優太の追い切り考察会場をフォローする
ライター/追い切り評論家

追い切りに興味のある方はよろしくお願いします。

優太の追い切り考察会場をフォローする

【小倉大賞典 2021】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2021]】
ブログ更新をメールでお知らせ

メールアドレスを記入して頂ければ、あなたの元へブログの更新をメールでお届け致します。

44,102人の購読者に加わりましょう

ブログ統計情報
  • 10,247,718 ブログ累計アクセス数

現在ブログ運営に勤しむために休止中ですが、いつかは再開したいと考えていますので、良ければチャンネル登録の方お願い致します。

▶︎チャンネル登録はこちらから

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

小倉大賞典2021出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アドマイヤジャスタ

最終前:3ヶ月 B
最終:栗坂 重 併せ先着 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻めはかなり動ける方ですから、それを考慮するといくらか物足りない印象です。もっと動いてきても良いと思いますので、あともうひと追いでどれだけ良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに動けていると思います。まだ良くなりそうな雰囲気はありますが、現状でも力は出せると思います。

アールスター

最終前:中6週 A
最終:栗坂 重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、この馬なりに動けてはいますが、まだ良くなる余地は残していると思いますので、あともうひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けてはいるものの、大きく変わってきた様子はありません。舞台設定は良いと思いますので、その中でどれだけ走れるのか注目です。




ヴァンケドミンゴ

最終前:中6週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗CW 重 併せ先着 強め A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、CWコースで自己ベストを塗り替えているように、具合は良いと思います。併用で良い内容をこなせていますし、順調に仕上がりは進んでいると思いますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、意欲的に長めを追われまして、最後まで推進力と劣ることはなく良い動きだったと思います。小回り、平坦という条件はこの馬に向くと思いますし、当日顕著に外差し有利の馬場になればなお良いと思います。

ヴァンランディ

最終前:2ヶ月 A ◆中間自己ベスト(美坂)
最終:小倉芝 稍重 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路メインではありますが、順調に本数は乗れています。ただ、肝心の動きはまだ良くなりそうですので、あともうひと追いでどれだけ良化してくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、小倉競馬場の芝コースで軽い内容を消化しています。全体の調整過程を眺めてみても軽く映るので、この点は1つ気になっています。

カデナ

最終前:中6週 A
最終:栗坂 重 単走 強め B
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路主体でいつも通りしっかり調整されています。出来は引き続き良いと思いますし、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路でこの馬なりに動いてはいると思いますが、良い時と比べるといくらか物足りません。昨年の方が仕上がりは良かったと思っていますので、この点がどうでしょうか。




ショウナンバルディ

最終前:中6週 B
最終:栗坂 重 単走 馬也 A+
最終追い切り前の内容からみていきますと、本数は乗れているものの、内容は目立ちません。まだ良くなる余地はあると思いますので、最終追い切りでどれだけ上向いてくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、攻め内容は一気に良化しています。過去1番の仕上がりといっても過言ではないと思いますので、今回の走りには期待したいと思っています。本命候補の1頭です。

ディアンドル

最終前:中4週 C
最終:栗坂 重 単走 馬也 B
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路でこの馬なりに動いてはいますが、もっと動ける馬だと思っていますし、走法からは短いところの方が向いているように思えます。あともうひと追いありますので、どれだけ上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、坂路では動くタイプなのですが、今回の内容は案外に感じます。大きな上積みは感じませんし、この舞台でどこまで走れるでしょうか。

テリトーリアル

最終前:中6週 A
最終:栗CW 重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で乗り込まれ、負荷としても十分だと思います。2週に渡りしっかりと追われていますので、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、長めを追われ、先週からの良化も感じ取れましたし、良い内容を消化出来たと思います。この舞台も合っていると思いますし、チャンスはある1頭だと思います。

デンコウアンジュ

最終前:中4週 B
最終:栗CW 重 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプだと思っていますので、それを考慮すると案外な内容が並んでいる印象です。まだ良くなりそうですから、あともうひと追いによる上昇度合いには注目したいです。その最終追い切りですが、自己ベストに迫る好時計はマークしてきたものの、攻めは動くタイプですので過剰に評価はしません。年齢的にも上積みはないでしょうし、あまり変わってきた様子はないですので、流れ次第でどれだけ走れるのか注目です。

