【菊花賞 2019/本命馬】

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

優太の調教考察会場の読者会員登録はこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

菊花賞最終追い切り考察へ
菊花賞中間追い切り総評へ
菊花賞1週前追い切り考察へ

 

 

 

 

 

 

◎13.ヴェロックス 川田騎手
クラシック最終戦、ようやく順番が回ってきたと思われるこの馬を本命に推させて頂きます。春先は決して王道ローテとは言えないローテーションで皐月賞2着、ダービー3着と好成績を収めました。皐月賞ではゴール前で勝ち馬から不利を受けながら伸び直す根性を、ダービーでは最後もう1度盛り返すスタミナを見せてくれましたから、負けはしたもののいずれも濃い内容だった事には違いないと思います。今回は夏休みを挟み神戸新聞杯から始動という菊花賞を勝つための王道ローテですし、最後の1冠にかける陣営の本気度が伝わってきます。春の2冠はどちらもレースのタイプが異っていたように、勝たなくとも両方に対応した適応力の高さは評価すべきだと思います。現代の菊花賞はスタミナというよりはスピードや持続力、適応力の高さが求められると思いますから、初距離でもそれらを兼ね備えているヴェロックスは強みになると思っています。調教を振り返ってみても、今回は万全の状態にあるのではないでしょうか。トラックと坂路併用で抜かりない仕上がりにあるとみていますし、1週前追い切り、最終追い切りとしっかり長目を追えた点は非常に好感が持てます。1週前追い切りは追い切りで良く動く相手と並ぶような形でしたが、1週前追い切りでビッシリやったことで最終追い切りの反応面がグンと良化してきましたし、このひと追いで仕上がりは一気に進んだと思っています。その最終追い切りは内目で併せ馬をしていた馬達に道中で1度抜かれているのですが、最後の直線だけでその2頭をまとめて捕らえ切りましたし、それでいて最後まで余力を感じさせる動きでしたから、この内容が1つ大きな決め手となりました。中内田師も会見で『取りこぼさないように仕上げた』と述べておられるように、ここに向けて相当な自信を感じました。春に熱戦を繰り広げたサートゥルナーリア、ダノンキングリー、ロジャーバローズが出ていないのですから、このような発言が出ても不思議ではありません。相手関係を眺めてもここは力が抜けていると思いますし、調教内容や実績、ローテーションどれをとっても文句ないと思っています。また、枠順は外目に入りましたが、かえって良い方へ出るのではないかと思っています。今秋雨の中で開催が進む影響もあり、今の京都競馬場は内目の馬場はあまり良い状態とは言えないです。それに枠の並びを見ると内枠に行き脚のつかない馬が多数並んでいて、外目に先行する馬が上手いこと固まった印象を受けます。そうなると中枠から外枠の馬が最初のコーナーまでに内目を占領する可能性もあると思いますし、そうなると内目の馬より外目の馬が有利に働く菊花賞になる可能性も十分あると思っています。直線も内を回る馬よりは外を通る馬の方が良さそうなイメージはありますし、例年よりは外枠が不利に働かないイメージではいます。クラシック最終戦、1度使われてガス抜きも出来ていると思いますし、リラックスしてリズム良く走る事が出来れば、この馬が最後の1冠を手中に収めるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

調1.ザダル 石橋騎手
調11.シフルマン 松山騎手
調12.レッドジェニアル 酒井騎手
調15.ホウオウサーベル 蛯名騎手

 

 

菊花賞最終追い切り考察へ
菊花賞中間追い切り総評へ
菊花賞1週前追い切り考察へ

 

YouTubeも始めました!

チャンネル登録よろしくお願いします!

スポンサードリンク

優太の調教考察会場のYouTubeチャンネルはこちらをクリック

 

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

スポンサードリンク

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。