【皐月賞 2019/本命馬】

スポンサードリンク

【皐月賞 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

【皐月賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらから

【皐月賞 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらから

【皐月賞 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

今週の注目馬はこちらをクリックして閲覧出来ます!
クリックで私の順位も上がりますので覗いていってもらえると嬉しいです!

 

◎10.シュヴァルツリーゼ
まだ底知れぬ魅力を秘めており、持っているポテンシャルは相当高いと感じるこの馬を本命に。今回の皐月賞はサートゥルナーリアという怪物が1頭いるわけだが、その他を見てみると割と横一線という印象を受ける。その中でもシュヴァルツリーゼのポテンシャルには惹かれるものがあった。新馬戦は伸び方が1頭だけ別次元だったし、その走りからはかなりの余裕も感じられた。前走の弥生賞は馬場が悪い中でのレースだったが、スタート直後に挟まれてしまい、直線では荒削りな面をもろに出してしまった印象を受ける。ロスや不運が重なってあの着差だし、馬場が悪い中でも最後まで良く脚を伸ばしたなと思う。この馬は跳びが大きいので、道悪は応えたと思うし、直線はブレイキングドーンに寄られビックリしてしまい、外へ膨れてしまったのもロスになった。そう言った面も今回の最終追い切りで3頭併せの真ん中を走らせた事で解消されれば良いと感じる。道悪は跳びが大きいので脚を滑らせるので良くないとは思うが、馬場的にはパワーを必要とする馬場が合っているように感じる。今日の中山の芝レースは欧州血統が良く来ていたイメージがあるし、血統的にも後押しになると思う。今回は前に行くという馬がハッキリしていて、尚且つスタミナを生かす競馬をしたいという馬も複数頭いる事から、前には厳しい展開になると想定している。となると、長く良い脚を使えるタイプが良いと思うし、今日の中山の芝コースでも差しが決まっていたように、後ろで脚を溜めれるタイプが良いと感じた。前走の走りを見ても、良い脚を使うし、ロングスパートにも対応出来るタイプにも感じる。調教を見ても乗り難しいタイプには感じるが、レースに行けば折り合いの心配はないし、続けて跨る鞍上も前走や中間の調教で馬のクセを掴んでくれていると思う。休み明けで馬体も絞れ、調教の動きからも上積を感じられる今回は、前走以上のパフォーマンスに期待したい。

スポンサードリンク

 

 

【皐月賞 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

【皐月賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらから

スポンサードリンク

【皐月賞 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらから

【皐月賞 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

今週の注目馬はこちらをクリックして閲覧出来ます!
クリックで私の順位も上がりますので覗いていってもらえると嬉しいです!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。