【目黒記念 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

【目黒記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

目黒記念の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

 

 

 

 

アイスバブル 15本(栗CW5本/栗坂10本) B
中間の本数こそ多いものの、内容はパッとしない。併せ馬を5回消化して1度も先着出来ていないし、中では未勝利馬に遅れを取ってしまうほど。かなりの負荷をかけられていることで、良化してくれば良いのだが、中々上昇気配が見受けられない。最終追い切りで中身が変わってくれば。

 

 

 

アクションスター 3本(美南W3本) C ◆中間自己ベスト(美南W5F)
中間の内容はイマイチパッとしない。元々栗東所属だったこともあり、この自己ベストはあてにならない。日経賞から間隔は空いたが、負荷をあまりかけれていないし、強調出来るポイントがない。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

アドマイヤエイカン 11本(栗CW6本/栗坂5本) A
調教は動けるタイプだが、この中間はハイレベルな併せ馬に加え、時計も好時計を連発している。状態はかなり良さそうだし、間隔が空いているが仕上がりは順調に進んでそう。この中間はアドマイヤジャスタ(三オープン)や準OPの馬達と良い併せ馬を消化出来ているし、最終追い切りで更に良くなれば。

スポンサードリンク

 

 

 

ウインテンダネス 6本(栗CW6本) B
間隔が空いた割に本数は若干少ない気もする。1週前追い切りでは併せ馬で遅れを取ってしまったし、ズブい面も見え始めている印象。立て直せてはいそうだが、良い頃と比べるとまだ物足りないイメージ。最終追い切りで上向いてくれば。

 

 

 

ケイティクレバー 3本(栗CW2本/栗坂1本) A
中間の内容は悪くない。調教は相変わらず動くし、状態も悪くはなさそう。近走は凡走が続いているが、久々に本数と好内容を重ねている今回は一変もありそう。最終追い切りも楽しみ。

 

 

 

ゴーフォザサミット 5本(美南W3本/美坂2本) B
中間の内容はまずまず。時計は平凡も、ハイレベルな併せ馬を消化出来ているし、順調に仕上がりは進んでそう。1週前追い切りではランフォザローゼス(三オープン)と併せ馬をして同入という内容を消化。日曜日にも併せ馬を消化したし、最終追い切りで更に良くなってくれば。

スポンサードリンク

 

 

 

ソールインパクト 7本(美南W7本) B
中間の内容はまずまず。時計は目立たないが、再三併せ馬を消化し、遅れをとっていない点は好印象。馬也調教が目立つも、それなりに負荷はかけられている印象を受けるし、最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

ダッシングブレイズ 3本(栗CW2本/栗B1本) B
中間の内容はまずまず。良い時と比べると内容が薄い気もするし、負荷も足りてない印象。最終追い切りの内容次第で。

 

目黒記念の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

 

チェスナットコート 3本(栗坂3本) B
中間の内容はまずまず。これといって強調出来る部分はないし、無難に調整が進められている印象。1週前追い切りでまずまずの内容を消化しているので、このひと追いで仕上がりが進めば。最終追い切り次第で。

 

 

 

パリンジェネシス 8本(栗CW7本/栗坂1本) A
ここに向けてかなり濃い内容を消化出来ている印象を受ける。乗り込み量豊富で内容も良いし、負荷もかなりかけられているので、間隔は空いたがキッチリと仕上げて臨んできそう。最終追い切りもかなり楽しみ。

スポンサードリンク

 

 

 

ブラストワンピース 3本(美南W1本/美坂2本) A ◆中間自己ベスト(美南W6F)
中間の内容は悪くない。やや急仕上げ感は否めないが、1週前追い切りで6Fの自己ベストを更新したし、しっかりやったことで仕上がりはかなり進みそう。凱旋門賞も見据えているということで、結果も当然求められる。1週前追い切りの動きも迫力満点だったし、最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

ポポカテペトル 11本(栗CW5本/栗坂6本) A
中間の内容は悪くない。豊富な併せ馬も消化しているし、負荷もしっかりとかけられている。間隔が空いたため、ひと叩きした方が良いのは当たり前だが、力はある程度出せる仕上がりにありそう。最終追い切りの動き次第で。

スポンサードリンク

 

 

 

マイネルヴンシュ 2本(美南W2本) B
中間の内容はまずまず。間隔が空いた割に本数は少ない気がする。急仕上げという感じもするし、ひと叩きされてからの方が良さそう。最終追い切りでどこまで。

 

 

 

ムイトオブリガード 5本(栗CW3本/栗坂2本) A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
中間の内容は良い。1週前追い切りにビッシリと追われて6Fの自己ベストを更新したし、状態はかなり良さそう。負荷も十分かけられているし、最終追い切りで更に良くなれば。

 

 

 

ルックトゥワイス 3本(栗坂2本/栗ポリ/※プール1本) B
中間の内容はまずまず。強調出来る部分はあまりないが、前走時の出来をキープ出来ている印象を受ける。最終追い切りで更に良くなってくれば。

 

 

【目黒記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

目黒記念の中間の内容を見てかなり良いと思えた馬はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。