【皐月賞 2020】中間追い切り評価

【中間追い切り評価[2020]】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終追い切り前までの追い切りを独自で評価しています。

是非最終追い切り前の予習としてご覧下さい。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカンシード
中間:中3週 B
最終:
中間の内容からみていきますと、中3週にしてはしっかりと乗り込まれている印象はありますが、攻めはもう少し動ける馬だと思いますので、良い頃と比較するとまだ物足りないと感じるのが現状です。もっと動けると思いますし、最終追い切りでどこまで良化してくるかが鍵になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウインカーネリアン
中間:中2週 A
最終:
中間の内容からみていきますと、中2週にしてはしっかりと乗り込まれています。こなしている内容にはまだ良くなる余地が残されている印象ですが、もうひと追いありますので、最終追い切りでどこまで良くなるのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴェルトライゼンデ
中間:中3週 A
最終:
中間の内容からみていきますと、こなしている内容自体は悪くないものの、前走の1週前追い切りの方が迫力があったような気がしています。もちろん水準の動きは出来ているのですが、この馬の良い時と比べるとまだ良くなる余地が残されていると思いますし、あともうひと追いありますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガロアクリーク
中間:中3週 A+
最終:
中間の内容からみていきますと、相変わらず動きは良く、前走の出来を保てている印象です。1週前追い切りもジョッキーを背に俊敏な反応を披露しましたし、最終追い切り前にこれだけ動けていれば十分だと思います。距離延長がどうかですが、状態は良いと思いますので、どこまでカバー出来るかだと思います。最終追い切りも注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キメラヴェリテ
中間:中3週 A
最終:
中間の内容からみていきますと、坂路主体ではありますが、こなしている内容自体は悪くないです。とはいえ、坂路主体の馬は過去5年で馬券になっていませんから、調整の適性は低いかもしれません。まだ良くなる余地が残されていると思いますので、もうひと追いでどこまで状態が上向いてくるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスタルブラック
中間:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:
中間の内容からみていきますと、ジョッキーがつきっきりで追い切りに跨っているという点に好感を持っています。この馬の素質を買っている証だと思いますし、ここに向けての陣営の気合なんかも伝わってきます。こなしている内容も良く、トラックと坂路併用で良い内容を消化出来ていますし、現状でもとても良い仕上がりにあると感じています。1週前追い切りの反応なんかも凄く良く映りましたし、自己ベストも更新していますから、休み明けでも問題ない仕上がりにあると感じています。あともうひと追いありますから、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルテジア
中間:2ヶ月半 A
最終:
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれていますし、いつも通りの調整が出来ていると思います。かなり良いとまでは言えませんが、この馬なりに順調というイメージですから、最終追い切りでもう一段階上の動きを披露してくれるようなら楽しみが広がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コントレイル
中間:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベストタイ(栗CW6F)
最終:
中間の内容からみていきますと、攻めは地味なタイプなので、動き自体がモッサリしている事は気になりません。1週前追い切りもこの馬なりにしっかりやれていますし、時計も自己ベストタイという事で、状態の良さが窺えます。ホープフルステークス以来の実戦にはなりますが、現状でも力は出せる出来にあると感じていますし、仕上がり自体は悪くないと思っています。最初にも言いましたが、攻めは地味な馬なので、これくらいで良いと思いますし、あとは最終追い切りでどれだけ上昇してくるのか注目して見ていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノフウジン
中間:2ヶ月 C
最終:
中間の内容からみていきますと、間隔が空いているにもかかわらず、軽めの内容が目立ちます。G1に出走するにあたり、この内容では少し物足りなく感じてしまいますし、もう少し負荷をかけてきて欲しいというのが本音です。攻めは良い動きをする馬なので、最終追い切りでは本来の動きを披露して欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノフラッグ
中間:中5週 S ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:
