【新潟大賞典 2019/本命馬】

スポンサードリンク

【新潟大賞典 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【新潟大賞典 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

新潟大賞典の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

◎6.ロシュフォール
最終追い切りで抜群の走りを見せたこの馬を本命に。その最終追い切りは終い重点だったとはいえ、調教でそこそこ動くラムセスバローズ等を子供扱い。併せ馬の真ん中だったが、両サイドの馬は目一杯追っていたのに対し、ロシュフォールは馬也。追っても追ってもロシュフォールとの差は詰まらず、むしろ広がるのではないかという走り。追えば確実に突き放しただろうし、態勢は整い切っている最終追い切りに見えた。元々調教は動くタイプなのだが、同厩舎のステルヴィオと互角かそれ以上の動きを出来るのがこのロシュフォール。昨年の毎日王冠の最終追い切りでステルヴィオがロシュフォールとの併せ馬を消化したのだが、3頭併せのうち1頭は早々に垂れ、最後はステルヴィオとロシュフォールの2頭だけ別次元の併せ馬を消化したように調教からもかなりのポテンシャルを感じられた。前走は休み明けで準OPを圧勝したわけだが、陣営はまだ余裕残しの仕上げだったと口を揃えて述べているように、この馬のポテンシャルの高さが伺えた。その負かしたダノンキングダムも直後の準OPを勝ち上がったように、既に重賞クラスの器であることは間違いなさそう。相手は強くなるが、ここで賞金を加算して秋へ弾みをつけたいところだと思うし、自慢の末脚を発揮出来れば好勝負になると感じる。

 

【新潟大賞典 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

【新潟大賞典 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

新潟大賞典の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサードリンク

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。