【産経賞オールカマー 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

ゴールドアクター 美浦 南W 稍重
2頭併先 67.6-51.8-37.9-13.1 馬也 A
徐々に復調してるようにも見えるが、昨年の宝塚記念の時の動きと比べると、もうワンパンチ足りない気もする。好時計は好時計なのだが、併走馬と並んだ後が物足りない感。

マイネルフロスト 美浦 南W 稍重
単走 69.8-54.8-40.3-13.3 馬也 B+
動きは平凡で引き続き調子は維持してる感じ。馬券に必ず入れたいというほどの魅力はない。

マイネルミラノ 美浦 南W 稍重
単走 71.5-55.6-40.2-13.2 馬也 A
動きは毎回良いので、過大評価はしないが、今年のAJCCも3着だし、このコースは適性があると思うし、展開が向けば連下まで。

ブライトバローズ 美浦 南W 良
単走 54.4-39.7-13.2 馬也 B
良くも悪くもない。平凡な動きだし、能力的にどうか。

ショウナンバッハ 美浦 南W 良
単走 53.4-38.1-12.7 馬也 A
今回も鋭い伸びを見せ、良い出来にありそうだが、個人的には前走の最終追い切りの方がなお良く見えた。今回はメンバーレベルも上がるし、展開がハマれば馬券圏内といった感じか。

レイデオロ 美浦 南W 良
3頭併入 69.4-53.8-39.9-13.3 G前追 B+
悪くはないが、秋1番の目標はJCとかだと思うし、海外帰りの休み明けで藤沢厩舎がしっかり仕上げてくるはずがない。ここは抑えまでか。

スポンサードリンク

ブラックバゴ 美浦 南W 良
単走 69.5-53.4-38.1-12.7 G前追 A+
体全体を使い、大きな迫力のある動き。1度使った上積は見込めるし、ここは馬券に入れたい1頭。

ミライヘノツバサ 美浦 坂路 良
単走 53.1-39.1-25.8-12.6 G前追 B+
長期休養明けだが、馬はまだ5歳だし、やれる力はある。中間の内容も悪くないし、最終追い切りも及第点なので、ヒモまで。

アルアイン 栗東 坂路 良
2頭併入 52.4-38.3-24.7-12.2 馬也 B+
アルアインは毎回調教は動く方なのだが、中間から見ても、今回は普段よりかは動いてない印象。いつもと調整パターンが違うのも気になるし、ここは秋のGl戦線へ向けたソフトな仕上げか。

ガンコ 栗東 坂路 良
単走 52.6-38.0-24.4-12.0 G前追 A+
中間も良い内容だし、最終追い切りも良い動き。初戦から勝負になりそう。

ダンビュライト 栗東 坂路 良
2頭併先 50.2-37.2-24.7-12.7 G前追 A+
ダンビュライトは良い時と悪い時があるが、今回は良い動き。時計も良いし、動きに素軽さもある。中山は合うし、ここは是非馬券に組み込みたい。

エアアンセム 栗東 坂路 稍重
単走 53.1-38.3-24.7-12.2 馬也 A+
とても良い動き。状態も前走維持、それ以上といった感じ。しかし、このレースの高齢馬の成績が良くないのが引っかかる。馬券では買いたいが、軸までというと少し厳しいか。

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です