【弥生賞 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

シュヴァルツリーゼ 美浦 南W 良
2頭併先 69.8-54.0-39.6-13.6 G前追 A
併走馬に先着するも、内容はもう一息か。追われてからの反応もイマイチで、1週前追い切りの内容も微妙に感じた。キャリア1戦で未知な部分はあるが、休み明けということもあるし、買いづらい1頭ではある。

ニシノデイジー 美浦 南W 良
単走 68.8-53.0-37.9-12.7 馬也 A+
最終追い切りは良い動きを披露。ただ、賞金的には十分足りているし、ここをメイチでくるとは思えないので、頭からは買いづらいと感じる。能力はあるし、このメンバーなら抑えは必須か。

ラストドラフト 美浦 南P 良
2頭併先 65.5-51.0-38.3-12.1 馬也 S
最終追い切りは抜群の動き。乗り手も手綱を引っ張りっきりだったくらい、反応面は申し分ない感じ。前哨戦とはいえ、この中間はしっかりと実の詰まった内容を消化してきているし、やり過ぎずやらなさ過ぎずの絶妙な調整過程を踏めている印象。中山実績はあるし、この相手なら勝ち負けに期待したい。

カントル 栗東 CW 良
2頭併先 83.9-68.0-52.6-38.9-12.1 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。中間をみても前走から良い意味で平行線といった印象。ここは皐月賞の権利を取りたいと思うし、良い仕上がりで臨んできそう。能力もあると思うし、善戦に期待。

サトノラディウス 栗東 CW 良
2頭併先 69.5-53.9-38.9-12.5 馬也 A
馬也で余力たっぷりの動き。1戦毎に良くなっていると思うし、中間の内容からも成長を感じる。前走が、まだ遊びながら走っていたらしく、その辺りの幼さはやや不安も、能力を出せればここも善戦可能に感じる。

ブレイキングドーン 栗東 CW 良
2頭併先 81.0-65.7-51.7-38.4-12.8 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。併走馬を置き去りにするも、昨年暮れの動きと比べるとやや劣勢に映る。前走を見ても、中山コースがあっていない感じもしなくもないし、頭では買いづらいと感じる1頭。長く良い脚を生かしてどこまで。

メイショウテンゲン 栗東 CW 良
2頭併入 82.0-66.6-51.9-38.5-12.3 強め B
最終追い切りはまずまずの動き。追われてからの反応は鈍かったし、この相手にどこまでやれるか。中山は初めてだし、長く良い脚を生かしてどこまでやれるか。

スポンサードリンク

ヴァンケドミンゴ 栗東 CW 良
2頭併先 85.9-68.2-53.0-38.8-12.1 G前追 A+
最終追い切りは良く映った。追われてから前に取り付くまでの一瞬の脚が際立っていたし、状態は休み明けでもかなり良さそう。全兄は昨年の皐月賞2着のサンリヴァルだし、この舞台に適性を感じられる血縁。前走は同舞台で敗れているものの、状態の良さで見直したい。人気薄なら馬券に組み込みたい1頭。

スポンサードリンク

 

【弥生賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【弥生賞 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

スポンサードリンク

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。