優太の追い切り考察会場をフォローする
ライター/追い切り評論家

追い切りに興味のある方はよろしくお願いします。

優太の追い切り考察会場をフォローする

【天皇賞(春) 2021】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2021]】
ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂ければ、あなたの元へブログの更新をメールでお届け致します。

43,636人の購読者に加わりましょう

ブログ統計情報
  • 10,115,683 ブログ累計アクセス数

 

天皇賞(春)2021出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アリストテレス

最終前:中5週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で良く乗れていると思いますが、動き自体は前走時の方が良かった印象です。ただ、稽古で地味でもレースでは問題なく走ったりもするので、この馬に関してはあまり気にし過ぎなくても良いのかなとは思っています。あともうひと追いありますので、グンと状態を上げてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、長めを最後まで意欲的に追われていますし、速い時計も出ていますので、状態は良いと思います。この馬なりに順調に来れたと思いますし、力は出せると思いますので、あとは当日の馬場であったり、この馬自身が落ち着いて走れれば見直せる馬だと思います。




ウインマリリン

最終前:中4週 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていると思います。ただ、1週前追い切りの反応は併走馬に劣勢でしたので、まだ良くなる余地は残されているイメージですし、終いまでしっかり追われた効果があともうひと追いで見られればと思います。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はありませんが、活気ある動きで引き続き良い状態は保てていると思います。日経賞ですら少し長いかもと陣営はコメントをしていましたので、今回の距離はやや適性外という気もしますが、枠や立ち回り次第ではこなせても良いのかなとは思いますし、ここでどういった競馬が出来るのか注目です。

オセアグレイト

最終前:中4週 A
最終:美南W 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていると思います。ただ、個人的には前走もかなり仕上がっていたと思っていますので、過剰に評価しませんでした。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はありませんが、攻め動くタイプらしく動きは良いですので、状態は引き続き良いと思います。今回更に距離が延びるという点は好材料でしょうし、よりスタミナが求められるような馬場、流れになってくれば面白いと思います。

オーソリティ

最終前:2ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(美南W7F)
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、2週続けて長めを追われ、長距離仕様の仕上げを施されていると思います。攻めは動くタイプとはいえ、1週前追い切りの動きも良く映りましたし、あともうひと追いで更に上昇してくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、折り合いを欠くシーンはありましたが、最後まで意欲的に長めを追ってきている点には好感が持てますし、肝心の動きも悪くないです。良い時と比較してもほぼほぼ遜色ないですし、力は出せると思いますから、楽しみは持って挑める1頭だと思います。

カレンブーケドール

最終前:中4週 B
最終:美坂 良 併せ同入 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路主体で乗れてはいますが、こなしている内容は平凡です。加えて、今回初の3000m超えのレースを使うわけですから、長めを全く追えていないという点は1つ気になります。昨年も日頃は上メインで乗っていたスティッフェリオが珍しく下の長めを追って大穴をあけたように、中間にスタミナ強化をするということがかなり大事なレースだと思っていますので、その点でカレンブーケドールは強調材料に欠けるイメージです。あともうひと追いありますので、どれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、最後まで坂路追いということで、動きは悪くないのですが、長いところを使うにあたって決して良い調整過程ではないと思っています。この馬自身トラックを併用していた時期も過去にはあったわけですから、上でしかやれないということはそれなりの理由があるのでしょうし、イマイチ強調材料には欠ける全体の内容となっています。




ゴースト

最終前:中5週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 不良 単走 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、いつも通り長めを意欲的に追われていますし、1週前追い切りでは自己ベストも塗り替えてきました。この点からも前走のレース中に発症した心房細動の影響はないと言って良いと思いますし、ここに向けて順調に調整出来ているということが何よりです。とにかく1週前追い切りは好時計ですし、長いところはあっている印象ですので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、先週しっかりやっているので終い重点という形になりましたが、動きは凄く良く映りました。活気溢れていますし、それでいてコントロールは効いていますから、見直してみても良い馬だと思っています。

ジャコマル

最終前:中4週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 単走 一杯 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で意欲的に追われていますし、1週前追い切りでは自己ベストも塗り替えてきました。この点からも具合は良いと思いますし、態勢は整いつつあるとみていますが、まだ良くなって欲しいというのが正直なところですので、あともうひと追いによる良化度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、動きはこの馬なりに良いのですが、特に大きく変わってきた様子はなく、引き続き状態維持に努めているというイメージです。とはいえ、今回この馬がハナを主張しそうなので、展開の鍵を握る1頭として注目したいです。

シロニイ

最終前:中5週 B
最終:栗坂 良 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路主体で乗れてはいますが、内容は目立ちません。まだ良くなってきて良い馬だと思いますので、あともうひと追いでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、特に変わってきた様子はなく、強調材料にも欠ける内容となりました。動く時はもっと動けるというイメージもありますので、現状でどれだけ走れるのか注目したいです。

