【皐月賞 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皐月賞出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカンシード
中間:中3週 B
最終:栗CW 稍重 併せ先着 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、中3週にしてはしっかりと乗り込まれている印象はありますが、攻めはもう少し動ける馬だと思いますので、良い頃と比較するとまだ物足りないと感じるのが現状です。もっと動けると思いますし、最終追い切りでどこまで良化してくるかが鍵になりそうです。その最終追い切りですが、この馬なりに動けてはいるものの、近走の出来と比べるとやや見劣る印象を受けました。自己ベストは出ましたが、ウッドチップコースではもう少し楽に動ける馬だと思いますし、ここ目標に作られているとはいえ、良化途上という可能性もあるかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウインカーネリアン
中間:中2週 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 B
中間の内容からみていきますと、中2週にしてはしっかりと乗り込まれています。こなしている内容にはまだ良くなる余地が残されている印象ですが、もうひと追いありますので、最終追い切りでどこまで良くなるのか注目です。その最終追い切りですが、攻め馬で動く馬らしく、良い動きではありました。とはいえ、この馬の持ち時計を考えると緩んでいるような気もしていますし、使い詰めという事で大きく変わってきた様子は窺えません。ここ目標に仕上がりは悪くないと思いますが、絶好時と比較するとどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴェルトライゼンデ
中間:中3週 A
最終:栗CW 稍重 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、こなしている内容自体は悪くないものの、前走の1週前追い切りの方が迫力があったような気がしています。もちろん水準の動きは出来ているのですが、この馬の良い時と比べるとまだ良くなる余地が残されていると思いますし、あともうひと追いありますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、この馬なりに追い切りでは動けていると思いますし、渋とく良い脚を伸ばせていると思います。とはいえ、個人的には前走の1週前追い切りのウッドチップコースでの動きの方が良く映り、今回に大きな上積みがあるようには感じませんでした。動けてはいるのですが、休み明けの前走の方が良い仕上がりに感じてしまいましたし、その点が1つ気にはなっています。もちろん距離が伸びる点がプラスに働いたり、ひと叩きされて中身が違っている可能性もなくはないですが、動き(表面上)はそこまで変わってきていないという事をお伝えしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガロアクリーク
中間:中3週 A+
最終:美南W 稍重 併せ先着 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、相変わらず動きは良く、前走の出来を保てている印象です。1週前追い切りもジョッキーを背に俊敏な反応を披露しましたし、最終追い切り前にこれだけ動けていれば十分だと思います。距離延長がどうかですが、状態は良いと思いますので、どこまでカバー出来るかだと思います。最終追い切りも注目です。その最終追い切りですが、前走の最終追い切りに引き続き素晴らしい動きでした。時計は前走の方が出ましたが、気配でいうと断然今回の方が良い気がしています。この馬はダービーというよりはここ勝負だと思いますし、調子はピークに持ってこれたのではないでしょうか。馬が自ら走る意欲を全面に出して走っているように私には見えましたし、もう一段階上の動きを披露してきた印象です。今回は1F延長、相手強化が鍵になりますが、この馬もしっかり成長していると思いますし、出来の良さでどこまで走れるのか非常に楽しみにしています。距離さえ克服出来れば、やれる馬だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キメラヴェリテ
中間:中3週 A
最終:栗坂 稍重 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路主体ではありますが、こなしている内容自体は悪くないです。とはいえ、坂路主体の馬は過去5年で馬券になっていませんから、調整の適性は低いかもしれません。まだ良くなる余地が残されていると思いますので、もうひと追いでどこまで状態が上向いてくるかだと思います。その最終追い切りですが、最後まで坂路主体で乗り込まれました。そもそも坂路ではかなり動けるタイプですので、時計、動き共に平均点くらいの内容だったかなと思っています。このレース自体、坂路主体、併せ馬なしという調整方法をとってきた馬は相性がそこまでよろしくないレースですので、その点は不安材料に感じます。個人的には激走した前走が好仕上がりだったと思っていますし、今回は何とかその状態を保っているイメージです。ここに向けて仕上がりは悪くないと思いますが、相手は一気に強くなりますし、自分の競馬に徹してどこまでやれるかだと思います。陣営は逃げないとノーチャンスと言っていますで、おそらくこの馬が展開の鍵を握る可能性が高いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスタルブラック
