【府中牝馬S 2018/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アドマイヤリード 6本
この中間は内容は平凡。3本併せで追い切りをしているが、併走馬にずっと遅れているのが木になる。元々叩き良化型だし、ここは抑えまでか。最終追い切りでどこまで。

カワキタエンカ 3本
中間の内容は平凡。東京コースは、どうも合わなさそうだし、ここは見送りたい。最終追い切りでどこまで。

キョウワゼノビア 3本
中間の内容は平凡。最終追い切りは良く見せてくるタイプなので、期待したい。鞍上がやや不安。

キンショーユキヒメ 3本
中間の内容は良い。東京で瞬発力勝負というよりは、小回りコースで長く脚を使うイメージがあるので、ここは抑えまでか。最終追い切り次第。

クロコスミア 7本
中間の内容は平凡だが、昨年よりも乗り込み量は豊富。昨年も中間の内容は平凡だったし、それで勝っているのだから、今回も最終追い切り次第では重い印も回せる。海外帰りで1度使われてるのも良いし、昨年と同じような形に持ち込めれば。

ジュールポーレル 3本
中間の内容は平凡だが、東京は合ってるいるし、最終追い切り次第では重めの印も。

ソウルスターリング 9本
中間から乗り込み量、内容ともに、とても良い。東京コースは2-0-0-4だが、個人的には合わなくないと思うし、良馬場でやれれば好勝負に期待できそう。最終追い切りも引き続き楽しみ。

スポンサードリンク

ディアドラ 7本
乗り込み量は多いが、内容は平凡。個人的に左回りの直線の長いコースより、右回りの小回りでトリッキーなコースの方が合うと思っているので、今回はそこまで過大評価したくない。だが、能力がある馬なので、最終追い切りで見極めていきたい。

フロンテアクイーン 5本
中間の内容は良い。東京は相性が良いし、1800mも合っている。最終追い切り次第では抑えたい1頭。

ミスパンテール 8本
中間から乗り込み量は豊富だし、非常に良い内容を消化している。前走を見る限り、東京コースは悪くないと思うが、距離がやや不安なので、現状は抑えまで。最終追い切りは楽しみな1頭。

メイズオブオナー 5本
中間は良い内容を消化している。重賞になるとイマイチな面があるので、そこら辺がどうか。最終追い切り次第で。

リスグラシュー 4本
中間の内容は平凡。良い時は中間から良いし、今回は休み明けということで、きっちり仕上げで来なさそう。ここが秋のGlへ向けたステップならば、そこまで重い印は回したくないのが本音。最終追い切りでどこまで上昇するか。

ワンブレスアウェイ 7本
中間の内容は良い。東京コース、距離ともに合っていると思うので、抑えたい1頭。最終追い切りも楽しみ。

 

[最強]競馬ブログランキングへ

友だち追加

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です