【東スポ2歳S 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎カテドラル
ここ2戦、かなりハイレベルなメンバーに勝利し、未だ無敗のこの馬を本命に。新馬戦は前評判の高かったメンバーを相手に完勝。未勝利で負かしたブラヴァスやトーセンカンビーナはすぐに未勝利を抜け出している点からも、レベルが高かったことは間違いなさそう。続く2戦目もダントツの1番人気ヴェロックスを封じ込め2連勝を飾った。前走は最終追い切りをしっかりやった程度で、中間の内容は平凡だったことから、目一の仕上げだったとは思えない。馬体重もヴェロックスは-4kgで臨んで来たのに対し、カテドラルは+10kgと数値からも余裕残し+成長分と言うことが確認できる。今回は中間からかなり良い内容をこなしている印象を受けるし、最終追い切りは坂路で軽快かつ豪快な走りを披露。Wコース、坂路コース問わず、良い動きを披露できるのは器用さも伺えて好印象だし、仕上がりは上向いている印象で状態は右肩上がり。先週は東京の芝のレースでヴァーミリアン産駒が1着になるなど、力の要る馬場になってきているように感じた。その点で半兄にジェベルムーサを持つこの馬は今の馬場は合うのではないかと感じる。今回はハナを主張しそうな馬が1~2頭いるので、その後ろの好位で競馬を進めれば、直線で楽に抜け出してもおかしくない。ワグネリアンと同じローテーションで一気に来年のクラシックへ名乗りを上げたい。

スポンサードリンク

 

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

中央競馬ランキング

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です