【菊花賞 2018/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アイトーン 11本
乗り込み量はとても豊富でここへの本気度が伺える。国分恭介騎手が、この中間は付きっ切りで調教に跨っているのも好印象。2000mだとスピード負けするので距離延長はプラスだと国分恭介騎手は言っている。最終追い切り次第では大穴で。

アフリカンゴールド 1本
本数は少な目だが、中2週なので気にしなくて良い。遅咲きのステイゴールド産駒は本当に不気味だし、ここへきて本格化の気配。前走の勝ちっぷりを見ても余裕があったし、ビートブラックやバンデも兵庫特別から馬券になっているので、怖い存在になり得る1頭。最終追い切りの動きには注目したい。

エタリオウ 5本
中間の内容は平凡。1週前追い切りでは、まだ本来の反応の良さが見られなかったので、最終追い切りは注目したい。能力上位は確かだし、M.デムーロ騎手も距離延長は平気と言っているので、この舞台でも良い走りを期待したい。

エポカドーロ 3本
中間の内容は平凡。1週前追い切りでは、良い時の動きには見えなかったので、最終追い切りでその辺りを見極めていきたい。前走はスタートが全てだったと思うし、人気落ちするようならば見直したい1頭。

オウケンムーン 2本
中間の内容はあまり良くない。1週前追い切りでは、コズミックフォースに軽く先着を許してしまったし、この馬の動きとしては物足りない。最終追い切りでどこまで。

カフジバンガード 3本
追い切りは毎回動く馬で、この中間も良い内容を消化している。血統的に、この舞台が合うのかは疑問だし、メンバーレベルもグッと上がるので、厳しいレースになりそう。最終追い切りは毎回良いので楽しみ。

グレイル 3本
いつも中間から良い内容を消化しているイメージだが、この中間は平凡な内容。父は距離延長に適するタイプだが、母父は短距離向きの血統なので、その辺りが未知数。最終追い切りの動き次第。

グロンディオーズ 3本
中間から非常に良い内容を消化している。鞍上や血統も魅力的だし、このメンバーなら馬券に絡んでもおかしくないと思っている。ただ、美浦所属の馬の相性が悪いレースなので、その辺りが心配。最終追い切りは非常に楽しみ。

グローリーヴェイズ 5本
中間の内容は良い。母父は短距離血統なので、距離が持つか不安。最終追い切り次第。

コズミックフォース 2本
中間は本数がやや少ないものの、内容は良い。1週前追い切りでは、オウケンムーンを馬也で余裕の先着。キングカメハメハ産駒は、この舞台であまり好走しないので、血統面からみると見送りたい1頭。

ゴールドフラッグ 5本
ゴールドシップと同血統だが、能力は大違い。除外対象だし、もし出てきてもさすがに買えない。

スポンサードリンク

ジェネラーレウーノ 3本
セントライト記念は中間、最終追い切りの内容が良くて本命にしたが、今回は前走の中間の内容よりかは若干見劣る。決して悪くはないが、前走の方が良かった感は否めない。中山の2200mは適性バッチリだったが、3000mに延長しても適性があるかと言われると疑問。抑えまでか。

シャルドネゴールド 5本
中間の内容は平凡。だが、血統的にも魅力的だし、人気薄なら穴で抑えたい1頭。最終追い切りも楽しみ。

ステイフーリッシュ 3本
中間の内容は平凡。京都の外回りで重賞勝ちもあるし、血統的にも距離延長は大丈夫そう。1度使われて上積もあると思うし、鞍上も重賞を勝った時と同じ藤岡佑介騎手へ戻るのは好材料。最終追い切りの動き次第。

タイムフライヤー 3本
前走の中間の内容とは打って変わって、今回の中間の内容は平凡。この馬は神戸新聞杯でガチガチに仕上げてだと思うし、ここは他の馬に比べると上積も少ない気がする。最終追い切りの動き次第で抑えまで。

ドンアルゴス 1本
中間の内容は平凡だが、中2週のため、このくらいで良い。おそらく除外対象だが、ドリームジャーニー産駒なので、個人的には抑えたい1頭。

フィエールマン 5本
中間は良い内容を消化している。距離さえこなせれば能力的にも引きを取らないと思うし、このメンバーでもやれそう。ローテーションや血統面は気になるが、最終追い切りの動き次第で。

ブラストワンピース 5本
中間は良い内容を消化できている。新潟記念を前哨戦に使う変則的なローテーションも、意図的なものなので気にならない。ただ、明らかに中距離血統なので、その辺りの方が気になる。ただ、能力は世代屈指のモノを兼ね備えているし、最終追い切りも注目したい。

メイショウテッコン 2本
中間の内容は悪くない。レースに使われる毎にどんどん良くなっているイメージ。この馬のレースを見る限り、かなりの勝負根性を兼ね備えていると思う。前走は余裕残しの仕上げで、ワグネリアン、エタリオウ等と対等に戦えているので、距離が伸びれば、その差は逆転可能とみる。最終追い切りは非常に楽しみ。

ユーキャンスマイル 8本
中間の乗り込み量は豊富だが、内容はイマイチ。鞍上は長距離が上手な武豊騎手だが、こちらもキングカメハメハ産駒ということで、相性の悪い舞台。とはいえ、8年前にローズキングダムでキングカメハメハ産駒でも2着に持ってきているワケだから、何があるかわからないと感じる。能力的に足りるかどうかだが、最終追い切りは注目したい。

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です