【菊花賞 2018/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

グローリーヴェイズ 美浦 南W 稍重
2頭併先 84.6-68.6-53.8-38.6-12.7 G前追 B
追い切りの動きは悪くない。血統的にこの舞台はどうかと思うし、騎手の乗り替わりも不安要素。美浦所属だし、前乗りもしていないので、見送りたい。

グロンディオーズ 美浦 南W 稍重
3頭併先 64.8-50.1-36.6-12.5 G前追 A+
中間から最終追い切りまで素晴らしい調整過程を踏めているように感じる。距離は問題なさそうだし、出来も良いが、美浦所属というのが気になる。しかし、能力はありそうなので、軸までとは言わないが、重めの印を打ちたい。

フィエールマン 美浦 南W 稍重
2頭併先 68.0-53.0-38.6-12.6 G前追 A+
仕掛けられると鋭く反応。美浦所属は気になるものの、距離さえ持てば十分勝負になりそう。

ブラストワンピース 美浦 南W 稍重
3頭併先 67.3-51.0-36.9-12.5 馬也 A+
菊花賞へ向けて抜かりのない仕上げに見える。能力上位は間違いないし、前走の新潟記念では、古馬を完全に粉砕。ただ、血統面や美浦所属というのが気になるところではある。

アイトーン 栗東 CW 良
単走 84.1-68.0-53.0-39.1-12.3 馬也 A
中間からの乗り込み量も豊富だし、内容も悪くない。最終追い切りは軽めの調整程度だが、動きは軽快で態勢は整った感じ。逃げの成績は良くないので、逃げるなら大きく逃げて欲しい。

アフリカンゴールド 栗東 CW 良
単走 69.7-53.3-38.7-11.7 馬也 A+
最終追い切りは外ラチをいっぱいに回して馬也でも余力はたっぷりだし、前走の勝ちっぷりからみても、ここは楽しみな1頭。是非買い目に入れたい。

エタリオウ 栗東 CW 良
3頭併遅 83.4-67.9-52.7-38.2-11.7 G前追 A+
追い切りはあまり良く見せないタイプだが、この馬としては十分な動き。坂路の方が良く見せるが、CWでも十分合格点を出せる動きだし、仕上がりは上々だと思う。ただ、ユーキャンスマイルに遅れをとったのは不安。厩舎や、若干ズブいところはシュヴァルグランと被るところでもあるし、長い距離が向きそうな今回は買い。

エポカドーロ 栗東 CW 良
2頭併先 69.6-52.8-38.0-11.7 G前追 A+
中間の内容や、1週前追い切りは不安残りな内容であったが、この最終追い切りは素晴らしい動き。この一追いで態勢は整ったと思うし、陣営も自信を持っているように感じる。前走は出遅れが全てだったし、今回はスムーズに先手を取れれば、善戦は可能。操縦性の高い馬なので、折り合いは問題ないと思うが、母父フォーティナイナーは距離という面で少し気になる点ではある。

オウケンムーン 栗東 CW 良
2頭併入 98.6-81.9-66.3-51.7-38.0-12.2 馬也 A
最終追い切りはコズミックフォースと併せ馬を消化。1週前では遅れをとったものの、最終追い切りでは併入できている点は評価できる。美浦所属の馬は成績不振だが、父は菊花賞馬だし、侮れない1頭になりそう。

スポンサードリンク

グレイル 栗東 CW 良
単走 85.0-68.0-52.2-37.4-11.7 G前追 A+
軽く仕掛けられただけで迫力満点な動き。追い切りは毎回動くが、前走以上の出来のように感じる。距離が合うかは未知数だが、長く良い脚を使えるタイプだし、京都コースで重賞勝ちもあるので、期待したい1頭。

コズミックフォース 栗東 CW 良
2頭併入 97.5-81.1-65.6-51.2-37.7-12.2 馬也 A
オウケンムーンと併せ馬を消化。馬也で余力たっぷりの良い動き。美浦所属や血統面が気になるところだし、右回りよりも左回りの方が向いてる。

ゴールドフラッグ 栗東 CW 良
単走 80.8-65.9-52.0-38.5-12.4 馬也 B
今のところ除外対象。黄金血統だが、いくらなんでも能力的に足りない。最終追い切りも平凡だし、見送れる。

ジェネラーレウーノ 栗東 CW 良
単走 50.9-37.0-11.7 G前追 A
今回もとても良い調整過程だが、個人的には前走の方が良いように感じた。ここは所属や距離、血統の壁もあるので、本命を打った前走よりは低めの評価を考えている。

タイムフライヤー 栗東 CW 良
2頭併先 81.3-65.1-50.6-37.6-11.9 馬也 A+
最終追い切りは今回もとても良い動き。血統的には長い距離の方が向きそうな感じがするし、1度叩かれた効果もある今回は侮れない1頭。

ユーキャンスマイル 栗東 CW 良
3頭併先 82.9-67.4-52.5-38.1-11.7 馬也 A+
エタリオウとハイレベルな併せ馬を消化。手応えではエタリオウに勝っていたのが好印象。血統面が不安なところだが、鞍上は淀の3000mを上手に乗りこなす騎手なので、是非抑えたい1頭。

メイショウテッコン 栗東 CW 良
2頭併先 51.9-38.0-12.4 G前追 A+
併せ馬でしっかり先着。菊花賞で、マンハッタンカフェ産駒の成績が不振なのは気になるが、前走はレベルの高い神戸新聞杯で+14kgと余裕残しの仕上げの中、3着と好走。ここはメイチだと思うし、楽しみな1頭ではある。

カフジバンガード 栗東 坂路 良
単走 52.9-37.8-24.4-12.0 G前追 A
毎回追い切りは動く馬なので、この最終追い切りも良い動きをしているが、過大評価はしたくない。能力的にも足りてないと思うし、血統的にこの舞台はどうかと思う。

シャルドネゴールド 栗東 坂路 良
2頭併先 54.1-39.3-24.7-12.0 G前追 B
併せ馬でしっかり先着したし、状態は前走以上のように感じる。血統的にも魅力だし、穴で一考。

ステイフーリッシュ 栗東 坂路 良
単走 54.8-39.8-25.3-12.3 G前追 A
最終追い切りからは、毎回見せていた掛かるような素振りは見られなかったし、動きも上々。血統的に魅力的だし、京都は重賞勝ちのある舞台。叩き2戦目の今回は狙い目か。

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です