【菊花賞 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して追い切りに関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

おかげさまでチャンネル登録者数17,000人突破しました!

いつも本当にありがとうございます!

優太の追い切り考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

菊花賞2020出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

記事を読んだ後で構いませんので、私の活動を応援して頂ける方は、是非1日1回クリックをお願い致します。

そうして頂ける事で、私のランキング順位が上がります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

※F評価は間隔が詰まっていて時計を出せていない馬、調整が軽くて評価出来ない馬に付けている評価ですので、決して低い評価というわけではないという事をご理解頂ければと思います。

 

最終追い切り後の追い切り考察

アリストテレス

中間:中4週 B
最終:栗CW 良 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、ウッドチップコースで良く動くタイプにしては案外な1週前追い切りだったかなと思いました。もっと動けるのになと思ったのが映像を観ての第一印象でしたので、最終追い切りではその印象を払拭する動きを見せて欲しいと思います。その最終追い切りですが、動きはそこまで悪くはありませんでしたが、特に強調したい点もなくといった感じです。攻めもやれば動くタイプでしょうし、引き続き状態維持に努めているといった印象です。

アンティシペイト(回避)

中間:2ヶ月半 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 良 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、濃い内容が複数本並んでいるように、状態は凄く良いと思っています。週を追うごとに良くなっている印象ですし、長距離適性も十分感じさせる上がり馬です。これに鞍上武豊騎手ですから、そこそこ人気にはなりそうですが、最終追い切りの動き次第では注目の1頭になると思っています。その最終追い切りですが、動きは引き続き良く、態勢は整っているとみています。相手関係や距離はやってみないとわかりませんが、渋とく脚を伸ばすタイプですので、先行出来れば面白い存在になり得ると思います。出来としては近走と変わりなくというイメージです。

ヴァルコス

中間:中4週 A+
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、動き自体はレース同様といった感じですが、長く良い脚を伸ばせていますし、引き続き状態は良いように感じます。前走を使った効果もありそうですし、この舞台替わりもプラスに働くと思っていますから、この馬も最終追い切りの動き次第では注目の1頭になると思います。その最終追い切りですが、時計的には案外ですが、動きそのものは悪くなかったですし、毎回最終追いの坂路でのパフォーマンスはそこまで良くないので、あまり気にしなくても良いのかなとは個人的に思っています。中間にしっかりとやっていますし、距離延長や京都外回りコースに替わる点は良いと思いますから、前走で差し遅れた分を巻き返す余地は十分あると思います。

ヴェルトライゼンデ

中間:中3週 A
最終:栗CW 良 併せ同入 強め B
中間の内容からみていきますと、1週前追い切りの動きからは1度叩いて大幅上昇という感じはしませんでしたが、引き続き良い出来は保てていると思います。ただ、距離が延びるという点は良いと思いますし、コントレイルに何度も食らいついている馬ですから、最終追い切りの動き次第では注目したい存在かなと思います。その最終追い切りですが、併走馬にはわずかに遅れたものの、その併走馬が動き過ぎただけという印象で、この馬自身もそこそこ走り切れていたと思います。前走は中間熱発もあり、スムーズではありませんでしたから、当然今回の上積みは大きいでしょうし、距離は長い方が良いと春先から言われ続けていましたから、コントレイルとの差が詰まっても不思議ない1頭だと思います。ただ、今までで1番良く映ったスプリングステークスの1週前追い切りの動きには及ばずという印象を個人的には抱いていますので、その点がどうでしょうか。

ガロアクリーク

中間:中4週 B
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 B
中間の内容からみていきますと、良い動きを披露していたスプリングステークス、皐月賞時と比べると程遠い走りに映ります。あの時は本当に良く動けていたと思いますし、首の高さも気にならない素晴らしい走りを披露出来ていましたので、そのイメージが今でも頭に焼き付いている分、1週前追い切りの動きは強調出来ないかなと思います。血統的にもこの舞台が向くとは思いませんが、あともうひと追いありますので、どこまで良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、首の高さも気にならなくなりましたし、動きは悪くないのですが、やはり良かった春先と比べると少しだけ物足りない印象です。この馬をスプリングステークスで本命を打っている身としますと、もっと良い仕上がりで出てくる時がくると思いますし、そこで買いたいと思ってしまいます。血統背景から、この舞台設定もどうでしょうか。

キメラヴェリテ

中間:中2週 F
最終:栗坂 良 単走 強め B
中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、前走以上には感じるものの、この馬の絶好時と比較すると物足りないですし、本調子にはないとみています。現状では自分の競馬をしてどこまでといった感じでしょうか。

ココロノトウダイ(回避)