ドゥオーモ

最終前:3ヶ月 C
最終:栗坂 重 単走 強め A ◆自己ベストタイ
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻めはそこそこ動けますので、それを考慮すると物足りません。あともうひと追いありますので、どれだけ上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、自己ベストに並ぶ時計はマークしてきたものの、そこまで変わってきた様子はありません。まだ良くなる余地はあると思いますので、現状でどれだけ走ってくるのか注目です。




トーラスジェミニ

最終前:2ヶ月 A+
最終:美坂 良 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路主体ではありますが、こなしている内容は凄く良いです。個人的にはこれまでで1番と言えるくらいの仕上がりだと思いますし、あともうひと追いにも要注目したい存在です。その最終追い切りですが、終い重点の内容ではあったものの、動きは良く映りました。全体通して眺めてみても好仕上がりにあると思いますので、展開次第では楽しみがあって良い1頭だと思います。本命候補の1頭です。

バイオスパーク

最終前:中6週 A
最終:栗CW 重 併せ先着 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないです。ただ、1週前追い切りは終いがいくらかもたついているようにも感じますので、良化の余地はあると思います。攻めは地味でも走ってくる見極めが難しい馬ですので、最終追い切りまでしっかりチェックしていきたいです。その最終追い切りですが、あまり良い内容とは言えませんが、攻めで地味でも走ってくる馬ですので、ある程度評価はします。舞台設定も良さそうですし、立ち回り次第では善戦可能に感じます。




フェアリーポルカ

最終前:2ヶ月 A
最終:栗坂 重 併せ先着 強め A+ ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で乗り込まれ、かなり意欲的に追われています。3週続けてビッシリ追われていますので、あともうひと追いで更なる良化を感じられればと思います。その最終追い切りですが、大幅上昇という感じで自己ベストも塗り替えていますし、踏んでいるラップも素晴らしいです。良い時と比較しても遜色ありませんし、力は出し切ってくれるとみています。本命候補の1頭です。

ベステンダンク

最終前:3ヶ月 A
最終:栗坂 重 単走 馬也 A
最終追い切り前の内容からみていきますと、坂路主体で乗り込まれ、こなしている内容も悪くありません。具合は良いと思いますし、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、こなしている内容は悪くないものの、まだ良くなる余地はありそうなイメージです。力は出せると思いますが、大きく変わってきた感じはしませんので、その中でどれだけ走れるでしょうか。

ボッケリーニ

最終前:2ヶ月半 A+
最終:栗CW 重 単走 強め A
最終追い切り前の内容からみていきますと、併用で乗り込まれ良く動けていますし、引き続き具合は良いと思います。現状では高いレベルにあるという印象で、大幅に上向いてきた感じはしませんが、あともうひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、短めの距離をサッと流す程度の内容でしたが、動きは悪くありません。大きく上向いてきた様子はありませんが、引き続き良い出来をキープしていると思いますので、善戦は可能だと思います。

ロードクエスト

最終前:中6週 A
最終:栗坂 重 単走 強め A ◆自己ベスト
最終追い切り前の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく、動きは良いです。ただ、攻めの良さとレース結果が直結しやすい馬ではありませんので、その点気を付けながら最終追い切りまでチェックしていきたいです。その最終追い切りですが、自己ベストを塗り替えたように、具合は良いと思います。ただ、栗東坂路でのサンプルは少ないというのと、攻めは動く馬ですので、過剰に評価はしません。この舞台設定は良いと思いますので、出来の良さを生かしてどこまでやれるでしょうか。




追い切りBEST4

【最終追い切り前】

1位トーラスジェミニ 

2位ボッケリーニ

3位ヴァンケドミンゴ

3位カデナ

【最終追い切り】

1位フェアリーポルカ

2位ショウナンバルディ

3位ヴァンケドミンゴ

3位テリトーリアル

【最終追い切り後】

1位フェアリーポルカ

2位ヴァンケドミンゴ

3位ショウナンバルディ

3位トーラスジェミニ




調子指数

 

※無断転載禁止

タイトルとURLをコピーしました