【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

【東京優駿 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

東京優駿の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

 

 

 

 

アドマイヤジャスタ 6本(栗CW3本/栗坂3本/※プール) A
中間の内容は悪くない。終い重点の内容が目立つが、1週前追い切りではコースでしっかりと速い時計を消化出来ているので、このひと追いで仕上がりが進めば。1週前はアドマイヤエイカン(古オープン)を1.7秒も追走し、最後はアタマ差先着しているので内容としては良かったし、最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

ヴィント 2本(栗CW1本/栗坂1本) B
中間の内容はまずまず。これといって強調出来る部分はないが、この馬なりに調整は進められている。前走からの上積みはあまり期待出来なさそうだし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ヴェロックス 6本(栗CW3本/栗坂3本) S ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容は申し分ないと感じる。1週前追い切りでは6F追いとはいえ自己ベストを更新したし、状態は皐月賞よりも上向いている気さえする。1週前追い切りで併せた相手はジェシー(古1600万下)だし、調教でそこそこ動く馬。それを直線だけで0.7秒もぶっちぎったのだから相当状態は良さそう。最終追い切りも非常に楽しみ。

 

 

 

エメラルファイト 5本(美南W3本/美坂2本) B
中間の内容は悪くないが、皐月賞を右前脚の捻挫で回避した影響はありそう。その後は慎重に立ち上げられている感じだし、強めの内容はこなせていない。この馬は調教はかなり動けるタイプだし、中間も良い内容を消化してくるタイプ。良い時と比べると物足りないし、最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

 

 

 

クラージュゲリエ 4本(栗CW1本/栗坂3本) A
中間の内容は悪くない。良い時と比べても動きに活気が戻ってきた印象を受けるし、1週前追い切りもサトノルークス(三オープン)とハイレベルな併せ馬を消化出来ている。他の皐月賞組と比べ乗り出しは遅いが、負荷はしっかりかけられている。最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

サトノルークス 4本(栗CW2本/栗坂2本) A
中間の内容は悪くない。いつも通りのこの馬の調整過程が出来ているし、引き続き前走の状態は維持出来てそうな感じ。前回の1週前追い切りよりも反応は良いし、ハイレベルな併せ馬も消化している点も良い。最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

サートゥルナーリア 6本(栗CW2本/栗坂4本) S
中間の内容は言うことないくらいに濃い内容を消化出来ている。前走後も陣営が余裕残しだったと述べていたように、この調整過程を見れば前回が余裕残しの仕上げだった事がわかる気がする。トラックでも良い動きをするし、終い重点とはいえ坂路でも濃い内容を消化している点はかなり評価したい点。中間は調教でも動くクイーンマンボ(古オープン)やタニノフランケル(古オープン)等を圧倒。すでに仕上がっている感じもするし、最終追い切りで更に良くなれば鉄板の軸か。

 

 

 

シュヴァルツリーゼ 7本(美南W2本/美坂5本) A
中間の内容は悪くない。前走は能力を持て余していた感じもするし、Glレースを経験出来ただけで収穫のあるものだったと思う。この中間はいつも通り好内容の調整が出来ているし、能力全開なら前走以上に走ってきても不思議ないと感じる。1週前追い切りを見る限りまだ幼さが残る馬だが、未知なる魅力という面で最終追い切り次第ではという馬。

 

 

 

タガノディアマンテ 1本(栗CW1本) C
中間の内容はイマイチ。間隔は詰まっているし、臨戦過程からも厳しい戦いを強いられそう。出来は維持するので精一杯だと思うし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ダノンキングリー 3本(美南W2本/美坂1本) A
中間の内容は悪くない。他の皐月賞組と比べるとやや乗り出しが遅れたが、1週前追い切りでビッシリやったので、このひと追いで仕上がりが進めば。最終追い切りの動き次第で。

 

 

 

ダノンチェイサー 3本(栗坂3本) C
中間の内容はイマイチ。間隔が詰まっているとはいえ、軽めの内容が目立つし、負荷はほぼかけられていない。1週前追い切りでキャンターのような内容にもかかわらず、B.アヴドゥラ騎手が跨ったのは好印象だが、前走からの上積みはどうか。最終追い切りで上昇傾向が伺えれば。

 

東京優駿の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

スポンサードリンク

 

トーラスジェミニ 7本(美南W5本/美坂2本) B ◆中間自己ベスト(美南W5F/美南W4Fタイ)
中間の内容は悪くないが、これだけ間隔を明ければ馬も成長するし、自己ベストも必然な気がする。 6F追いで5Fの自己ベストを更新したし、休み明けでも乗り込めているので状態は悪くなさそう。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

 

 

 

ナイママ 2本(美南W1本/美坂1本) C
中間の内容はイマイチ。使い詰めということもあり、前走からの状態を維持するのが精一杯か。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ニシノデイジー 5本(美南W2本/美坂3本) B
中間の内容はまずまず。調教は動くタイプなだけに、やや物足りない印象を受ける。1週前追い切りもマサキノテソーロ(古1000万下)と脚色同じになったし、良い時のラストの伸びは見られなかった。ただ、ビッシリと追われたので、最終追い切りで変わってくれば。

 

 

 

ヒルノダカール 0本 C
中間は中1週ということで時計を出せていない。大きな上積みにも期待は出来ないと思うし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ヒーリングマインド 3本(栗坂3本) B
中間の内容はまずまず。使い詰めでもしっかり追えている点は良いが、いくらかズブさが増してる気がする。これは東京では不安材料になるし、もう少し切れのある動きになって欲しい。1週前追い切りでしっかり追われたので、最終追い切りで軽快さが出てくれば。

 

 

 

マイネルサーパス 0本 C
中間は中1週のため時計を出せていない。ひと叩きされた上積みは見込めそうだし、最終追い切りでグンと良化するようなら。

 

 

 

メイショウテンゲン 5本(栗CW3本/栗坂2本) B
中間の内容はまずまず。前走はもっと良い時計を連発していただけに、今回の内容は物足りなく感じる。大一番を前にお釣りもないような気もするし、最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ランフォザローゼス 6本(美南W2本/美坂4本) B
中間の内容はまずまず。内容は薄いが、本数を乗れているのは良い。時計は平凡なものだったが、ゴーフォザサミット(古オープン)ともハイレベルな併せ馬を消化出来ているし、内容としては悪くない。最終追い切りで更に良くなるようなら。

スポンサードリンク

 

 

 

リオンリオン 3本(栗CW2本/栗坂1本) B
中間の内容はまずまず。前走で調教はそこまで動かない馬と把握したので、評価基準を変更。間隔は詰まっているが、1週前に一杯で追えているのは良いし、このひと追いで更に良くなってくれば。最終追い切りも楽しみ。

 

 

 

レッドジェニアル 2本(栗坂2本) B
中間の内容はまずまず。この馬も間隔が詰まっていながらも、しっかりとした調整が出来ている点は良い。前走から上積みがあるかは疑問だが、最終追い切りで更に良くなってくるようなら。

 

 

 

ロジャーバローズ 5本(栗坂5本) B
中間の内容はまずまず。軽めとはいえ、間隔は詰まっているのにこれだけ乗り込めているのは好印象。1週前追い切りもこの馬にしては濃い内容を消化出来ているし、最終追い切りで更に良くなるようなら。

 

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

【東京優駿 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

東京優駿の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。