【根岸ステークス 2020】 最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アードラー
中間:中2週 F
最終:栗坂 重 併遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、追い切りで動く馬にしてはやや物足りない内容に感じます。動く時はGl馬と互角に動けるくらいですから、今回はそこと比較すると良化の余地を残しているように感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カフジテイク
中間:中5週 B
最終:栗坂 重 単走 一杯 B
中間の内容からみていきますと、中間一頓挫あって乗り出しが遅れているように、順調とは言えない調整過程に感じます。内容も良い頃と比べて見劣りしますし、もう少し動けても良いような気がしています。最終追い切りもそのようなイメージは払拭出来ず、もう少し動けても良いと感じました。終いもいくらか掛かってしまいましたし、良い時とはかけ離れた内容に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コパノキッキング
中間:2ヶ月 B
最終:栗CW 重 単走 強め A ◆自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容からみていきますと、長目を追われているものの時計は遅く軽い内容ですし、昨年の根岸ステークス時の方が中間に消化している内容は良かったと思います。最終追い切りは中間とは打って変わって自己ベストが出ましたし、きっちり追ってきたところに好感が持てます。終いまで軽快なフットワークでしたし、無理して出した感じはなく、手応えに余裕もありましたから評価できます。手前もスムーズに変わりましたし、昨年の同時期よりも競馬の幅が出ていますので、連覇の可能性もあると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サングラス
中間:中2週 A
最終:栗坂 稍重 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週にしては攻めた内容が消化できていると思います。前走以上の状態にあると思いますし、このひと追いで更に良くなってくるようなら楽しみです。最終追い切りはそこまで見映えする動きには映りませんでしたが、時計は2週続けて出ていますし、この馬なりには水準の出来にあるとみています。ただ、良い時はもう少し動いてきますし、良化の余地を残しているようにも感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマートアヴァロン
中間:中2週 F
最終:栗坂 重 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、時計は遅いですが、いつも通り動けていると思いますし、この馬なりに仕上がりは良いとみています。近走の良い出来はキープできていますし、重賞でも崩れずに走れるだけのポテンシャルは秘めていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダノンフェイス
中間:中2週 A
最終:栗坂 重 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中2週にしては攻めた内容が消化できていると思います。大きな上積みはないにしても、高水準で良い仕上がりにあると思いますし、最終追い切りも非常に楽しみです。その最終追い切りですが、変わらず動きは良いですし、引き続き好調を維持していると思います。東京1400mは向いていると思いますし、武蔵野ステークスのような走りができればここでもチャンスはあるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーオージーニアス
中間:2ヶ月 A
最終:栗坂 重 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、トラック中心で好内容を複数本消化できていますし、ここに向けて順調に仕上がりが進んでいる印象を受けます。攻め馬では動くタイプではありますが、久々でも良い内容を消化している点は好感が持てます。最終追い切りはかなり良く映りましたし、状態は更に上がっているようにも感じます。1400mへの対応が鍵になりそうですが、そこをクリアさえしてくれれば好勝負できる出来にあるとみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーオーヘリオス
中間:中2週 F
最終:栗坂 稍重 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、時計も目立ちませんし、追ってからの反応もまずまずです。前走時は中間で51秒台の良い時計が出ていましたが、今回は間隔が詰まっているため軽めの内容しか消化できませんでしたし、前走時の出来はキープしているものの、大きく変わってくる印象はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドリームキラリ
中間:2ヶ月半 C
最終:栗CW 重 併遅れ 一杯 B
中間の内容からみていきますと、本数も少なく内容も薄い、この馬らしくない調整過程だと思います。まだ良化の余地を残している印象ですので、1週前追い切りでどこまで上向いてくるか注目していきたいです。最終追い切りも反応は鈍く、良い時と比較すると物足りない動きに映ります。トラックより坂路の方が動くので、そちらにフォーカスを当てても良化途上に感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノボバカラ
中間:中4週 B
最終:栗坂 稍重 併遅れ 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路で動く馬にしては平凡な内容が目立ちますし、特に強調する内容は消化できていません。最終追い切りも坂路でかなり動いてくる馬としては足りない内容に映りましたし、前走時の方が動けていた印象です。1400mはやや長い気もしていますし、現状でどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルベアイリーデ
中間:中2週 A
最終:栗坂 重 単走 一杯 A+
中間の内容からみていきますと、中2週にしては攻めた内容が消化できていると思います。坂路で楽に良いラップを描けていますし、気配としては前走以上とみて良さそうです。最終追い切りも好内容を消化しておりまして、終いのラスト2Fのラップもかなり秀逸です。東京1400mは向いていると思いますし、人気薄でしょうから、ここは楽しみにしている1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッキーワイルド
中間:2ヶ月半 A
最終:栗坂 重 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、併せ馬の質も高いですし、時計も高水準ですから、評価して良いと思います。元々時計は出るものの、動く併走馬には見劣るタイプですので、併せ馬の遅れというのはそこまで気にしなくて良いと思います。最終追い切りは中間でしっかりとやっている分、終い重点にはなりましたが、動きは迫力十分で好仕上がりにあるとみています。しっかりとした脚取りで駆け上がりましたし、東京の長い直線は合いそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モズアスコット
中間:2ヶ月半 A
最終:栗坂 重 併同先 強め A
中間の内容からみていきますと、坂路で動くタイプらしく非常に良い内容を消化できています。しかし、追い切りは毎回動くものの、この馬は典型的な叩き良化型タイプですので、ダート替わりが相当良い方へ振れなければ、今回も抑えに置く程度で構わないのかなと思います。最終追い切りは悪い動きではないのですが、まだこの馬にしては本調子にはない内容だったと思っています。間隔が空きましたが、ダートに替わって現状どこまでやれるかだと思います。人気薄なら抑えても面白そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨシオ
中間:中1週 F
最終:栗坂 稍重 併遅れ 一杯 B
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、前走の方が動けていたように映りますし、そこまで上積みがあるような内容とは思えません。距離も1200mが合っているとも思えますし、東京では相性も良くないですから、現状でどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワイドファラオ
中間:2ヶ月 A
最終:栗坂 重 併同入 強め A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で共に好内容を消化できている点に好感が持てます。58.0kgはかなり気になるものの、良い仕上がりでは出走できそうです。最終追い切りも動きは良く、状態は高いレベルにあるとみています。近走の中では上位の仕上がりにあると思いますが、斤量と相手関係が気になります。舞台設定は良いと思いますので、仕上がりの良さを生かしてどこまでやれるか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンダーリーデル
中間:2ヶ月 A
最終:栗坂 重 併同入 強め A
中間の内容からみていきますと、時計も出せていますし、負荷もしっかりかけられていると思いますので、ここに向けて良い仕上がりにあるとみています。武蔵野ステークス時は調子も良かったと思いますから、そこと比較して今回はどうなのかというところをしっかり見定めていきたいです。最終追い切りは伸びを欠きそうになってから、再度渋とく脚を伸ばして同入を果たしましたし、引き続き状態は維持できていると思います。舞台も適性の高い舞台だと思いますので、展開次第では当然浮上してくる1頭だと思います。

※無断転載禁止

スポンサードリンク

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

 

「YouTube バナー」の画像検索結果

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

スポンサーリンク

投稿者: 優太の追い切り考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。