中間:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美坂 稍重 併せ先着 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、ジョッキーがつきっきりで追い切りに跨っているという点に好感を持っています。この馬の素質を買っている証だと思いますし、ここに向けての陣営の気合なんかも伝わってきます。こなしている内容も良く、トラックと坂路併用で良い内容を消化出来ていますし、現状でもとても良い仕上がりにあると感じています。1週前追い切りの反応なんかも凄く良く映りましたし、自己ベストも更新していますから、休み明けでも問題ない仕上がりにあると感じています。あともうひと追いありますから、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で楽に登坂しました。前走と同じような調整過程を歩めていますし、問題なく仕上がりは進んだのではないでしょうか。1週前追い切りがこの馬にとっての最終追い切りみたいなところもありましたから、当週はサラッと流す程度で十分だと思います。馬也でも終始手応えは抜群に映りましたし、G1に出走するにあたって十分な仕上がりにあると感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コルテジア
中間:2ヶ月半 A
最終:栗CW 稍重 併せ先着 強め A+
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれていますし、いつも通りの調整が出来ていると思います。かなり良いとまでは言えませんが、この馬なりに順調というイメージですから、最終追い切りでもう一段階上の動きを披露してくれるようなら楽しみが広がります。その最終追い切りですが、全体時計はやや遅いものの、終いの反応はこれまで以上にスッと反応出来ていたと思います。どちらかといえばジリジリと脚を伸ばすタイプだと思っていましたが、今回の最終追い切りでは切れも披露してくれましたので、本番が更に楽しみになりました。馬質的にも週末の雨予報は歓迎だと思いますし、馬場が渋ればなお楽しみは広がる1頭だと思いますので、その点も加味して狙える1頭だと感じております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コントレイル
中間:3ヶ月 A+ ◆中間自己ベストタイ(栗CW6F)
最終:栗坂 稍重 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、攻めは地味なタイプなので、動き自体がモッサリしている事は気になりません。1週前追い切りもこの馬なりにしっかりやれていますし、時計も自己ベストタイという事で、状態の良さが窺えます。ホープフルステークス以来の実戦にはなりますが、現状でも力は出せる出来にあると感じていますし、仕上がり自体は悪くないと思っています。最初にも言いましたが、攻めは地味な馬なので、これくらいで良いと思いますし、あとは最終追い切りでどれだけ上昇してくるのか注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、久々を感じさせない良い動きでしたし、ここに向けて悪くない仕上がりにはあると感じます。正直なところ、4ヶ月と間隔が空いているため、その期間成長を促されたと考えれば、もう少し追い切りの時計を詰めてきても良いとは思いました。昨年から意識していたように、やはりこの馬の目指す先にはダービーという目標があると思いますし、そう考えた場合、ここはいくらかお釣りを残すような形をとってくるという想像も出来ます。もちろんホープフルステークスの勝ち方からも、メイチの作りでなくても勝ち切る能力、適性はあると思いますが、あくまでダービー狙いという印象はあります。動きの質が高水準なので、良く映りますが、ここがメイチの作りということはないと思いますし、天気が崩れて馬場が悪くなるのであれば、今回黒土を塗られる可能性もあると考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノフラッグ
中間:中5週 S ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、皐月賞へ向けてかなり気合の入った調整が出来ていると思います。弥生賞から中5週ですが、ビシバシ追い切りを消化出来ていますし、時計、動き共に申し分ない状態だと思います。トライアルレースを使っているため、そこまでやらなくても良いとは思うのですが、ここへ直行してくる馬達よりも濃密な追い切りを消化出来ていますし、まずはここに全力投球というイメージはあります。1週前追い切りの動きも抜群でしたし、併走馬を子供扱いでした。このひと追いで態勢は整ったと思いますし、最終追い切りはここまでしっかりやってはこないと思いますが、注目して見ていきたい1頭です。その最終追い切りですが、最後まで緩むことなく調整され、トータルで見た時に、3強と言われている馬の中では1番皐月賞へ力を入れている調整過程に感じます。2週に渡り濃い内容を消化してきて、それでいて最終追い切りも流さずにしっかりと濃い内容を消化してきた点は高く評価したいです。ここに向けて万全の態勢が整ったと思いますし、本来良馬場が良いとはいえ、前走では道悪にも対応しましたから、本番でどんな走りを披露してくれるのか非常に楽しみにしている1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サリオス
中間:4ヶ月 A+
