【新潟記念 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新潟記念2020出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

最終追い切り後の追い切り考察

アイスストーム

中間:2ヶ月半 B
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、良い頃と比べるともうワンパンチ足りない印象ですが、こなしている内容は悪くないと思います。それなりに負荷もかけられていると思いますし、最終追い切りで変わってくれば楽しみです。その最終追い切りですが、1週前追い切りよりは良くなったものの、まだ良化の余地が残されている印象です。良い時はもっと楽に動けますし、迫力も感じるので、今回はその点がやや欠けている印象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイスバブル

中間:3ヶ月 B
最終:栗CW 良 併せ遅れ 一杯 B
中間の内容からみていきますと、攻め動かないタイプということを考えても今回は動けていない方だと思いますし、前走以上の気配かと言われると疑問です。坂路主体で作った前走が好パフォーマンスだったので、今回も同様の攻めパターンなら注視しようと思っていましたが、今回は併用仕上げ。最終追い切りで大幅に上向いてこないと厳しそうな印象ですので、あともうひと追いには注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、そこまで変わってきた様子はなく、攻め動かないタイプらしい動きでした。トラックで動く時はもう少し動ける馬だと思いますし、そう考えると少し物足りなく感じるので、現状でどれだけやれるのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクート(除外)

中間:12ヶ月 B
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、約1年ぶりの実戦ということで、まずは1度使われた方が良さそうな印象です。攻め内容もそれほど強調出来るものは並んでいませんし、まだ良くなる余地を残している段階だと思いますから、あともうひと追いでグンと上向いてこないと厳しそうなイメージです。その最終追い切りですが、終い重点にはなりましたが、この馬にしてはかなり動けていますし、休み明けということを感じさせない動きに映りました。これならいきなりという気もしますし、人気薄でしょうから、穴として期待の1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アールスター

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路で前走と同じくらいの内容を消化してきました。大幅な上積みはどうかも、状態は維持出来ていると思いますし、力は出し切れるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インビジブルレイズ

中間:2ヶ月半 A+
最終:栗CW 良 併せ遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、絶好時と比べるとやや見劣るものの、こなしている内容は凄く良いですし、久々でも順調に仕上がりは進んでいる印象です。併用で好内容を消化出来ていますし、1週前追い切りもハイレベルな併せ馬で先着を果たしていますから、このひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、1週前追い切りよりも見劣る動きに感じてしまいました。追い出されてからの反応も案外でしたし、更に良くなると思っていただけに、少し評価は抑えめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウインガナドル

中間:中4週 A
最終:美坂 稍重 単走 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、坂路主体で乗り込まれており、状態は維持されていると思います。動き自体もスムーズで迫力も感じられましたので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路を良いフットワークで駆け抜けましたし、ここに向けて出来は上向いていると感じます。1週前追い切りで強く追われた事で、最終追い切りでしっかり上向いてきたと思いますし、自分の形に持ち込めればやれる馬だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カデナ

中間:2ヶ月半 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、いつも通り坂路中心で馬が作られており、変わりなくきていると思います。3着と好走している昨年と比べても現時点では遜色ないと思いますし、最終追い切りでも良い動きを披露してくれば楽しみが広がると思います。その最終追い切りですが、特に変わりなくといった感じで、G1出走時とも大して変わりない仕上がりにあるとみています。昨年も走れている舞台ですし、今年も終いを生かす競馬でどこまでといったところでしょうか。外差しも効きそうですし、この馬には向きそうな気がしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドギア

中間:3ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく、良い内容が並んでいますし、仕上がりは順調に進んでいる印象です。1週前追い切りもレベルの高い併せ馬を消化できていますし、このひと追いで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻めはよく動くタイプらしく、良い動きだったと思います。ただ、それ以上の何かは感じることが出来ず、平行線という印象です。この馬はチークピーシーズを着用していますから、外から差す競馬は合っていると思いますし、後は嵌るか否かというところだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノガーネット

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、内容は目立ちませんが、中2週ですしこれで良いと思います。引き続き状態は保てていると思いますし、終いの堅実さからも見せ場はあって良いとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノクロニクル

中間:3ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、いつも通り坂路中心で馬は作られていますが、結果がついてきません。坂路でいくら動いても実戦で良さが出てこないので、今回もその点が鍵になると思うのですが、個人的には最終追い切りでいくら動いても過剰に評価しないように注意したいです。その最終追い切りですが、坂路で動くタイプにしてはやや攻め控えられたかなと感じます。好走時は最終追い切りまで攻め切っていますし、もう少し濃い内容を消化してきますので、その点はやや割引かなと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノダムゼル

中間:中3週 A
最終:美南W 稍重 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、スクミの症状があるらしく、状態維持に努めているみたいですが、1週前追い切りの動きは時計以上に良く映りました。出てくるかはまだわかりませんが、最終追い切りも良い動きを披露してくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、やや軽くも映りますが、動きそのものは良く、力は出し切ってくれるとみています。ただ、この中間は出走するかどうかも迷っていたくらいの状態だったということですから、逆にいうとなんとか間に合ったという捉え方も出来るので、その点で意見が割れそうな1頭です。馬券には入れたいと思う1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンレイポケット

中間:2ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 良 単走 一杯 A+
中間の内容からみていきますと、併用で入念に乗り込まれており、仕上がりは良さそうに感じます。追うごとに良化している印象ですし、最終追い切りでも更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、しっかりとした脚取りで登坂出来ていましたし、出来は上向いているように感じます。長く良い脚を伸ばせていましたし、この舞台も合いそうですから、レースでの走りも楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジナンボー

中間:2ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 稍重 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、攻め動くタイプではあるのですが、この中間にこなしている内容もレベルが高く、特に1週前追い切りの動きは迫力満点でした。昨年と比較しても今年の方が良さそうですし、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、やや軽くはなりましたが、終始抜群の行きっぷりで、出来自体は問題なさそうに感じます。追えば弾けそうな手応えで走っていましたし、中間にもしっかりと負荷をかけていますから、これで態勢は整ったとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピースワンパラディ

中間:2ヶ月半 B
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、長目を意欲的に追えているものの、良い時と比べると物足りなさを感じますし、まだ良化の余地が残されてそうな印象です。終いもいくらか時計が掛かっていますし、若干余裕もありそうなので、その点が最終追い切りで改善されてくればと思います。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりやったことで、上向いてきた印象です。まだ良くなりそうとはいえ、今回もある程度力は出せそうですし、見せ場は作れる馬だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラヴァス

中間:2ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗P 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、ウッドチップコース中心で乗り込まれている点も良いですし、時計も自己ベストを更新しているように、状態は良いように感じます。攻めは派手な方ではないですが、これだけ動けていれば良いと思いますし、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、ポリトラックコースだったとはいえ、軽快な脚捌きを披露しましたし、身のこなしも良かったと思います。中間もしっかりやって、状態は良いと思いますし、力を出し切れればやれても良い1頭だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーフリッカー(除外)

中間:2ヶ月 B
最終:栗CW 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、こなしている内容はそこまで目立つものはなく、引き続き状態は変わりなくといったイメージです。そもそも久々の芝ですし、相手も強化されますので、厳しいと思いますが、最終追い切りでどこまで良くなってくるかに注目です。その最終追い切りですが、こなしている内容は良くも悪くもありません。やはり格上挑戦ですから、強調材料がないと厳しいでしょうし、この攻め内容からは推しづらい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレシャスブルー

中間:中6週 B
最終:美南W 稍重 併せ同入 一杯 B
中間の内容からみていきますと、攻め動くタイプにしては特に目立つところはなく、状態維持に努めている印象です。2走前の内容は高く評価していますので、最終追い切りでしっかり上向いてくれば、注視したい1頭です。その最終追い切りですが、良い時と比べると少々見劣る内容が目立っています。新潟大賞典時と比較するとまだ良くなる余地が残されている印象ですので、現状でどれだけ走れるのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポポカテペトル(除外)

中間:3ヶ月 A
最終:栗坂 良 単走 一杯 A
中間の内容からみていきますと、動きそのものは良いですし、久々でも悪くない仕上がりにあるとみています。もうワンパンチあればとも思うので、最終追い切りでもう一段階上の動きを披露してくれれば楽しみです。その最終追い切りですが、坂では動きにくいタイプなので、こんなもんで十分かなと思います。年齢的にもそう大きな上積みはないと思いますが、状態は保てていると思いますし、力は出し切ってくれるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メートルダール

中間:3ヶ月 A
最終:美南B 稍重 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、近走よりも良い内容を消化出来ている印象です。欲を言えば、ここからもう一段階良くなって欲しいですが、それでも具合は良いと思いますので、善戦に期待出来ると思っています。凡走続きではありますが、終いは堅実なので、良さが生きれば面白いと思っています。最終追い切りにも注目です。その最終追い切りですが、そう大きく変わってきた様子はありませんが、近走の中では1番動けていると感じますし、終いが生きる展開になれば穴で面白い存在になっても良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リープフラウミルヒ

中間:中4週 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、攻め動くタイプらしく、良い内容を消化出来ていると思います。使いつめですし、大幅な上積みはどうかと思いますが、引き続き状態は保てていると思いますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、引き続き状態は保てていると思いますし、力は出せる出来にあるとみています。ただ、左回りよりも右回りの小回りコースや、牝馬限定戦で買いたいような馬ですので、ここが果たして適舞台かと言われると疑問です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワーケア

中間:3ヶ月 B
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、休み明けということもあり、まだ本調子にはないような気がしています。動く時はもっと動きますし、良い時と比べるとまだ少し物足りなさを感じます。あともうひと追いありますので、どこまで変わってくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、攻めは地味な方とはいえ、完調手前という印象ですし、まだ良くなりそうな気がしています。コース形態は向いていると思いますが、古馬と走るのは初めてですし、仕上がりにも少し不安のある今回はどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追い切りBEST4

 

1位

2位

3位

3位

 


追い切り以外の面も加味した現時点でのイチオシ穴馬はこちらから!

 

※無断転載禁止

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました