【菊花賞 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

優太の調教考察会場の読者会員登録はこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

 

YouTubeのチャンネル登録もよろしくお願いします!

調教評価の依頼はこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

【菊花賞 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらからご覧頂けます!

【菊花賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらからご覧頂けます!

 

 

 

 

 

 

 

カウディーリョ 美南W 良 助手
単走 68.2-53.4-39.5-12.3 強め B
最終追い切りはまずまずの動きでした。時計以上に良い動きには映りませんでしたし、迫力も欠けている印象を受けました。単走という点も好ましくないですし、特に強調したい点もないですから、そこまで高い評価ではないのが本音です。

 

 

 

 

 

 

 

ザダル 美南W 良 助手
2頭併先 53.6-38.4-12.3 強め A
最終追い切りは良い動きです。仕上げのパターンとしては前走と同じような形ですが、今回は中間に6Fから追われている点が加点材料かなと思います。脚元に不安がある馬ではありますが、しっかりと攻めた内容をこなせていますし、輸送前にも4Fからとはいえ、併せでしっかりと負荷をかけられた点は好感が持てます。前走以上の状態にはあると思いますので、うまく立ち回れればチャンスはあると思っています。ひと叩きした効果も見込めますし、関西圏でも同じように走れれば楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

ナイママ 美南W 良 柴田大
単走 69.7-54.7-40.5-12.5 馬也 A
最終追い切りは悪くない動きでした。時計や動き自体は地味ですが、単走で非常にゆったりとした大きなフォームで駆け抜けましたし、これなら3000mも走れそうなイメージは湧きました。この中間も好内容を消化していますし、最後まで柴田大騎手が跨り、直前までコンタクトをとれているという点は好材料だと思います。距離が延びて新味が出れば面白い穴馬になりそうです。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

ニシノデイジー 美南W 良 ルメール ◆自己ベスト
2頭併先 66.1-51.2-38.0-12.6 強め A+
最終追い切りはとても良い動きでした。ルメール騎手が跨ったというのもあると思いますが、非常に良い動きでしたし、1週前追い切りとは打って変わって動きがグンと良くなりました。OPクラスの併走馬も圧倒していましたし、これで態勢は整ったと思いますから、距離さえ持てば好勝負になるとみています。ルメール騎手は大丈夫そうと言っていますし、馬券には入れておいた方が良いかもしれません。1度使われて状態は良さそうですし、噛み合えば1発あっても不思議はないのかなと思います。鞍上の強化は間違いなくプラスに働くと思っていますし、これまで以上に強いデイジーを見れる可能性もあると思います。

 

 

 

 

 

 

 

ヒシゲッコウ 美南W 良 助手
単走 66.9-51.7-37.7-12.6 強め B
最終追い切りはまずまずです。元々追い切りは動かないタイプですし、そこまで追いきりの動きは気にしなくても良いのかなと思っています。併せ馬でも普通に遅れをとるタイプですし、その辺はいつも通りかなと思っています。それよりも気になるのは道中引っかかっていたことで、そっちの方が気掛かりかなと思います。最後までかなり負荷をかけていましたが、これから輸送もあるわけですし、この馬にとってオーバーワークとなっていたらマイナス材料かなと思います。当日のテンションや馬体重、調教後の馬体重なんかは把握しておいた方が良さそうです。能力は高いと思いますし、鞍上で過度に人気しないようなら抑えたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ホウオウサーベル 美南W 良 蛯名
2頭併入 68.8-53.1-38.8-13.3 馬也 A
最終追い切りは良い動きです。輸送もありますし、終いは促す程度でしたが、それでも反応良くしっかり脚を伸ばしました。実質的な最終追い切りは先週の日曜日に行われた模様です。当週はサラッと息を整える程度でしたが、中間にしっかり乗り込めていますし問題ないとみています。とはいえ本格化するのはまだ先の馬だとは思いますし、降級制度もなくなった今、前走の勝ち方を過剰評価するのも禁物かなとも思います。枠順も渋いですし、斤量も増える点からも、今回は先に繋がる競馬が出来れば良いのではないでしょうか。馬券的には抑えまでのイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

ヴァンケドミンゴ 栗CW 良 藤岡佑
3頭併遅 84.0-67.4-52.5-38.5-12.5 一杯 C
最終追い切りの動きはイマイチです。追走する形だったとはいえ、新馬に手応えで劣勢でしたし、遅れをとってしまいました。時計が出ていたわけでもないですし、終いはもう少ししっかり脚を伸ばして欲しかったのが本音です。前走の方が動けていましたし、気配は今ひとつに感じます。

 

 

 

 

 

 

 

ヴェロックス 栗CW 良 助手
単走 85.2-68.4-52.7-38.0-11.5 強め A+
最終追い切りはとても良い動きに映りました。1週前追い切りは稽古で動く相手に煽られ気味で、本番に向けやや不安ではありましたが、最終追い切りではしっかりいつも通りの動きを披露してくれました。前で併せ馬をする馬達を一瞬で抜き去りましたし、素晴らしい瞬発力をみせつけました。道中も上手くコントロールが効いていましたし、最後の1冠に向けて抜かりのない仕上がりにあると思います。枠の並びや当日の馬場コンディション等の問題はあるにせよ、このメンバーなら力は上位ですし、普通に回ってくれば大崩れはないとみています。

 

 

 

 

 

 

 

カリボール 栗CW 良 藤井 ◆自己ベスト
2頭併先 98.0-81.1-66.2-51.5-37.7-12.6 強め A+
最終追い切りはとても良い動きに映りました。格下馬相手とはいえ手応えで圧倒していましたし、鋭く伸びました。中1週でこれだけ攻めれれば十分ですし、ここに向けて態勢は整ったとみています。距離に対応出来れば面白い穴馬になりそうなイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

サトノルークス 栗CW 良 福永
2頭併入 84.4-66.8-52.1-39.0-11.9 強め B
最終追い切りはまずまずの動きです。相手が調教で動く上級古馬相手だったわけですが、この馬も追い切りではそこそこ動くタイプですので、手応えで劣勢だった点は気掛かりではあります。距離延長も歓迎ではない感じですし、前走後から大きく変わった印象はありませんので、自分の競馬に徹してどこまでやれるかという感じだと思います。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

シフルマン 栗CW 良 松山
単走 84.8-68.3-52.9-38.6-11.5 強め A
最終追い切りは良い動きでした。1度使われてグンと良くなったイメージがありますし、上積みがある事は間違いなさそうです。全体時計は遅いですが、終いはこれまで以上にしっかりしてきましたし、この点は好材料かなと思います。前走はこの馬にとって分が悪い瞬発力勝負になりましたし、長く良い脚を要する今回の方が舞台設定としては合っていると思います。前走以上の勝負気配を感じますので、人気薄なら抑えたい1頭です。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

タガノディアマンテ 栗CW 良 助手
2頭併先 84.0-67.4-52.2-38.5-12.0 強め A
最終追い切りは悪くない動きでした。併走馬が新馬とはいえ、手応えに余裕を持って先着出来た点は良いと思います。全体時計からは少し物足りなさを感じますが、動き自体は良いのでここに向けてまずまずの状態にあるとみています。前走を使った上積みもあると思いますし、今の状態でどこまでやれるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ディバインフォース 栗CW 良 荻野琢
2頭併先 83.5-66.9-52.6-39.3-12.2 強め A
最終追い切りは悪くない動きです。大きく先行する形だったとはいえ、最後まで手応えには余裕がありましたし、ゴールを過ぎてから追われてしっかりと反応もしていました。時計的には平凡ですが、動き自体は春先よりもだいぶしっかりしてきたと思いますし、長丁場の方が堅実に走れている点も良いと思います。条件馬という身として現状この相手にどこまでやれるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

メイショウテンゲン 栗CW 良 池添
2頭併先 82.9-67.0-51.8-38.1-12.7 強め B
最終追い切りはまずまずの動きです。普段から追い切りはそこそこ動くタイプですし、この内容では少し物足りなく感じてしまいます。時計も普段より遅いですし、それにしては終いの1F12.7といつもより甘くなってしまった点は気掛かりです。1度使われた上積みは薄そうですし、現状でどこまでやれるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ユニコーンライオン 栗CW 良 岩田康
2頭併先 84.3-67.8-52.5-38.4-11.7 強め A
最終追い切りは悪くない動きです。追い切りは動く馬ですので過度には評価しませんが、いつも通りの動きが出来ていると思います。併走馬は新馬だったとはいえ、しっかりと先着を果たしてきましたし、最後の最後までビッシリ追えた点は好感が持てます。血統的に今回の距離は心配ですが、レースで折り合いを欠くタイプでもないと思いますので、走れなくはないのかなと思います。状態の良さでどこまでやれるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

レッドジェニアル 栗CW 良 助手
2頭併入 88.8-71.3-55.3-40.5-12.2 馬也 A
最終追い切りは良い動きでした。上がりに重点を置いた内容でしたが、併走馬をしっかり圧倒出来ていましたし、前走以上の状態にあるとみています。前走は明らかな切れ負けですし、この馬の持ち味は生きないレース展開でしたので、この舞台替わりはプラスに働くと思いますし、1度使われた上積みもある今回は更なるパフォーマンスの向上に期待が出来そうです。

 

 

 

 

 

 

 

メロディーレーン 栗坂 良
2頭併遅 57.5-41.5-26.6-13.5 強め B
最終追い切りはまずまずです。走りからは力強さを感じませんし、追ってからの反応もイマイチです。元々攻めは動かないタイプとはいえ、物足りない内容かなと思います。全体時計も平凡ですし、終いもこれだと手を出しづらいのが本音です。ただでさえ馬体重が少ないのに、前走から斤量は6kgも増えるわけですから、それを背負って3000mを走るというのは、この馬にとって相当過酷な条件ということは間違いなさそうです。

 

 

 

 

 

 

 

ワールドプレミア 栗坂 良 助手
単走 54.4-39.7-26.0-12.7 強め A
最終追い切りは悪くはないです。最後まで単走続きという点は気になりますし、最終追い切りはいくらか軽い印象を受けますが、馬の脚取りは確かですし、前走時の状態をキープ出来ている印象はあります。前走時の方が権利を獲るため仕上がりは良かった可能性もありますし、1度使われたことにより大きく変わった印象は受けません。素質馬だと思いますが、芯が入るのはまだ先だと思いますし、長距離の上手い名手を背にどんな走りをしてくれるのか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

🏇最終追い切りBEST4🏇
🥇ヴェロックス
🥈ニシノデイジー
🥉カリボール
🥉シフルマン

スポンサードリンク

 

 

【菊花賞 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらからご覧頂けます!

【菊花賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらからご覧頂けます!

 

 

YouTubeも始めました!

チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場のYouTubeチャンネルはこちらをクリック

 

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikirinoteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。