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、まだ調整のギアが上がり切ってはいないイメージですが、高水準ですし、最終追い切りまでには良い仕上がりにはなりそうです。この馬の特徴上、2週前追い切りから調整のピッチがグンと上がるのですが、今回の2週前追い切りはそこまで派手には映らず、1週前追い切りでようやく派手さが増してきたといったところでしょうか。1週前追い切りの動きはとても良かったのですが、ここが本当に獲りにきているレースなのかと言われると、現状では正直疑問を抱いています。こういった事態にもかかわらず、レーン騎手を手配している点は好材料だと思うのですが、万全の出来に持っていけるかが鍵になってくると思いますので、最終追い切りまでしっかり見ていきたいです。その最終追い切りですが、動き自体は悪くないのですが、皐月賞を狙って作ってきているような動きには映りませんでした。前2走と調整過程を比較して異なる点が、2週前から調整のピッチが上がっていないという点と、最終追い切りが緩んでいる、という2点でして、G1を休み明けで使うにあたり、この内容だと私は物足りなく感じてしまいました。もちろん馬自身は強いですし、前走の内容も高く評価はしているのですが、個人的にはここではなく次走のNHKマイルカップ、または日本ダービーを目標にしているのではないかと感じてしまいます。もちろんこの馬もコントレイルの考察と同様、メイチでなくても勝ち切る能力はあると思いますが、今回隙があるとすればこの点かなと思います。天気が崩れて馬場が悪くなるのであれば、今回黒土を塗られる可能性もあると考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダーリントンホール
中間:2ヶ月 A+
最終:美南W 稍重 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、長めを入念に乗り込まれていますし、トラックと坂路併用で良い内容は消化出来ています。前走からの出来は維持していると思いますし、1週前追い切りも手応え抜群で良い動きでしたから、ここに向けて良い仕上がりには持っていけそうです。あともうひと追いありますので、更に上向いてくるようならば楽しみは広がると思います。その最終追い切りですが、我慢の効いた走りでしたし、追われてからの反応も鋭く映りました。前走も凄く良い動きでしたので、大きく変わってきた様子はないですが、高水準で良い仕上がりにあると感じます。前走から変わりなく順調に来ていると思いますし、ここでも力は出し切れると思いますので、後は馬場が渋ったりすればなお面白くなると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディープボンド
中間:中1週 F
最終:栗坂 稍重 単走 強め C
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、坂路では動くタイプですので、過剰に評価はしたくないです。加えて、G1の最終追い切りに見習い騎手を跨らせている時点でそこまで本気度は高くないと判断出来ますし、体重の軽い見習い騎手が跨ってこの時計ですから、この馬にしては物足りない印象です。現状でこの相手にどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テンピン
中間:4ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗坂)
最終:栗坂 稍重 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、中間に一頓挫はあったものの、立て直して良い調整過程を歩めています。攻めはこの馬なりに動けていますが、キャリアが浅く、追い切りとレースの関係性がまだ鮮明ではない点からも、評価が難しい馬ではあります。とはいえ、攻め馬では動くタイプだと思っていますから、最終追い切りでは過剰に評価はしないように気を付けて見ていきたいです。その最終追い切りですが、攻めでは動くタイプにしては、やや見劣る動きだったように感じます。新馬戦の時の方が動けていた印象ですし、やはりまだ休み明けという感じは否めません。出来としては悪くないものの、それほど目立つ内容も消化できていませんし、現状でどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビターエンダー
中間:2ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、攻めは動くタイプらしく、良い調整過程を歩めいてます。ウッドチップコース中心というのも良いですし、前走からの出来は保てていると思います。ジョッキーが念入りに追い切りに跨っているという点も好感が持てますし、2週続けてしっかりと負荷をかけられていますから、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、この馬なりには動けいてますし、皐月賞に向けては良い仕上がりにあると感じています。津村騎手も最後まで追い切りに跨ってきましたし、ここに向けての気合なんかも感じ取れます。動きの迫力も増してきたように映りますし、力は出せると思いますから、後は馬場が渋ったりすればなお面白くなると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックホール
中間:中5週 A ◆中間自己ベスト(美坂)