中間:中4週 B
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 B
中間の内容からみていきますと、攻めは常に動きますので、過剰に評価はしません。延長もそこまでプラスに働くイメージが湧きませんし、あともうひと追いでどれだけ状態を上げてこれるかでしょう。その最終追い切りですが、動きは決して悪くないのですが、かなり軽い最終追い切りとなりました。攻めは動くタイプですから、これだけ終いに重点を置けば当然良く動ける馬です。初の関西圏への輸送を気にしているのか、個人的には最後まで攻め切れていないという点が1つ気になる点です。この仕上げ方でどういった走りが出来るのか注目です。



コントレイル

中間:中3週 S
最終:栗坂 良 単走 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、時計的には近走の方が良いのですが、動きそのものに芯が入ったと感じるのは今回が初めてですし、反応、フットワークの軽さは素晴らしく良く映りました。操縦性も追い切りからは問題なく感じますので、3000mという距離にも上手く対応出来る下地はあるように感じます。前走もダメージを最小限に、追い切りのような内容で駆け抜けましたから、上積みも当然あるでしょうし、最終追い切りの動きにも要注目して見ていきたい1頭かなと思います。その最終追い切りですが、時計的には地味ですが、この馬は坂路では毎回こんな感じなので、あまり気にしなくて良いと思います。先週の時点である程度出来上がっていると思いますし、これはこの馬の攻めパターンですから、3冠へ向け好仕上がりと言って良さそうです。

サトノインプレッサ

中間:中1週 F
最終:栗CW 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、終い重点の内容にはなりましたが、動きは良く映りましたし、前走時の出来は保てていると思います。その前走は出遅れて終了でしたし、競馬になっていませんから、乗り慣れた坂井騎手に戻って巻き返しに期待したいです。ダービーの走りからも、この世代なら足りると思いますし、スタートを決めて、折り合いさえつけば上位進出も視野に。

サトノフラッグ

中間:中4週 B ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 良 併せ遅れ 馬也 A
中間の内容からみていきますと、攻めはかなり動く方なので、過剰に評価はしません。攻めの良さとレース内容が釣り合わないタイプなので、過剰人気にもなりやすいですし、今は手を出しにくい馬という印象です。変わらず調子は良いと思いますが、いつもレースでワンパンチ足りないので、今回もその点がどうでしょうか。一応最終追い切りの動きにも注目です。その最終追い切りですが、アーモンドアイと併せて互角に動けた印象です。仕掛ければ並びかけることが出来たと思いますが、そこには目一杯やらないという皐月賞前に学んだ教訓が隠れていると思います。出来自体は引き続き良いと思いますし、見せ場は作れると思っています。

ダノングロワール

中間:中3週 A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 良 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、攻めはかなり動くタイプとはいえ、1週前追い切りの動きは良く映りましたし、引き続き好調をキープしている印象です。この馬も追い切りはデビュー前から抜群だったので、ここにきてようやく身になってきたかなという印象です。どうやら長いところも合っているようですし、最終追い切りの動き次第では注目の1頭になり得ると思います。その最終追い切りですが、終始楽な手応えで駆け抜けました。攻め駆けするタイプとはいえ、状態は良いと思いますし、現状でどういった競馬が出来るのか楽しみです。

ターキッシュパレス

中間:中3週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 一杯 A+
中間の内容からみていきますと、特にこれといった強調する点はないのですが、攻めで地味なタイプにしては攻めれていると感じますし、引き続き状態は良いと思っていますから、中間にしっかりやった効果を最終追い切りで見られればと思っています。その最終追い切りですが、抜群の脚捌きを披露してくれたと思います。当然この中間も個人的にはノーマークで、これまで追い切りでは地味な方でしたから、これだけ動けているということにビックリしています。これなら、と思わせてくれる動きでしたし、ワンチャンスある穴馬なのではないでしょうか。

ディアマンミノル

中間:中1週 F
最終:栗CW 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、使って使って馬が良くなっている印象です。動きや反応、ともに良かったですし、追走ペースがゆっくりになるレースはこの馬に合いますから、この舞台もこなしてくれるのではと期待しています。連勝の勢いもありますし、どの馬にとっても初の距離なら、潜り込めるチャンスはあっても。

ディープボンド

中間:中3週 A
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で好内容を消化出来ています。引き続き状態は良好だと思いますし、走法から距離が延びる点や舞台が替わる点もプラスに働きそうです。まだ奥がありそうですので、最終追い切りで更に良化してくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、踏んだラップはある程度評価出来るものだと思いますが、肝心の動きがもう一息に感じます。もちろん切れる脚がないのは百も承知なのですが、覇気に欠けるようにも映りましたし、特に強調したい点がないというのが正直なところです。能力はあると思いますから、現状でどういった走りを披露してくれるのか、興味深い1頭です。



バビット

中間:中4週 S
最終:栗坂 良 単走 強め A+
中間の内容からみていきますと、1週前追い切りの動きが迫力満点に映りました。デビュー以来初めてCWコースで追い切れたのですが、この点は菊花賞というレースを使うにあたって好感が持てる点です。普段坂路調整メインだった馬が長距離戦でW追いを中間に取り入れて馬券になったのはスティッフェリオが記憶に新しいです。ただ、バビットは取り入れただけではなく動きも抜群に良いので、この点は非常に高く評価しています。個人的にコントレイルに土をつけるなら、前目で渋とく立ち回れるこの馬かなというふうに現状思っていますので、最終追い切りの動きにも要注目して見ていきたい1頭です。 その最終追い切りですが、時計は地味ですが、動きそのものの迫力は満点です。これぞ時計以上に良く見せるという動きだったと思いますし、1週前追い切りでも濃い内容を1本消化済みですので、ここに向けて好仕上がりと言って良さそうです。この馬は前に行けるということで、レースを作ることが出来ます。コントレイルを脅かすには、コントレイルにとって不都合になるようにレースを進めるのが得策ですから、自分が潰れる可能性も抱えながらも、そういった強気な競馬をして欲しいと思っています。これまでスタミナを感じさせる競馬を見せてくれていますし、相手も未対戦で警戒しているでしょうから、脅かす権利は持っている1頭だと思います。

ビターエンダー

中間:中3週 B
最終:美南W 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、攻めは常に動きますので、過剰に評価はしません。延長もそこまでプラスに働くイメージが湧きませんし、あともうひと追いでどれだけ状態を上げてこれるかでしょう。その最終追い切りですが、動きは悪くないですが、そこまで変わりなくといった印象です。意図的に左回りにこだわりを見せていましたから、右回りに替わる今回はプラスではないでしょうし、現状でどういった競馬が出来るのか注目です。

ブラックホール

中間:2ヶ月 B
最終:美南W 良 併せ先着 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、攻め動く馬にしては物足りない内容が並んでいる気がしています。動く時はもっと動けますので、まだ仕上がり途上にあるのかなと感じます。あともうひと追いありますので、そこでどこまで良くなってくるのか注目したいです。その最終追い切りですが、終いの伸びは良かったものの、やればこれくらいは動く馬ですから、過剰に評価はしません。延長は良いと思いますし、馬場も渋ればなお良いと思いますが、この出来でどこまでといった印象です。

マンオブスピリット

中間:中3週 B
最終:栗CW 良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、過去のウッドチップコースでの動きと比較すると少し物足りなさが残る1週前追い切りに映りました。まだ良くなる余地を残していると思いますし、このひと追いで最終追い切りどこまで上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、時計的には強調出来ないものの、動きは悪くないです。継続騎乗も良いと思いますし、人気的にも抑える価値はあると思っています。

レクセランス

中間:中3週 B
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、良い頃と比べるとまだパッとしませんし、仕上がり途上にある気がしています。もっと動ける馬だと思っていますので、最終追い切りでは私のイメージ通りの走りをしてくることに期待しています。その最終追い切りですが、反応が俊敏になった印象を受けましたし、成長を感じます。徐々に良くなってきたという印象で、力を出し切れれば面白い存在になると思っています。ひと叩きしての上昇に期待です。

ロバートソンキー

中間:中3週 A
最終:美坂 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、変わらず坂路で良い動きを披露しています。引き続き状態は保てていると思いますので、最終追い切りではもう一段階上の動きを披露してくるようなら面白いと思っています。その最終追い切りですが、前走時の方が迫力ある走りでしたし、ローテーションからも更なる上積みを望むのは酷かもしれませんが、引き続き状態は保てている印象です。この相手にどういった競馬が出来るのか楽しみです。




追い切りBEST4

 

1位バビット

2位コントレイル

3位ターキッシュパレス

3位ヴァルコス

 

 

追い切りシート完成版

 

個人的に買いと感じる上位3頭を「買」印で表しています。

併せて、上位人気でそこまで妙味の感じない馬を「危」印で表しています。

各自の予想の参考にして頂けると嬉しいです。

 

私の活動を応援して頂ける方は、是非1日1回クリックをお願い致します。

そうして頂ける事で、私のランキング順位が上がります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

※無断転載禁止

 

✔︎追い切りの基礎を固めるにはこの1冊で十分

最近はTwitterやYouTubeなどのSNS上で独自の見解・考察を発信する人が増えて参りました。競馬界全体が活性化されて大変良いことですよね。こちらは追い切りを独学したいという方に是非おすすめしたい1冊です。私も初めはこの本を買って追い切りについて勉強しました。この1冊だけで大凡追い切りの基礎は固められると思いますし、書いているのは「競馬予想TV!」にもご出演しており、追い切りという分野で名を馳せている井内利明氏ですから、買って損をするということはほぼないと思います。この1冊から吸収して、オリジナリティを出していけば、独自の予想法を構築出来ると思いますので、是非興味のある方は手にとってみて下さい。追い切りに興味のある方は読んで損はないと思います。

▶︎『増補改訂版 競馬に強くなる調教欄の取扱説明書』の購入はこちらから

タイトルとURLをコピーしました