【菊花賞 2018/本命馬】

スポンサードリンク

◎エタリオウ
レースが始まる前から大混戦模様の今年の菊花賞。そんな中、本命はエタリオウに。今年の菊花賞はある程度ペースが速い流れになると思うし、ラスト5F~4Fの馬群が動くところでしっかり動ける馬が好勝負すると思っている。私はこの馬自身、かなり操縦性が高いと感じる。未勝利を勝った時や、ゆきやなぎ賞のレースを見てもらえば分かる通り、まくり気味に上がっていくことが可能なので、菊花賞で、かなりの強みになると思う。ここ2戦は、まくるようなレースはしていないが、菊花賞でこそ、その操縦性の高さを発揮する時だと思っている。個人的には後方待機に専念した過去2走も、相当強い競馬をしたと思っている。ダービーは前残りの展開を1頭だけ、0.2秒差まで追い上げてきたし、神戸新聞杯では、まともに競馬をしたのは直線だけ。それでいて、上がりは最速だし、レースでのダメージもほぼないとみている。状態は神戸新聞杯をひと叩きして、だいぶ上向いたと思うし、1週前にしっかり負荷をかけられ、最終追い切りは終い重点でさらっとやる程度。最終追い切りは、ユーキャンスマイルに手応えで劣ったと各紙で書かれているが、鞍上の差とエタリオウ自身、エンジンのかかりが遅いタイプでズブさが出ただけで全く気にする必要はない。京都の下り坂を利用してエンジンをかければ、しっかり最後まで良い脚を使ってくれると思う。他の馬が距離に不安を抱える中、M.デムーロ騎手は距離が伸びても平気と言っているし、今回は展開や枠の並びの恩恵も受けれそう。内に先行馬が殺到したので、内のスペースが空くことが予想される。エタリオウは後ろからいくと思うので、空いたポケットで待機が可能。また、ペースが緩むことはないと思うので、後ろ有利の展開にもなり得る。ピッチが上がるラスト5F~4Fでロングスパートをかければ、かなり良いレースになると思っているし、1勝馬が最後の1冠を取るという偉業を是非成し遂げてほしい。

スポンサードリンク

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です