【有馬記念 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎キセキ
今回は調教重視というよりは適性重視ということでジャパンCに続きこの馬を本命に推したい。調教が悪かったから適性重視にした訳ではなく、この馬の場合、秋4戦目ということで今回の調整過程はそこまで指標になり得ないと感じたため。この馬の秋のレースを見る限り、先行策を取り入れ、走りも馬体も本格化したことは間違いない。陣営も走りに体が追いついたと言っているし、春までとは別馬。個人的にフォームが凄くルーラーシップに似ていて、レースぶりはキタサンブラックのようだと、ジャパンCでは特に感じた。ルーラーシップは有馬記念で大きく出遅れながら3着と好走した歴を持ち、母父のディープインパクトも有馬記念を制しているように、この舞台に適性があるとみている。なぜ秋4戦目で本命に推すかといえば、陣営が疲労の回復はとても早く、天皇賞(秋)の後よりも良い状態と述べていたから。そもそも目に見える疲労があるなら回避すると思うし、出てくるからには走れる状態にあるとの判断に至ったからだと思う。この中間も他のジャパンC組よりも多く乗り込めているし、そういったところからも元気な証が伺える。ならば本命にせざるを得ないというか、ジャパンCのあのレースを見せ付けられ、それよりも大幅に状態が下がっておらず、疲労も心配ないと言うならば本命かなと言う感じ。もちろん終わってから疲労が残ってたなんて事もあるかもわからないが、追い切りの動きや調整過程を見る限り、1週前、最終追い切りと、やり過ぎず、やらなさ過ぎずの普段通りのキセキの調整が出来ていたと感じている。4戦目ということでそんなにガツガツやらなくても良いし、むしろこれだけやれていれば十分かなという判断。秋は毎日王冠から距離延長でパフォーマンスを上げ続けているように、今回も100mの延長と言うことで更にパフォーマンスを上げてくる可能性もあると感じる。この馬自体、あの泥まみれの菊花賞を外を周り続けて勝っているように、非常にタフでスタミナのある馬。ジャパンCは前走から400mの距離延長でパフォーマンスを上げてくると感じていたし、今回もそれは同様。天皇賞(秋)ではレイデオロに切れ負けしたが、中山に舞台を移し、2500mともなれば、瞬発力よりかは持久力勝負になると思うし、そこの力量関係が逆転することは容易だと感じる。川田騎手もレースを組み立てるようなことを言及していたし、おそらくこの枠やメンバーからも先手を主張すると思う。ハナを切るようなら後ろに脚を溜めさせないように逃げていくと思うし、番手での競馬ならスタミナを存分に生かした競馬をしてくると思う。とにかくジャパンCに似たようなレースをすれば馬券に絡んでくる1頭だと感じている。春に有馬記念と同舞台の日経賞では大敗を喫したが、このレースでは折り合いを欠いたし、本格化する前ということで、完全に度外視できる。むしろ個人的には中山のトリッキーなコースは向いていると思っている。小回りで直線は短いので十分に押し切れると思うし、枠順も7枠14番と外目に入ったが、先行するタイプの馬なのであまり気にしなくて良さそう。有馬記念自体、前目で競馬が出来るのは有利な傾向があるし、本格化した今なら、後続にも簡単に抜かされはしないとみている。ジャパンCもアーモンドアイ以外とは、ほぼ脚色が一緒。つまり、あのペースで逃げてもアーモンドアイ以外の後続と同じような脚を繰り出しているのだから本当に恐ろしい。今回も外枠から好発進を決め、この馬のラップを刻めば自ずと結果は良い方へ転がると信じているし、今年最後の大舞台で惜敗続きにピリオドを打ちたい。川田騎手にも日本人ジョッキーの意地を見せて欲しいし、アッと言わせる好騎乗に期待している。

スポンサードリンク

 

【有馬記念 2018/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【有馬記念 2018/調教考察[最終追い切り]】はこちらをクリック

 

 

友達追加はこちらから!友だち追加

本命候補はこちらから!

こちらから友達登録よろしくお願いします!

穴馬候補はこちらから!

にほんブログ村 競馬ブログ 調教理論へ危険な人気馬候補はこちらから!

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。