【安田記念 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【安田記念 2019/調教考察[中間追い切り]】はこちらをクリック

【安田記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【安田記念 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

安田記念の対抗◯・穴馬★はこちらをクリック(随時更新)

 

 

 

 

アエロリット 美南W 重 調教師
単走 55.4-40.6-13.0 馬也 B
中間:B
最終追い切りはまずまずの内容。ヴィクトリアマイルから安田記念というのは昨年と同ローテのため、調整過程を比較して見ると、明らかに去年の方が上向いた状態で安田記念へ駒を進めてきた印象を受ける。今年はどうかと言うと、馬体を絞りたいのに強い調教を課せないため、あまり馬にも負荷がかかっていない気がしている。ヴィクトリアマイルのレコードペースを作った疲労が抜け切れていない可能性もあるし、調整過程からは少なからず感じ取れる部分がある。調教というファクターを通して見ると、昨年と比較した時に見劣ってしまうのが正直な意見。

スポンサードリンク

 

 

 

アーモンドアイ 美南W 重 C.ルメール
3頭併先 82.3-66.3-51.3-37.6-12.3 強め S
中間:S
最終追い切りはとても良い動き。高いレベルで安定して良い走りを見せてくれるし、それは今回も同様。ただ、この馬にしてはエンジンがかかり切るまでに少し時間を要したと思うし、併走馬との差は手応えほどは広がらず。これはアーモンドアイに対しての評価であって、他の馬がこの動きをすればパーフェクトに近い動き。高いレベルを求めなければ動きとしても十分合格点だし、安田記念に向けて仕上がりは良いと感じている。中間の内容もかなり濃いし、最後まで抜かりなく調整出来ている点は高評価。

 

 

 

サクラアンプルール 美南W 重 横山典
2頭併入 86.7-70.3-54.9-40.3-12.9 強め B
中間:B
最終追い切りはまずまずの動き。いつもより全体の時計は遅いが、終いの伸びはいつも通り良い感じ。横山典騎手が騎乗する事は早くから決まっていたらしく、その辺りには好感が持てる。調教の内容を見るに、終いに賭ける競馬をやってくるイメージ。適性外のハイレベルなGlでどこまでやれるか。

 

 

 

ステルヴィオ 美南W 重 D.レーン
3頭併先 53.9-38.8-12.1 強め A
中間:A
最終追い切りはまずまずの反応。中間の内容もやや軽い印象があったので、最終追い切りはもう少し全体の時計を詰めてきて欲しかったのが本音。全体時計が遅かった割に終いの伸びも案外だったし、良い時のステルヴィオの動きと比べると見劣ってしまう。

スポンサードリンク

 

 

 

ロードクエスト 美南W 重 石川
3頭併遅 55.9-41.1-13.7 馬也 B
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。馬也で余力があったとはいえ、格下馬相手に中々抜かせなかったのは気掛かり。中間もそこまで濃い内容を消化していない割に、最終追い切りがこの軽さだし、負荷不足の可能性も。状態は維持していると思うし、2週続けて石川騎手が跨っている点は好感。

 

 

 

エントシャイデン 栗CW 重 助手 ◆自己ベスト
2頭併先 97.2-81.4-66.8-52.2-38.3-12.0 強め B
中間:B
最終追い切りはまずまずの動き。自己ベストは更新したが、7Fから時計を出したのは2回目ということで、過度な評価は与えない。動き自体は悪くないのだが、併走馬のウラノメトリア(三未勝利)相手に手応えは互角。上級古馬に手応えが互角だったり、遅れるのは仕方ないとしても、Glを前に未勝利馬と互角の手応えというのはやや心配なところ。

 

 

 

ダノンプレミアム 栗CW 重 助手
単走 73.5-56.6-40.5-11.7 強め A+
中間:S
最終追い切りは終いの反応を確認する程度の動き。2週前追い、1週前追い以外にも負荷のかかった調整をしていたので、最終追い切りはこんなもんで十分か。全体の時計が遅くても馬は我慢が効いていたし、終いも軽く促されるとしっかりと反応。ここに向けて態勢は整ったと思うが、唯一の不安は最終追い切りを緩めた点。ここまで緩い内容だったのは今回が初だし、最終追い切り前をキッチリやって、最終追い切りを緩めるというのが吉と出るか凶と出るか。この調整パターンは中内田厩舎のトレンドとなりつつあるが、ミッキーチャームとダノンファンタジーで失敗済み。馬質が異なるとはいえ、この点はこの馬唯一の不安点。

 

 

 

