【菊花賞 2018/調教考察[1週前追い切り]】

スポンサードリンク

グローリーヴェイズ 美浦 南W 稍重
2頭併遅 83.1-67.3-52.3-37.9-13.0 一杯 B
コーナーを曲がるまでは勢いもあり良かったが、追われてからの伸びがイマイチ。最終追い切りでどこまで変わってくるか。

グロンディオーズ 美浦 南W 稍重
単走 65.3-50.3-36.4-12.5 G前追 A+
追われると、とても力強いフットワークで鋭い伸びを見せた。1週前追い切りとしては、十分過ぎる動き。まだ底を見せてないし、血統的に菊花賞でもやれそう。鞍上はJ.モレイラ騎手だし、美浦所属の馬の成績が悪過ぎるのが気になるが、面白い存在になりそう。最終追い切りも非常に楽しみ。

ジェネラーレウーノ 美浦 南W 稍重
2頭併先 82.3-66.8-52.0-38.4-12.6 強め B
個人的には、前走の方が1週前追い切りの動きとしては良かったかなと思う。セントライト記念はベストな舞台と踏んで本命にしたが、今回は血統的に距離に不安があるし、前走の方が仕上がっていたとすれば、今回は軽視したい1頭。最終追い切りで、どこまで。

フィエールマン 美浦 南W 稍重
3頭併先 68.2-53.2-38.9-12.4 馬也 A+
1週前追い切りの動きとしては非常に良い。馬也でもしっかりと先着したし、迫力も十分。能力は未知な部分があるし、面白い存在になり得る。最終追い切りも楽しみ。

ブラストワンピース 美浦 南W 稍重
2頭併先 81.5-66.9-51.3-36.8-12.4 強め A+
強めに追われて、非常に力強い伸びを見せた。大きなストライドで馬体全体を使って走っているし、前進姿勢も素晴らしいので、1週前追い切りとしては十分過ぎる動き。他の馬もそうだが、今回は距離が鍵になると思う。血統的に微妙なところではあるが、最終追い切りも引き続き期待。

アイトーン 栗東 CW 良
単走 80.5-64.9-50.5-37.2-11.8 強め A
1週前追い切りの動きとしては良く動けている。元々タイムは出せるタイプの馬だし、そこまで評価はしないが、内容としては悪くない。

エタリオウ 栗東 CW 良
2頭併先 96.6-80.8-65.9-51.5-38.3-12.4 一杯 B
早目から一杯に追って、やっとの思いで併走馬に先着した感じ。ハードに追われても反応は鈍く、いつもの切れ味は見られなかった。最終追い切りで、どこまで良くなるか期待。

エポカドーロ 栗東 CW 良
2頭併先 85.8-69.5-55.2-40.6-11.9 G前追 B
良い時と比べると、もうワンパンチ足りない。前走は出遅れが原因だし、最終追い切り次第では、いくらでも見直せる。最終追い切りは期待したい。

オウケンムーン 栗東 CW 良
2頭併遅 85.4-67.9-52.4-38.2-12.4 強め B
コズミックフォースとハイレベルな併せ馬を消化。コズミックフォースの方が頭一つ抜けた動きを披露。よって、このオウケンムーンの動きは少々見劣る形となった。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

カフジバンガード 栗東 CW 良
3頭併先 81.5-64.7-50.4-37.4-12.0 強め A
追われてからの反応がとても良く見えた。毎回追い切りは良く見せてくるので、過大評価はしないが、1週前追い切りの動きとしては十分。ただ、距離の壁が不安。

グレイル 栗東 CW 良
2頭併先 83.3-67.7-52.2-38.1-11.9 G前追 B
追われてからは、しっかりと反応。この馬はもっと動くタイプなので、最終追い切りはもう少し良い動きを期待したい。母父は短距離血統なので、そこは少し心配だが、折り合いさえつけば、京都コースは2戦2勝だし、叩き2戦目の今回は更に上のパフォーマンスに期待できそう。最終追い切りが楽しみ。

コズミックフォース 栗東 CW 良
2頭併先 85.0-67.4-51.9-37.9-12.3 馬也 A+
オウケンムーンとハイレベルな併せ馬を消化。1週前でも十分に動けているし、叩き2戦目の今回は楽しみ。距離延長が鍵になりそう。

シャルドネゴールド 栗東 CW 良
2頭併遅 82.1-66.7-51.7-36.8-11.8 強め A
時計は良いが、併走馬に遅れたのが少し気掛かり。毎回それなりに追い切りで動いてくるし、そこまで評価はしないが、1週前追い切りにしては悪くない。血統的にも、ここはこなせそうだし、最終追い切りも注目。

ステイフーリッシュ 栗東 CW 良
2頭併先 82.7-66.9-52.6-39.3-13.2 G前追 A
一杯に追う併走馬に馬也でついていき、最後はしっかりと先着。1週前追い切りとしては悪くない。京都コースは重賞勝ちがあるし、距離延長も良いと思う。最終追い切り次第。

タイムフライヤー 栗東 CW 良
2頭併先 81.6-66.9-52.0-38.3-12.2 強め A
追い切りは毎回動く馬。今回も1週前追い切りとしてはかなり良いと思うが、前走が、かなり仕上がっている感があったのにも関わらず6着と不甲斐ない成績に終わっただけに、それ以上のパフォーマンスは見込めなさそうだし、今回は上積はあるかと言われると疑問。最終追い切り次第。

メイショウテッコン 栗東 CW 良
2頭併先 81.9-66.4-51.5-38.2-12.0 G前追 A
1週前追い切りでこれだけ動けていれば及第点。最終追い切りで、もっと良くなると思うし、期待したい。

ユーキャンスマイル 栗東 CW 良
3頭併遅 98.1-82.7-66.6-51.5-37.8-12.6 強め B
1週前追い切りの時点では、まだ動きに重さが残っているように感じる。最終追い切りでどこまで。

 

友達追加はこちらから友だち追加

競馬ブログランキングの登録はこちら

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です