【日経新春杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

グローリーヴェイズ 美浦 南W 良
2頭併先 55.2-39.6-12.8 強め A
1週前追い切りと比べると良くなったが、前走と比べると軽快さが若干欠けている印象がある。鞍上強化と菊花賞5着で過剰人気するようならば頭からは買いづらいかなと感じている。とはいえ、能力は上位だと思うし、過度な軽視は禁物か。

シュペルミエール 美浦 坂路 良
単走 52.9-38.9-24.8-12.1 G前追 A+
調教の動きは毎度のこと良いので、過度な評価は禁物だが、高水準で良い動き。ただ、20ヶ月の休み明けから3戦目で、陣営もやはり慎重に調整を進めているらしく、思い切った調整は出来ない状況。怪我の再発もあるので無理はさせないと思うし、どれだけ状態を維持させて出走するかの勝負になりそう。とはいえ、血統や実績からもこの舞台は合うし、善戦は可能か。

ミライヘノツバサ 美浦 坂路 良
単走 53.3-39.3-25.7-12.6 一杯 A
ここは回避でAJCCに向かうとのこと。この時点でこれだけ動けていれば十分。まだ時間があるし、更に良くなれば適性のある舞台で力を出せそう。

アフリカンゴールド 栗東 CW 稍重
単走 83.0-67.0-52.5-39.0-12.8 強め B
菊花賞の頃と比べても見劣る動きで良い時の動きではない気がする。1週前追い切りから動きはあまり変わらず、ひと叩きされてからの方が良さそうなイメージ。

ウインテンダネス 栗東 CW 稍重
単走 85.6-69.2-53.9-39.9-12.1 G前追 A
ジャパンCの頃と同じくらいの出来にありそう。動きは悪くはないが、正直なところもうワンパンチ欲しい。叩き良化型とはいえ、京都コースが極端に成績が悪いので買いづらいところではある。上手く立ち回れれば善戦も。

スポンサードリンク

ダッシングブレイズ 栗東 CW 稍重
単走 84.9-68.9-53.7-39.4-12.0 馬也 A+
調教の動きは毎度のこと素晴らしいので過度な評価は禁物。今回の距離延長には疑問で折り合いに難がある馬だし、距離延長で折り合いが改善されるとは思えない。むしろ裏目に出る可能性もあるし、個人的には掛かる面を誤魔化すためにもマイル以下の方が良いと感じる。立ち回りも上手いタイプではないし、その辺りがどう出るか。

ノーブルマーズ 栗東 CW 稍重
3頭併先 53.6-38.4-11.6 強め A
追われてかれ加速するのに時間を要した。鞭が入ってからようやく反応したが、格下相手に若干反応は鈍く感じた。最近は坂路中心だったが、コースでもしっかり動けるタイプだし、まずまず及第点というイメージ。叩き良化型で力のいる馬場は合っていると思うので、ハマれば怖い穴馬になりそう。

ムイトオブリガード 栗東 CW 稍重
3頭併先 81.1-65.7-51.2-37.7-12.3 強め A+
休み明けで前走と比べると動きに迫力はないが決して悪いわけではない。この中間は楽に好時計をマーク出来ているし、普段の休み明けよりも状態は上とのこと。主に東京コースで結果を出している馬だけに、このコース変わりが大幅なプラスに働くとは思わないが、鞍上強化や前走の実績からこのメンバーなら十分やれて良さそう。

スポンサードリンク

メイショウテッコン 栗東 CW 稍重
単走 54.7-40.0-12.4 G前追 A
休み明けということもあり状態は年明け前の2走の方が良く映るし、陣営も言うようにまだ未完成な馬。精神面と走りが合致していないタイプらしく、本当に良くなるのはまだ先。今回も休み明けだし、無理に調整はしていない感じもする。スムーズなら善戦もありそうだが、休み明けという事で多少の割引も必要か。

エーティーサンダー 栗東 坂路 稍重
単走 52.4-37.9-24.3-12.1 G前追 A+
中間の内容もかなり良いし、この最終追い切りも上々の動き。調教でしっかり動けるようになってきたし、これがレースに直結すれば穴をあけても不思議ないイメージ。このメンバーで1番良い調整過程を踏んでると思うし、大穴なら是非抑えておきたい1頭。

スポンサードリンク

ケントオー 栗東 坂路 稍重
単走 52.0-38.4-25.5-12.9 一杯 B
最終追い切りはまずまずで前走の状態を維持している感じ。特に魅力的な動きではなかったが、昨年の京都記念のように時計が掛かってタフなレースになると侮れないところではあるし、今の京都コースも悪くなさそう。当日の気配次第では抑えも。

マサハヤドリーム 栗東 坂路 稍重
単走 55.8-39.6-25.2-12.7 馬也 A
時計は地味だが、終いの伸びは上々。中間内容も良いし、状態は前走以上に映る。距離やコース適性はイマイチだが、しっかり折り合って運び、終いの脚を生かすレースが出来れば善戦は可能か。

ルックトゥワイス 栗東 坂路 稍重
単走 55.4-39.8-25.6-12.8 G前追 A
最終追い切りもまずまずで状態は維持出来ている印象。陣営は精神的な幼さがあることを課題に挙げていて、動きにムラがあるとも述べている。この中間も状態維持に努めているらしく、大きな上積みも感じられない。試金石の1戦だろうし、重たい印は打ちづらい。

ロードヴァンドール 栗東 坂路 稍重
2頭併先 53.8-39.1-25.8-13.2 G前追 B
本来調教はもっと動ける馬なだけにこの内容と時計はイマイチだが、休み明けの前走と比べると少し良くなったかなという印象。本調子に戻るにはもう少し時間を要すかなと思うし、ここは重たい印は打ちづらい。しかし、昨年2着の舞台ということもあり、マイペースで行かれると怖い存在になり得る。

アイトーン 栗東 坂路 稍重
単走 53.4-39.1-25.5-12.5 強め A
調教の動きは悪くない。最近はズブさが出てきて、持ち前の逃げる競馬が出来ていない状況が続いている。しかし、今回はスタートしてホームストレッチを通過し、テンの入りが近走より遅くなると思うので、押せばハナに立てそうなメンバーだし、逃げれれば面白い1頭。

スポンサードリンク

ガンコ 栗東 坂路 稍重
単走 54.5-39.1-24.8-12.0 G前追 A+
調教の動きは最近では1番良い動きをしているように映った。最近は調子が悪かった事に加えて、この馬に不向きな展開、馬場のレースが多かった気がする。今回は馬場も展開も向きそうだし、この舞台には実績もある。この時期は良く走るタイプだし、中間の調整過程からも状態の良さを感じる。鞍上が藤岡佑介騎手に戻るのも良いし、ここは買いだと感じる。

 

【日経新春杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【日経新春杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【本命候補はこちらから!】

【こちらから友達登録よろしくお願いします!】

【穴馬候補はこちらから!】

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ【危険な人気馬候補はこちらから!】

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。