【安田記念 2019/本命馬】

スポンサードリンク

【安田記念 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

【安田記念 2019/調教考察[中間追い切り]】はこちらをクリック

【安田記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【安田記念 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

安田記念の対抗◯・穴馬★はこちらをクリック(随時更新)

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

◎14.アーモンドアイ 3着
最強馬決定戦に相応しいメンバーが揃ったが、その中でも抜けた存在に感じるこの馬を本命に。凱旋門賞へのプランが無くなり、一先ず春の最終戦はここへ。宝塚記念にも使う予定はないらしく、安田記念に目一仕上げで来ることは間違いなさそう。距離適性や今の馬場が懸念点として挙がっているが、あまり気にする必要もないと感じる。ジャパンCでは高速決着に対応し、桜花賞では前有利の展開を大外から捩じ伏せたのだから。この枠もダノンプレミアムがどう行くのか伺いながら運べると思うし、スタートを決めて、上手くいけばダノンプレミアムをマークする事だって可能な枠。万が一スタートで出遅れても桜花賞の時の様に後方待機すれば良いことなので、焦ることはないと思うし、どっちに転んでも良い方へ出そうな並びになったと感じる。調教でも3週続けて6Fからビッシリと時計を出してきたし、ここへ向け抜かりない調整に感じる。2週前が実質的な最初の追い切りだったらしいが、ドバイ帰り最初の走りとは思えないほど軽快なフットワークを披露。1週前追い切りも高いレベルで良い走りを披露し、最終追い切りも特に言うことはなく、いつも通りのこの馬の走りを見せてくれた。最後の最後までキッチリと乗り込めた点は評価したいし、仕上がりに関しては文句なし。ドバイ遠征へ行く直前の国内最終追い切りが良すぎて、今回の最終追い切り考察ではS↓を付けさせてもらったのだが、この下降マークは決して悪い意味ではなく、当時と比べると見劣るが、引き続きかなり高い水準を維持しているという意味も込められてます。これだけ相手が揃ったのにもかかわらず、アーモンドアイ陣営は自信に満ち溢れているように感じるし、ここへ向けてこれだけ良い調整が出来ているからこその自信とも感じ取れる。調教通りの走りを見せてくれれば、ここも右に出るものはいないと感じる。

スポンサードリンク

 

 

【安田記念 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

【安田記念 2019/調教考察[中間追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

【安田記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【安田記念 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

安田記念の対抗◯・穴馬★はこちらをクリック(随時更新)

 

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

スポンサードリンク

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。