとやれていますし、この馬としては水準の出来にあると感じています。追い切りで動かなくともレースではしっかり走ってきますし、タフな馬ですから、あまり攻めの内容は気にしなくて良いと思っています。あともうひと追いありますから、1週前追い切り以上の動きに期待したいです。その最終追い切りですが、目立つ動きではないですが、これは毎度のことですから、あまり気にしなくて良いと思っています。併せ馬でも一応先着を果たしたように、この馬としてはしっかり動けていますし、善戦している時と比較しても遜色はありませんから、ここでも力は出せると思っています。長丁場では良いところを見せてくれる馬ですから、今回も自分の競馬に徹してどこまでやれるかだと思います。人気薄だと思いますから、馬券の3列目などに抑える価値はあると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モズベッロ
中間:中4週 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、時計的には平凡なものの、終い重点の内容で動きは悪くないですし、ここに向けて出来は維持している印象を受けます。1週前追い切りでは前走の追い切りでは劣勢だった併走馬にもしっかり先着を果たしてきましたし、日曜日にも坂路で追えていますから、それだけ状態が良いという事だと思います。あともうひと追いありますから、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路ではまずまず動けるタイプなだけに、減速ラップを踏んできた点はやや気になる点です。併せ馬に先着したとはいえ、良い時は踏むラップも良いですから、そこと比較するとやや物足りなく感じてしまいますし、フラフラとして真っ直ぐ走れなかった点もレースに行ってマイナスに働く可能性があると感じました。引き続き状態は良いのでしょうが、大幅に上向いてきた印象はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユーキャンスマイル
中間:中5週 A ◆中間自己ベスト(栗CW7F)
最終:栗坂 良 併せ同入 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、乗り込み量は豊富ですし、動きも悪くはないのですが、前走もかなり仕上がっていたと思いますので、大幅に上向いてきた印象はありません。1週前追い切りでも格下の併走馬に劣勢気味でしたし、時計は出ているが動きがまだ何とも言えない感じです。このひと追いで変わってくれば良いのですが、前走時と比較してどうなのかというところを最終追い切りで見極めていきたいと思います。その最終追い切りですが、時計的には平凡なものの、動きには活気がありましたし、追えばしっかりそれに応えてくれそうな雰囲気があります。1週前追い切りでしっかりやったことにより、最終追い切りで軽快さが増してきましたし、終いまで減速せずに登坂出来たという点も評価したいです。前走時も出来は良かったと思いますが、今回も引き続き状態は良いと思いますので、G1獲りへ態勢は整ったと思っています。

 

 

 

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

中間追い切りBEST4
1位ダンビュライト
2位キセキ
3位メイショウテンゲン
3位エタリオウ


最終追い切りBEST4
1位ユーキャンスマイル
2位トーセンカンビーナ
3位ミライヘノツバサ
3位ミッキースワロー

総合追い切りBEST4
1位ダンビュライト
2位ユーキャンスマイル
3位トーセンカンビーナ
3位キセキ

  

赤棒が軸候補です!
混戦模様かなと個人的には思っております!
今日な馬場ならユーキャンスマイルかトーセンカンビーナが良さそうに感じます!
買ボーダーライン突破馬はまた後ほど公開させて頂きます!
天候が悪くなるということを週中から予想されていましたので、普段ならnoteの方で返信を行うのですが、今週も皐月賞に続きこのような形を取らせて頂きます。
改めまして、天皇賞(春)の記事御購読頂き誠に有難う御座います。
こちらは特典の買ボーダーライン突破馬になります。
是非参考にしてみて下さい。
※日曜日の天気・馬場を見て、多少変更ある場合もあるかもしれません。
その際はツイートにてお知らせ致します。
2.エタリオウ
3.トーセンカンビーナ
4.ダンビュライト(雨降れば)
7.ユーキャンスマイル
8.キセキ
14.フィエールマン

※無断転載禁止

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました