【平安S 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【平安S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

平安Sの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

 

 

 

アナザートゥルース 美南W 稍重 助手
単走 52.5-38.2-12.9 強め A+
中間:A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終追い切りはとても良い動き。前走と同じくらい良い状態にあるし、それ以上の状態の可能性も。この中間も自己ベストを更新出来ているし、以前あったズブい面はそこまで目立たなくなってきた印象を受ける。前走のような競馬を出来ればここでも。

 

 

グレンツェント 美南W 稍重 助手
頭併先 69.1-53.7-38.5-13.1 馬也 A
中間:A+ ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終追い切りは毎度のこと良い。調教は動くタイプなので過度に評価するのは禁物。とはいえ、中間も自己ベストをマークしているし、最終追い切りの動きも悪くないので、状態が高いレベルにあることは間違いなさそう。

 

 

サンマルデューク 美南W 稍重 武士沢
2頭併遅 52.8-38.6-12.8 一杯 B
中間:A
最終追い切りはまずまず。格下の未勝利馬と最後の脚色は同じに。一杯に追われてこの反応だと少し不安だし、中間の内容が良さげだっただけに、後味の悪い最終追い切りとなった。

スポンサードリンク

 

 

マイネルユキツバキ 美南W 稍重 助手
単走 51.9-37.8-13.1 強め A
中間:B
最終追い切りはとても良い動き。自己ベストに迫る好時計だし、追われてからの反応も良さげ。走りに良い意味で重厚感があるし迫力十分。穴なら狙い目も。

 

 

サトノティターン 美坂 稍重 助手 ◆自己ベスト
単走 53.6-38.5-24.6-12.5 強め A+
中間:A
最終追い切りは自己ベストをマーク。状態は前走よりも良い可能性もあるし、高いレベルで安定している印象。動きも申し分ないし、軽く促されただけで一気に加速。この中間も濃い内容を消化出来ているし、気難しい面を出さずに走れれば重賞2連勝も。

 

 

ハイランドピーク 美南ポリ 良
単走 65.2-50.3-36.9-12.3 強め A
中間:A
最終追い切りは悪くない。初めてのポリトラック追いということで、調整過程が今までと異なるのは気掛かりだが、動き自体もフットワークも軽快で、叩き3戦目の上積みも感じられる。中間の内容も悪くないし、鞍上強化で変わり身に期待。

スポンサードリンク

 

 

オメガパフューム 栗CW 良 調教師
2頭併遅 83.4-68.2-53.2-39.2-12.3 強め A
中間:A+ ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終追い切りはまずまずの内容。中間で自己ベストをマークしているし、状態は悪くはないと思うが、まだ上昇の余地を残している気がする。上半期の目標は帝王賞だし、ここはステップレースという捉え方で良いと思う。この追い切りでもロードスパイダー(三未勝利)に劣勢ムードだったし、ひと叩きした方がより良くなると思う。

 

 

クイーンマンボ 栗CW 良 中谷
2頭併先 83.3-67.3-52.5-38.7-11.7 馬也 A+
中間:A+
最終追い切りはとても良い動き。併走馬のグローブシアター(古オープン)を追走して、終いもしっかり先着を果たした。手応えも終始優勢だったし、馬也でも迫力十分の動き。この時計も2017年3月にマークした自己ベストに迫る好時計。この中間はかなりハイレベルな併せ馬を豊富に行なっていて、後の京都新聞杯1.2着馬、ヴィクトリアマイルに出走した馬達、サートゥルナーリア(三オープン)等と併せ馬を消化。出来は申し分ないし、昨年2着の好舞台で巻き返し。

スポンサードリンク

 

 

サトノアッシュ 栗CW 良 助手
単走 66.6-51.5-37.7-12.1
中間:B

 

 

モズアトラクション 栗CW 良 助手 ◆自己ベスト
単走 81.1-67.7-53.0-39.6-12.7
中間:B

 

 

サンライズソア 栗坂 良 岡田
2頭併先 53.3-38.5-24.5-12.3 強め A+
中間:A+
最終追い切りはとても良い動き。併走馬のプラチナムバレット(古オープン)が一杯に追う中、サンライズソアはほとんど馬也で楽々先着。休み明けだが、休み明け前よりも良く映るし、リフレッシュされて状態はかなり良さそう。中間の内容もとても良いし、緒戦から好走に期待。

 

 

ジョーダンキング 栗坂 良 助手 ◆自己ベスト
2頭併遅 52.9-38.3-24.9-12.5 強め A
中間:A
最終追い切りは自己ベストとはいえ、併せた馬に劣勢。とはいえ、自己ベストだし、反応はまずまずも脚の捌きは悪くない。この中間も順調に乗り込まれているし、出来は維持出来ているイメージ。

 

 

平安Sの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

スポンサードリンク

チュウワウィザード 栗坂 良 助手
2頭併先 52.8-38.5-24.6-12.2 馬也 A+
中間:A+
最終追い切りは素晴らしい動き。併走馬は格下とはいえ、悠々突き放し子供扱い。軽く促されるだけで、追われている併走馬をグングン突き放した。状態は前走以上に感じるし、ここへ向け順調な仕上がりっぷり。

 

 

トラキチシャチョウ 栗坂 良 水口
単走 54.8-39.8-26.2-13.2 馬也 B
中間:C
最終追い切りはまずまずの動き。追われてからの反応も決して悪くないし、前走以上に出来は良さそう。高い水準ではないが、この馬なりに出来は良い。

 

 

マイネルオフィール 栗坂 良 助手
単走 54.8-39.5-25.4-12.3 強め B
中間:B
最終追い切りはこの馬なりに良いと感じる。だが、調教は動けるタイプだし、この馬にしてはこの時計は平凡。この中間も終い重点でしっかり乗り込まれているし、この最終追い切りも終いの脚は良いので、大穴なら狙い目も。

 

 

メイショウスミトモ 栗坂 良 小牧
2頭併遅 54.5-39.0-25.0-12.6 強め B
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。追われてからの反応は案外だったし、まだ良化の余地を残していると感じる。

 

 

ロンドンタウン 栗坂 良 助手
単走 54.0-39.2-24.8-12.2 強め A
中間:A
最終追い切りは終い重点も、動き自体は良いと感じる。最近は終いの脚が鈍かった印象があったが、今回は終いの脚はいつもより切れていたし、軽快なフットワークで坂路を駆け上がった。中間の内容もとても良いし、出来はここへ向けて良いと感じる。

 

 

【平安S 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

平安Sの対抗・穴馬はこちらをクリック(随時更新)

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。