中間の内容からみていきますと、皐月賞へ向けてかなり気合の入った調整が出来ていると思います。弥生賞から中5週ですが、ビシバシ追い切りを消化出来ていますし、時計、動き共に申し分ない状態だと思います。トライアルレースを使っているため、そこまでやらなくても良いとは思うのですが、ここへ直行してくる馬達よりも濃密な追い切りを消化出来ていますし、まずはここに全力投球というイメージはあります。1週前追い切りの動きも抜群でしたし、併走馬を子供扱いでした。このひと追いで態勢は整ったと思いますし、最終追い切りはここまでしっかりやってはこないと思いますが、注目して見ていきたい1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サリオス
中間:4ヶ月 A+
最終:
中間の内容からみていきますと、まだ調整のギアが上がり切ってはいないイメージですが、高水準ですし、最終追い切りまでには良い仕上がりにはなりそうです。この馬の特徴上、2週前追い切りから調整のピッチがグンと上がるのですが、今回の2週前追い切りはそこまで派手には映らず、1週前追い切りでようやく派手さが増してきたといったところでしょうか。1週前追い切りの動きはとても良かったのですが、ここが本当に獲りにきているレースなのかと言われると、現状では正直疑問を抱いています。こういった事態にもかかわらず、レーン騎手を手配している点は好材料だと思うのですが、万全の出来に持っていけるかが鍵になってくると思いますので、最終追い切りまでしっかり見ていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダーリントンホール
中間:2ヶ月 A+
最終:
中間の内容からみていきますと、長めを入念に乗り込まれていますし、トラックと坂路併用で良い内容は消化出来ています。前走からの出来は維持していると思いますし、1週前追い切りも手応え抜群で良い動きでしたから、ここに向けて良い仕上がりには持っていけそうです。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようならば楽しみは広がると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディープボンド
中間:中1週 F
最終:
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テンピン
中間:4ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:
中間の内容からみていきますと、中間に一頓挫はあったものの、立て直して良い調整過程を歩めています。攻めはこの馬なりに動けていますが、キャリアが浅く、追い切りとレースの関係性がまだ鮮明ではない点からも、評価が難しい馬ではあります。とはいえ、攻め馬では動くタイプだと思っていますから、最終追い切りでは過剰に評価はしないように気を付けて見ていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビターエンダー
中間:2ヶ月 A
最終:
中間の内容からみていきますと、攻めは動くタイプらしく、良い調整過程を歩めいてます。ウッドチップコース中心というのも良いですし、前走からの出来は保てていると思います。ジョッキーが念入りに追い切りに跨っているという点も好感が持てますし、2週続けてしっかりと負荷をかけられていますから、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックホール
中間:中5週 A ◆中間自己ベスト(美坂)
最終:
中間の内容からみていきますと、坂路中心というのはこのレースにおいてあまり良くはないのですが、自己ベストも更新出来ていますし、状態の良さは伝わってきます。とはいえ、個人的には前走が中々の仕上がりだったと思っていますので、大きな上積みはどうかと思っています。最終追い切りでもう一段階ギアを上げてこれるのであれば楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイラプソディ
中間:2ヶ月 B
最終:
中間の内容からみていきますと、長めを意欲的に追われている点は好感を持っていますが、動き自体はまだ良化の余地を残している印象を受けます。1週前追い切りなんかも、割とビッシリと追われていましたが、良い頃と比較しても物足りない動きに感じてしまいましたし、良化途上の感は否めません。この馬自身トリッキーな中山は合わないイメージもありますし、広いコースで格の高いダービーを目標にしている気もしなくもないですので、その点も加味しながら最終追い切りも見ていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラインベック
中間:2ヶ月半 A
最終:
中間の内容からみていきますと、しっかりと乗り込まれていますし、こなしている内容悪くはないので、前走以上の出来にはあると感じています。とはいえ、1週前追い切りでは格下の相手に遅れをとっていましたし、良化の余地は残されている印象です。レースでも安定感はありますから、出来の良さを生かしてG1でも善戦出来るだけの力は兼ね備えていると感じます。あともうひと追いありますから、そこでどれだけ上向いてくるのか注目して見ていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レクセランス
中間:中6週 B
最終:
中間の内容からみていきますと、長めを意欲的に追われている点は好感が持てます。トラックと坂路併用で乗り込まれていますし、前走時の出来を保てている印象です。とはいえ、1週前追い切りには攻め駆けするタイプとしては物足りなさを感じましたので、評価はそこまで上がらずといった感じです。3連勝したレースはいずれも追い切りでは抜群に動けていましたので、そこと比較すると上向いた感じはしないというのが本音です。最終追い切りでどこまで上向いてくるのか注目です。

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

※無断転載禁止

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

タイトルとURLをコピーしました