【平安S 2019/本命馬】

スポンサードリンク

【平安S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【平安S 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

平安Sの対抗◯・穴馬★はこちらをクリック

 

 

◎8.サンライズソア
中間から濃い内容を連発しているこの馬を本命に。調教は動くタイプとはいえ、この中間は坂路とトラック併用で非常に濃い内容を消化出来ている。6本追い切りを消化したが、全て水準以上の時計をマークしている。休み明けにはなるが仕上がりは良いと思うし、久々も苦にしないタイプ。調整過程を見ても、過去のGl出走時と遜色ないし、休み明けということでむしろ今回の方が負荷としては強めにかけられている印象を受けるほど。最終追い切りも2年前の京都新聞杯の勝ち馬である、プラチナムバレット(古オープン)とハイレベルな併せ馬を消化し、難なく先着を果たした。実は過去4度に渡り、プラチナムバレット(古オープン)と併せ馬を行ってきたが、先着出来たのはたった1回だけ。それもサンライズソアが0.4秒先行する形から0.2秒先着しただけであるから、実質0.2秒差に詰められているというわけだ。プラチナムバレット(古オープン)は決して調教で動かないタイプじゃないし、むしろかなり動くタイプという認識を持っている。もちろんサンライズソアも調教は動くタイプだが、過去3度に渡り併せ馬で圧倒されていた馬を、今回はサンライズソアが圧倒したわけだから、これは凄い進展だと思うし、状態の良い証にもなると思っている。近走はこの馬に厳しいレースが続いていて印象は薄れてしまっているが、上手くマイペースで運べば2連覇の可能性は十分あると感じる。

スポンサードリンク

 

 

【平安S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

【平安S 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

平安Sの対抗◯・穴馬★はこちらをクリック

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。