【神戸新聞杯 2020】本命馬

【本命馬[2020]】

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]YouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

私自身の本命馬について記載しています。

良ければ参考にしてみて下さい。

 

本命馬について

◎エンデュミオン
今年の神戸新聞杯は中京芝2200mで行われるということで、例年の上がり3F決着というよりは、ラスト4.5F地点から長く良い脚を伸ばしつつ、直線でもその脚を持続させる持久力も兼ね備えている馬がこの舞台にフィットすると考えています。このエンデュミオンは既に2勝クラスを勝てるだけの素質は実証済みですし、その上長く脚を伸ばす必要がある競馬場での実績もあります。4走前にはバビットと差のない競馬が出来ていますし、2走前も古馬相手に好パフォーマンス。前走は完全に位置取りの差が出た印象で、終いの脚はかなり際立っていたと思います。この点からも、上手く噛み合えばこのクラスではやれるだけの馬だと思いますし、3歳馬同士なら、いくらか楽しみを持って挑める馬だと思います。追い切りもこの馬なりに動けている印象で、そう大きくは変わりないと思いますが、高水準で安定というイメージです。何より併用でしっかり濃い内容を乗れているという点が良いですし、1週前追い切りで自己ベストを塗り替えているという点からも、状態の良さは窺えると思います。強い馬は揃いますが、この馬も夏の上がり馬ということで成長著しいですし、癖を知る秋山騎手に戻り、パフォーマンスを上げてくることに期待しています。

 

無断転載禁止

 

✔︎追い切りの基礎を固めるにはこの1冊で十分

最近はTwitterやYouTubeなどのSNS上で独自の見解・考察を発信する人が増えて参りました。競馬界全体が活性化されて大変良いことですよね。こちらは追い切りを独学したいという方に是非おすすめしたい1冊です。私も初めはこの本を買って追い切りについて勉強しました。この1冊だけで大凡追い切りの基礎は固められると思いますし、書いているのは「競馬予想TV!」にもご出演しており、追い切りという分野で名を馳せている井内利明氏ですから、買って損をするということはほぼないと思います。この1冊から吸収して、オリジナリティを出していけば、独自の予想法を構築出来ると思いますので、是非興味のある方は手にとってみて下さい。追い切りに興味のある方は読んで損はないと思います。

▶︎『増補改訂版 競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』の購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました