【秋華賞 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎アーモンドアイ
史上5頭目の牝馬三冠が目前の中、当然本命はアーモンドアイに。桜花賞、優駿牝馬では他の追随を許さない走りで完勝。前走は距離不安と言われていたのも一蹴する走りで高い素質をまざまざと見せつけた。この時点でほとんど勝負付けは終わっていたと思うが、なんと今回、リリーノーブルやマウレア、サトノワルキューレ、ノームコア等が出走を回避し、さらにはラッキーライラックの2つのアクシデントも重なり、秋華賞へ向けて順調な過程を踏めてきているのはこの馬だけではないかと感じる。早い段階で秋華賞直行は陣営が口にしていたし、その部分はあまり気にしなくて良いと思っている。また、他にも遅咲きの上がり馬が数頭出てきているが、勝ちっぷりが良いのは全て格下の条件戦だし、アーモンドアイと比べると流石に見劣ると思う。この馬の牝馬三冠は濃厚と見ているし、次走予定のJCさえも獲ってしまいそうな予感さえする。追い切りも今回は中間の内容から素晴らしく、1週前追い切りも最終追い切りも、かなり良い動きだったと思う。C.ルメール騎手は桜花賞の時点で牝馬三冠を意識させる発言をしていたし、他にも強気な発言が目立つので、ここも相当自信があると感じる。この牝馬三冠が彼女にとってのスタートラインになるように、その瞬間を刮目したい。

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です