【府中牝馬S 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ソウルスターリング 美浦 南W 良
単走 54.3-39.3-12.6 馬也 A+
あまり調教で良く見せるタイプではないが、今回は中間から乗り込まれて、良い内容を消化しているし、最終追い切りは外ラチいっぱいを回し、馬也でもスピード感ある走りを披露。前走はディアドラに完敗したが、斤量の差や展開の有利不利もあったと思う。今度は斤量が前走と逆になるし、着順上では逆転も十分ありそう。サトノダイヤモンドに続き、復活を遂げたいところ。

フロンテアクイーン 美浦 南W 良
2頭併先 85.4-69.1-53.6-39.5-13.1 G前追 A
最終追い切りは併走馬を楽に交わして先着。動きは良いし、この中間も良い内容を消化しているだけに怖い存在になりそう。地味に東京コースでも走れているし、1800mも得意距離。穴ならこの馬か。

キンショーユキヒメ 栗東 CW 良
単走 82.3-66.0-50.9-37.6-12.1 強め B
大きなストライドで悪くない動き。しかし、追い切りは毎回良く見せてくるので、そこまで過大評価はしない。近走は不振だし、ここは得意な舞台設定ではなさそうなので軽視したい。

アドマイヤリード 栗東 坂路 良
単走 51.8-37.1-24.4-12.6 G前追 B
昨年の府中牝馬の時の中間の方が明らかに良い内容を消化していたイメージがある。最終追い切りの動きは、1週前の動きよりは遥かに上昇していると感じる。良い時の動きに近づいてきたと思うし、抑えたい1頭。M.デムーロ騎手がリスグラシューへ乗り換えたので、それ以上の評価はしたくない。

カワキタエンカ 栗東 坂路 良
単走 54.8-39.1-25.1-12.6 馬也 B
動き自体は悪くない。だが、コース適性やメンバーレベルから、休み明けの今回は見送りたい感はある。今までの牝馬限定戦のレベルではないので、取捨は枠の並び次第。しかし、楽に逃がしたら渋とそう。

キョウワゼノビア 栗東 坂路 良
2頭併先 54.0-39.3-24.9-12.2 G前追 A
前走と同じくらいの出来にありそう。軽く仕掛けただけだが、迫力はあったし、反応も十分。ただ、いきなり重賞でこのメンバーは流石に厳しそう。

スポンサードリンク

クロコスミア 栗東 坂路 良
単走 53.5-38.7-25.5-12.8 馬也 A
馬也でも抑えが効かないくらい走りたがる素振りを見せた。前進姿勢は意欲的だし、引っ掛かるほど酷くはなさそうなので、あまり気にしなくても良さそう。高速決着だけが怖いが、昨年勝ってる舞台だし、1度使われ、上積は見込めるので楽しみな1頭。
抑えには回したい。

ジュールポレール 栗東 坂路 良
単走 52.5-37.5-24.4-12.3 一杯 A+
2週続けてビッシリ追われた。さすがに前走ほどの出来にはないものの、初戦から動けそうな感じ。休み明けから走れるタイプだし、東京コースも合っているので楽しみな1頭。

ミスパンテール 栗東 坂路 良
単走 55.1-39.0-24.7-12.2 馬也 A+
最終追い切りは終い重点だが、中間で早い時計は出せているので、良い仕上がりにあるとみている。左回りは東京の2戦だけだし、2400mという距離と前走の馬場に泣かされた感がある。1800mに延長するのは未知な部分だが、能力的にはやれても良いと思う。抑えには回したい1頭。

リスグラシュー 栗東 坂路 良
単走 52.5-37.9-24.5-12.2 G前追 A
最終追い切りは、追われてからの伸びがとても良く見えた。休み明けを感じさせない走りだが、中間の内容からも、ここは八分くらいの仕上げではないかと思っている。だが、距離、コース適性も合っているので、馬券には必ず絡めたい1頭。

メイズオブオナー 栗東 芝 良
単走 64.3-48.3-35.2-11.6 G前追 A
最終追い切りは芝コースで軽快な走り。追い切りは動くタイプなので、そこまで評価したくはないが、人気しないなら抑えたいと感じる。

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です