最終:美坂 稍重 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路中心というのはこのレースにおいてあまり良くはないのですが、自己ベストも更新出来ていますし、状態の良さは伝わってきます。とはいえ、個人的には前走が中々の仕上がりだったと思っていますので、大きな上積みはどうかと思っています。最終追い切りでもう一段階ギアを上げてこれるのであれば楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で行われて、まずまずの動きを披露しました。格下の併走馬にも2週連続で煽られていましたし、前走から大きく変わってきた印象はありません。これまでウッドチップコース主体だったのにもかかわらず、坂路主体になった点も気になりますし、まだしっかり動き切れていないイメージもあります。初めて最終追い切りに石川騎手が跨らなかったという点も1つ気になる点ですし、前走の方が個人的には仕上がっていたと思いますから、現状でこの相手にどこまでやれるか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイラプソディ
中間:2ヶ月 B
最終:栗坂 稍重 併せ先着 一杯 B
中間の内容からみていきますと、長めを意欲的に追われている点は好感を持っていますが、動き自体はまだ良化の余地を残している印象を受けます。1週前追い切りなんかも、割とビッシリと追われていましたが、良い頃と比較しても物足りない動きに感じてしまいましたし、良化途上の感は否めません。この馬自身トリッキーな中山は合わないイメージもありますし、広いコースで格の高いダービーを目標にしている気もしなくもないですので、その点も加味しながら最終追い切りも見ていきたいと思っています。その最終追い切りですが、相手が攻めで動く併走馬だったとはいえ、格下の馬ですから、手応えで劣勢だったという点は若干割り引きたいです。それに併走馬は舌も出して余裕の手応えでしたので、ラップ、動き、内容共に評価しづらいイメージはあります。皐月賞か日本ダービーか、どっちを狙っているかと言われると、日本ダービー狙いの調整だと私は思っていますし、まだ良くなる余地を残している段階だと思います。それにエンジンのかかりが遅い馬という事で、トリッキーな中山コースは向かないのではと思いますし、持ち味が削がれるイメージもあります。大箱のコースでこそ良さが生きるタイプだと思いますし、調整過程からは強気にはいけない1頭だと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラインベック
中間:2ヶ月半 A
最終:栗芝 稍重 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、しっかりと乗り込まれていますし、こなしている内容悪くはないので、前走以上の出来にはあると感じています。とはいえ、1週前追い切りでは格下の相手に遅れをとっていましたし、良化の余地は残されている印象です。レースでも安定感はありますから、出来の良さを生かしてG1でも善戦出来るだけの力は兼ね備えていると感じます。あともうひと追いありますから、そこでどれだけ上向いてくるのか注目して見ていきたいです。その最終追い切りですが、芝コースで行われ、動きはまずまずでした。前走以上の仕上がりにはあると思いますが、併走馬にもやや煽られ気味でしたし、絶好調かと言われると疑問です。まだ良くなりそうですし、現状でどこまでやれるかだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レクセランス
中間:中6週 B
最終:栗CW 稍重 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、長めを意欲的に追われている点は好感が持てます。トラックと坂路併用で乗り込まれていますし、前走時の出来を保てている印象です。とはいえ、1週前追い切りには攻め駆けするタイプとしては物足りなさを感じましたので、評価はそこまで上がらずといった感じです。3連勝したレースはいずれも追い切りでは抜群に動けていましたので、そこと比較すると上向いた感じはしないというのが本音です。最終追い切りでどこまで上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、時計は詰めれているものの、前走時とはあまり変わらずといった印象です。動きもまだ重さがあり、1週前追い切りから良化した様子はないですし、現状でどこまでやれるかだと思います。右にササる面もG1出走にあたりプラスには働かないと思いますし、多頭数も未経験なのがどう出るかでしょう。

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

中間追い切りBEST4
1位サトノフラッグ
2位クリスタルブラック
3位サリオス
3位コントレイル


最終追い切りBEST4
1位ガロアクリーク
2位コルテジア
3位サトノフラッグ
3位クリスタルブラック

総合追い切りBEST4
1位サトノフラッグ
2位ガロアクリーク
3位クリスタルブラック
3位コルテジア

  

天候が悪くなるということを週中から予想されていましたので、普段ならnoteの方で返信を行うのですが、今週も桜花賞に続きこのような形を取らせて頂きます。
改めまして、皐月賞の記事御購読頂き誠に有難う御座います。
こちらは特典の買ボーダーライン突破馬になります。
是非参考にしてみて下さい。
※日曜日の馬場を見て、多少変更ある場合もあるかもしれません。
その際はツイートにてお知らせ致します。
1.コントレイル
3.コルテジア
5.サトノフラッグ 
11.クリスタルブラック
16.ガロアクリーク
18.ビターエンダー

※無断転載禁止

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

タイトルとURLをコピーしました