【目黒記念 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【目黒記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【目黒記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

目黒記念の対抗◯はこちらをクリック(随時更新)

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

 

 

 

 

アクションスター 美南W 重 藤田
2頭併先 68.6-52.8-38.7-12.8 強め B
中間:C ◆中間自己ベスト(美南W5F)
元々栗東所属だったので、中間に出した自己ベストはあまりあてにならないと感じる。とはいえ、鞍上を背に活気ある動きを披露したし、状態は悪くはなさそう。格下馬が相手とはいえ、しっかりと伸びて先着をしたし、状態は悪くはなさそう。

スポンサードリンク

 

 

 

ゴーフォザサミット 美南W 重 木幡育
2頭併入 69.5-53.2-39.4-12.4 強め B
中間:B
最終追い切りはまずまずの内容。良い時と比べるとまだ物足りなさを感じるし、まだ良化の余地を残している。ファストアプローチ(古1600万下)は馬也だったのに対し、ゴーフォザサミットはかなり手が動いていた。あれだけ追ったら先着して欲しかったし、絶好時には至らないイメージ。

 

 

 

ソールインパクト 美南W 重 調教師
2頭併先 69.3-54.0-39.9-13.3 強め A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。馬也で入って、軽く促されるとスッと反応。時計は平凡も良い動きだし、追えばしっかり脚を使いそうな雰囲気がある。中間も濃い内容を消化出来ているし、出来は良い状態を保っているイメージ。

 

 

 

ブラストワンピース 美南W 重 助手
2頭併先 50.9-37.1-12.3 強め A+
中間:A ◆中間自己ベスト(美南W6F)
最終追い切りはこの馬らしい良い動き。この中間は自己ベストを更新しているし、非常に濃密な調整過程を踏めていると感じる。若干本数は少ない気もしていたが、1本1本の内容が濃いため、そこまで気にする必要もなさそう。有馬記念の最終追い切りでは手応えでやや劣勢だったカルヴァリオ(古オープン)相手にも2週続けて先着を果たしたし、最終追い切りを見ても力を出せる出来にあると感じる。凱旋門賞というプランも立っている最中、こんな所で足踏みしていられない。池添騎手もパートナー復活のチャンスをフルに生かしてほしい。

スポンサードリンク

 

 

 

マイネルヴンシュ 美南W 重 助手
単走 54.2-39.3-12.9 馬也 A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。脚取りもスムーズで、バランスの良い走りが目立つ。間隔は空いた割に本数が少なく、急仕上げ感は否めないが、久々も苦にしないタイプ。後は相手のレベルが上がってどうか。

 

 

 

ウインテンダネス 栗CW 良 長岡
3頭併入 83.2-66.1-50.4-36.8-12.0 強め A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。元々時計は出るが、動きは平凡なタイプなので、このくらい動けていれば十分。併せ馬ではナムラミラクル(古オープン)等相手に同入という内容だったが、最後までしっかり長く脚を伸ばして食い下がった点は評価。間隔は空いたがしっかり乗り込めているし、得意舞台で巻き返しに期待。

 

 

 

パリンジェネシス 栗CW 良 助手
単走 81.7-66.7-52.9-39.8-12.4
中間:A

 

目黒記念の対抗◯はこちらをクリック(随時更新)

 

ムイトオブリガード 栗CW 良 助手
2頭併先 81.2-65.5-50.4-37.0-11.6 強め A+
中間:A
最終追い切りはとても良い動き。格下を大きく追走し、終いは大きく突き放すインパクトのある内容。この中間は再三併せ馬を行い、負荷もしっかりと掛けられてきた。前走よりも状態は良いと感じているし、鞍上強化も魅力的。この舞台にも高い適性を感じるし、久々に好走するチャンスが到来した。

 

 

 

アイスバブル 栗坂 良 B.アヴドゥラ
2頭併遅 53.3-39.0-25.1-12.6 強め A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。調教は元々動かないタイプなだけに、これだけ動けていれば合格点を与えられる。見映えは良くないが、レースでは走ってくるタイプだし、この中間もダービーに出走する厩舎の後輩と再三併せ馬をするなど、かなり濃い内容を消化出来ているため、休み明けでも軽視は出来ない。

スポンサードリンク

 

 

 

アドマイヤエイカン 栗坂 良 助手
2頭併入 52.0-37.3-24.3-12.3 一杯 B
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。調教では良い動きをするだけに、この内容は若干物足りなく感じる。坂路で最終追い切りを消化するのは今回が初めてなので何とも言えないが、追われてからの反応もあまり良くなかったように映ったし、まだ良化の余地がありそう。とはいえ、中間の内容は良さげだし、坂路とコース追いだとまた動きが違うのかもしれないので、それは今後の糧にしたいと感じる。

スポンサードリンク

 

 

 

ケイティクレバー 栗坂 良 鮫島駿
単走 56.1-40.0-26.3-13.0
中間:A

 

 

 

チェスナットコート 栗坂 良 坂井
単走 53.3-38.2-24.5-12.1 馬也 A
中間:B
最終追い切りは悪くない動き。時計は平凡も、良いラップを刻んで加速できている。出来は高いレベルで安定していると思うし、仕上がりの良さでどこまで。

 

 

 

ルックトゥワイス 栗坂 良 助手
単走 53.7-38.8-25.1-12.4 強め A
中間:B
最終追い切りはいつも通りのこの馬の動きが出来ている。毎回派手ではないが、コンスタントに良い動きを披露してくれるイメージ。使い詰めでも崩れているとは感じられないし、重賞でも良いパフォーマンスを続けていることからも、この舞台なら好走も十分可能だと見ている。状態は良い意味での平行線。

 

 

 

ポポカテペトル 栗ポリ 良 助手
単走 86.5-68.9-53.2-38.8-12.0 強め B
中間:A
最終追い切りはまずまずの動き。普段はCWや坂路で最終追い切りを消化する馬が、馬場も悪くないのにポリトラックを最終追い切りで取り入れてくる辺りには違和感を感じる。過去にもポリトラックで最終追い切りを行った時があったが、5着に敗れているし、休み明けということで余裕残しの仕上げという可能性も否めない。

 

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

目黒記念の対抗◯はこちらをクリック(随時更新)

【目黒記念 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【目黒記念 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。