【新潟大賞典 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

新潟大賞典の現状の注目馬はこちらをクリック

 

アウトライアーズ 0本 C
中1週ということで本数をこなせていない。昨年の新潟大賞典を見てもコース適性はイマイチは印象を受ける。昨年よりメンバーレベルは上がるし、自分の競馬をしてどこまで。最終追い切りの動き次第。

アストラエンブレム 4本(美南W2本/美坂2本) A
中間の内容は悪くない。1週前は好時計をマークしているし、仕上がりはここへ向けて悪くなさそう。新潟コースもパーフェクト連対と相性の良い舞台。最終追い切り次第で。

エアアンセム 5本(栗坂5本) A
この中間は自己ベストに迫る時計をマークした。間隔は空いたが状態は悪くなさそう。しかし、直線の長いコースは向いている印象はないし、最終追い切りでどこまで。

エンジニア 7本(美南W4本/美坂3本) B
中間の内容はまずまず。良い時はもっと良い内容をこなしているし、今回の中間はやや物足りない印象を受ける。とはいえ、左回りの直線の長いコースは合うし、最終追い切り次第で。

クラウンディバイダ 4本(美南W3本/美坂1本) B ◆中間自己ベスト
中間の内容はまずまず。1週前に自己ベストをマークしたが、終いはバタバタ。能力的にも厳しいと感じるし、最終追い切りでどこまで。

クリノヤマトノオー 5本(栗CW1本/栗坂3本/栗ポリ1本) B
中間の内容はまずまず。良い時はもっと良い内容をこなす馬なだけに、今回の中間の内容は物足りなく感じる。左回りより右回りの方が良いし、能力的にもどうか。最終追い切りでどこまで。

サンデーウィザード 3本(栗坂3本) B
中間の内容はまずまず。間隔が空いている割に本数はそこまでこなせていないのは気になる。とはいえ、併せ馬では良い動きを見せているように、ひと叩きした効果はありそう。2年前の勝ち馬だし、最終追い切り次第では。

スポンサードリンク

ショウナンバッハ 5本(美南W2本/美坂3本) A
中間の内容は悪くない。1週前の動きも悪くなかったし、このコースではブラストワンピースの3着と実績も十分。直線の長いコースは良いと思うし、最終追い切り次第では穴候補として挙げたい。

スズカデヴィアス 7本(栗CW1本/栗坂6本) A
中間の内容は悪くない。本数もしっかり積めているし、昨年の勝ち馬ということで侮れない1頭。前走をひと叩きした上積もあると思うし、最終追い切り次第では。

ダッシングブレイズ 6本(栗CW6本) B
中間の内容はまずまず。調教は動くタイプなので、この中間は内容が物足りない。前走は終いをしっかり伸ばしていたし、久々に良い走りを見たような気がする。前走の走りが復調の兆しなら、今回も期待してみたい。直線の長いコースはいいと思うし、最終追い切り次第では。

 

新潟大賞典の現状の注目馬はこちらをクリック

 

ドレッドノータス 0本 C
中間は中1週のため時計を出せていない。切れる脚を使うタイプでもないと思うし、この舞台は合うか微妙。能力的にもどうかと思うし、最終追い切りでどこまで。

ブラックスピネル 7本(栗坂7本) B
中間の内容はまずまず。直線の長いコースも悪くないし、マイペースで行ければ粘りっこい。前目でスムーズなら面白いと思うし、最終追い切りでどこまで。

ブラックバゴ 4本(美南W4本) B
中間の内容はまずまず。良い時はもっと濃い内容を消化出来ているので、今回の中間はやや物足りない印象。とはいえ、能力はあると思うし、最終追い切りでどこまで。

ブレスジャーニー 3本(栗坂3本) C
中間の内容はイマイチ。約半年ぶりの実戦だが、本数は3本と少なめ。いきなり重賞は厳しいと思うし、ここは頭からは買いづらい。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ミッキースワロー 6本(美南W6本/※プール8本) A+ ◆中間自己ベスト
中間はプールも取り入れしっかり負荷をかけられている印象。内容も良いし、3週前は自己ベストも更新。ジャパンCも力のあるところを示したし、直線の長い左回りのコースはあってそうな雰囲気。休み明けでも力を出せる仕上がりにあると思うし、最終追い切りも楽しみ。

メートルダール 5本(栗CW4本/栗坂1本) B
中間の内容はまずまず。終い重点の内容が目立つが、動き自体は悪くなさそう。この舞台でブラストワンピースの2着と実績もあるし、近走は重賞でも安定して走れている。最終追い切りも動き次第で。

メールドグラース 5本(栗CW4本/栗坂1本) B ◆中間自己ベストタイ
中間の内容はまずまず。瞬発力が問われるとどうかと思うし、能力的にもこのメンバーではどうか。乗り替わりも不安だし、最終追い切りでどこまで。

ランガディア 5本(美南W2本/美坂3本) B
中間の内容はまずまず。左回りの直線の長いコースが1番合っていると思うし、最終追い切りの動きが良ければこの相手でも十分善戦可能に感じる。最終追い切りでどこまで。

ルックトゥワイス 5本(栗坂3本/栗ポリ2本/※プール2本) B
中間の内容はまずまず。終い重点の内容が目立つも、動き自体は悪くなさそう。能力的にもこの中なら上位だと思うし、新潟コースも2000mという距離も悪くない。最終追い切り次第では。

レッドレオン 4本(栗CW1本/栗坂3本/※プール1本) B
中間の内容はまずまず。格上挑戦になるし、ここではさすがに厳しそうな印象。最終追い切りでどこまで。

ロシュフォール 5本(美南W2本/美坂3本) B
中間の内容はまずまず。前走はかなり強い勝ち方だったし、その負かした相手もすぐに準OPを勝ち抜けた。初の重賞でもやれる力はあると思うし、ひと叩きした効果も見込める今回は、最終追い切りの動き次第で有力視したい。

 

 

新潟大賞典の現状の注目馬はこちらをクリック

スポンサードリンク

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。