【産経賞オールカマー 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎ダンビュライト
今週も淡々と逃げる馬がいるので、セントライト記念の様な展開になって欲しいと期待しつつ予想している。そこで浮上するのがダンビュライト。この馬の中山実績は1-0-2-0と馬券外になったことはなく、全て重賞という点からも中山巧者ぶりが伺える。中間、最終追い切り合わせて10本の坂路調教を消化。中間の内容も良かったし、最終追い切りは自己ベストも更新した。音無調教師は「もう大きな成長はどうかと思うがAJCCくらい動ければチャンスはある」と言っていたが、自己ベストを更新してるので調子は良いこと間違いないし、成長はしてると感じる。この馬は終いでモタつく面を見せる時があるが今回は終いの脚も軽快で好調ぶりをアピール。他馬の有力馬が緩い仕上げの中、こちらはキッチリ仕上がってるし、鞍上も武豊J。先週の中山は稍重でサンデーとキングマンボの配合が良く馬券になってた。今週も馬場は良くはなさそうなので、決め脚勝負にはなりにくいとも感じるし、好位で競馬が出来、道悪もこなせるこの馬に期待したい。

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です