ペルシアンナイト 栗CW 重 M.デムーロ
2頭併先 83.6-66.5-52.5-38.4-12.0 強め A
中間:A
最終追い切りは悪くない動き。併走馬のスヴァルナ(古馬2勝)を1.3秒追走し、最後は捕らえ切ったのは評価。中間の内容も良く、状態は良い状態をキープ出来ていると思うし、マイルに戻ってパフォーマンスを上げられれば。

 

 

 

インディチャンプ 栗坂 重 助手
2頭併先 51.6-37.1-24.2-12.4 強め A+
中間:S
最終追い切りはとても良い動き。併走馬のブラックスピネル(古オープン)の動きも決して悪い訳ではないのにもかかわらず、ラスト150m辺りから追われると楽に先着を果たした。馬場の悪い中でも脚色には余裕が見受けられたし、最後までしっかりと伸び切った。この馬も中間で濃い内容を消化していたが、最終までみっちり調整出来たのは好印象。マイラーという言葉があるように、得意のマイルが舞台なら一泡吹かす可能性も。

スポンサードリンク

 

 

 

グァンチャーレ 栗坂 重 亀田
単走 51.5-37.4-24.2-11.8 強め A+
中間:A+
最終追い切りはとても良い動き。終いは促されると抜群の反応だったし、かなり良い状態をキープ出来ている印象を受ける。ラスト2Fも手応え抜群のまま12.4-11.8という加速ラップを踏んだし、坂も苦にせず加速出来るのは強み。中間も栗CWで濃い内容を消化出来ているし、態勢は整っていると見ている。

 

 

 

ケイアイノーテック 栗坂 重 幸
2頭併先 51.9-37.5-24.2-12.0 強め A+
中間:A
最終追い切りは悪くない動き。併せた馬の名前はわからないが、併走馬にしっかり先着を果たした点は評価。栗坂で51秒台をマークしたのも2歳以来ということで、状態は前走よりも上向いているイメージがある。近走は不振も東京のマイルなら。

スポンサードリンク

 

 

 

サングレーザー 栗坂 重 岩田康
2頭併遅 57.3-42.4-25.7-12.2 強め B
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。追われてから併走馬を捕らえるかなと思ったら、促されても馬の反応はいまひとつ。終い重点の内容にしては、少し歯切れの悪い内容となった印象。レース前週の日曜日に濃い内容を消化するのがこの馬の調整パターンで、先週の日曜日に栗坂で濃い内容をこなしているとはいえ、最終追い切りがこの動きだとやや不安というのが正直なところ。

 

 

 

スマートオーディン 栗坂 重 池添
2頭併先 52.9-38.0-24.4-12.1 馬也 A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。使い詰めということで、この中間は終いに重点を置いて調整し、最終追い切りも同様。併せている馬が異なるので一概には言えないが、反応面は近走よりもパンチがなかった印象を受けた。動きは悪くはないので、調子は良い意味で平行線を保っている。

 

 

 

フィアーノロマーノ 栗坂 重 北村友
単走 54.2-38.9-24.8-11.7 馬也 A+
中間:S
最終追い切りは終い重点でもかなり良い動きに映る。中間で非常に濃い内容を消化しているので、最終追い切りはこれで十分。馬の脚取りに力強さがあるし、坂でも止まらないで加速するのはこの馬の強み。3週続けて北村友一騎手が跨っており、気合いや期待感も伝わってくる。3週続けて跨るのはあまり見かけないし、かなりの好印象。

 

 

 

モズアスコット 栗坂 重 坂井 ◆自己ベスト
2頭併先 49.6-36.4-23.7-11.7 強め S↑
中間:A+
最終追い切りはメンバー1素晴らしい。49.6秒という全体時計を出しながら終いの2Fは12.0-11.7と加速ラップ。脚色、手応え共に余裕が見受けられたし、それでいて自己ベストも更新してしまうのだから大したもの。坂井騎手が3週続けて跨っているのも好感が持てるし、前走からの上昇幅はかなりあると思っている。元々叩いて変わるタイプだし、ここを目標に仕上がりは万全と見ている。中間の内容も濃い内容を消化しているし、この出来なら昨年の覇者として強敵相手に十分戦えそう。

 

 

 

ロジクライ 栗坂 重 武豊
単走 50.2-36.9-24.5-12.3 強め A
中間:A
最終追い切りは悪くない動き。やれば時計はいくらでも出るし、過度に評価は与えない。時計や動きは安定して良いが、調教は動くのがこの馬の特徴。最近はズルい面が目立ってきているらしく、前走の中間も珍しく併せ馬で遅れをとった。時計は出ているが、良い時と比べると動きに物足りなさを感じるのが本音。

 

 

 

 

【安田記念 2019/調教考察[中間追い切り]】はこちらをクリック

【安田記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【安田記念 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

安田記念の対抗◯・穴馬★はこちらをクリック(随時更新)

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。