ディアスティマ

最終前:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、いつも通り坂路メインで乗れていますが、こなしている内容にはまだ良化の余地が残されているような気がします。あともうひと追いありますので、どれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、我慢の利いた走りでしたし、この馬の動きとしては悪くないのですが、良い時はもう少し動けるイメージもありますし、やや物足りなさは残る最終調整となりました。このひと追いで更に上向いてくるという可能性もありますが、攻め過程だけで言えばまだ良化の余地は残されている印象ですし、その中で今回どういった競馬を披露してくれるのか注目したいです。




ディバインフォース

最終前:中1週 F
最終:栗CW 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻め動くタイプとはいえ動きはなかなかに良いですし、前走以上の気配を感じています。菊花賞4着という実績もあるように、長いところは向いていると思いますから、展開が向けば一発あっても不思議ない1頭に感じます。良い時と比較しても遜色ないですし、穴馬としては面白い存在になりそうです。

ディープボンド

最終前:中5週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用でよく乗れていますし、前走時同様良い調整過程を歩めていると思います。1週前追い切りでは自己ベストも塗り替えてきましたし、引き続き良い状態にあるとみていますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、先週までにしっかりやっていますし、1度前哨戦を使っていますから、やり過ぎずやらなさ過ぎずという理想的な最終調整になっていたと思っています。基本的にはスタミナ型というイメージで、動きは決して良く見せる方ではないのですが、その中でもこの馬なりの軽快さを披露してくれましたし、良い状態に持っていけたのではないでしょうか。




ナムラドノヴァン

最終前:中5週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 良 併せ同入 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で良く乗れていますし、引き続き良い状態にあるとみています。1週前追い切りもわざわざ内田騎手が跨りに来ていますし、時計面、動き共に上々でしたので、このひと追いで更にギアを上げてこれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、動きは変わらず良いですし、先週しっかりやっているのでこんなもんで十分だと思います。我慢出来ながらも行きっぷりは抜群という印象で、かなり良い出来に持ってこれたと思っています。近3走の成績からも、長いところは合っていると思いますし、引き続き出来の良さそうな今回は、G1でも色気を持って挑める1頭だと思います。

マカヒキ

最終前:5ヶ月 A
最終:栗CW 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく良い内容を積めていると思います。ただ、攻めは毎度動く馬ですので、過剰に評価はしません。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、大きく変わってきた様子はないものの、出来は悪くないとみています。とはいえ、毎回攻めは良いので、過剰に評価はしませんが、初の長丁場で新味が出る可能性はあっても良いと思っています。




メイショウテンゲン

最終前:中5週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、良い頃と比較するとまだ物足りなく感じますが、復調の気配は感じます。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、久々に良い動きを見せてくれたと言いますか、個人的には凄く復調してきたなと感じる動きに映りました。動きは良いですし、穴をあけるならこのような舞台かなとは思いますので、ここは掬い時にあるとみています。

メロディーレーン

最終前:中2週 F
最終:栗坂 良 併せ同入 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻めは元々地味ですからこんなもんで良いと思いますが、ここに向けてグンと変わってきた様子はありません。長いところは合うとはいえ、近走はさっぱりですし、強気にはなりづらい馬ではあると思います。

ユーキャンスマイル

最終前:中5週 A
最終:栗CW 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、そう大きく変わってきた様子はありませんが、併用でしっかり本数を乗れていますし、状態はキープ出来ている印象です。1週前追い切りもしっかり追われて動きも悪くなかったですから、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、先週までにしっかりやっている分、この内容でも全然問題ないとは思いますが、大きく変わってきた様子はありません。長いところは合うと思いますし、昨年もこのレースで外伸びを1頭だけ内を付いて差し込み惜しい4着でしたから、距離適性で買うべき1頭ではあると思っていますが、状態は昨年の方がいくらか良かったような気もしていますので、その点で今年はどうでしょうか。

ワールドプレミア

最終前:中4週 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW7F)
最終:栗CW 良 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で良く乗れていますし、良い頃と比較しても遜色ない感じで来ていると思います。1週前追い切りの動きも良く映りましたし、1度使われた効果も少なからずあるのではないでしょうか。あともうひと追いありますので、更に良化を感じられるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、先週までしっかりやっていますので、この内容でも問題ないと思います。動きも悪くないですし、先週のひと追いで仕上がった感もありますので、ここに向けて力は出せる出来にあるのではないでしょうか。




各追い切りピック4

【最終追い切り前】※五十音順

☑︎ゴースト

☑︎ディープボンド

☑︎ナムラドノヴァン

☑︎ワールドプレミア

【最終追い切り】※五十音順

☑︎アリストテレス

☑︎ゴースト

☑︎ナムラドノヴァン

☑︎メイショウテンゲン

【最終追い切り後】※五十音順

☑︎ゴースト

☑︎ディープボンド

☑︎ナムラドノヴァン

☑︎メイショウテンゲン




調子指数

 

※無断転載、盗作禁止

タイトルとURLをコピーしました