【調教の気付き[11月24日(日)]/調教回顧その64】 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

皆様、楽天マガジンというものはご存知でしょうか?

競馬の予習には欠かせない週刊Gallopや人気競馬雑誌サラブレなどがかなりお得に読めてしまうサービスの事です!

1冊700円以上する週刊Gallopや1冊1000円以上するサラブレが何と月額380円(税抜き)で見ることが出来てしまうのです!

毎週Gallopを購読している方は月に約3000円をお支払いしているわけですね!

サラブレも合わせて購入しているとなると月に約4000円以上ですね!

楽天マガジンならグッと書籍代を約10分の1まで抑えることが出来ます!

週刊Gallopで馬柱を眺めながら週末の下予想をしたい方、サラブレでお気に入りのコンテンツを閲覧したい方にはかなりオススメのサービスだと思います!

スポンサードリンク

書籍代を少しでも抑えてその浮いた分は馬券購入に充てることも可能だと思いますし、こんなサービスもあるのだと1つご参考にしてみて下さい!

楽天マガジンの登録はこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

 

1日1回応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです!

にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ1日1回応援クリックして頂けるとすごくうれしいです! 

1日1回応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです! 

只今ブログのランキングにて上位を目指して奮闘中でございます!

皆さんのクリックが私のポイントとして換算されますので、応援して頂ける方は気が向いた時で構いませんので、是非バナーのクリックで私の活動支援して頂けると有り難いです!

スポンサードリンク

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

 

 

 

 

 

 

 

東京11R
スワーヴリチャード 3番人気 1着
異例の坂路主体での調整には当初驚きました。ずっとCWコースなどのトラック主体で追い切られてきた馬ですから、ずっと追い切りをみている側からすると大変大きな違和感です。調整パターンを変えてきたと言うことは何らかの陣営の意図がある訳ですから、個人的に読み解いていくしかありません。まずは情報収集からということで色々探っていると、馬の気を掻き立てるために取り入れたという陣営のコメントがみつかりました。近走は馬に切れ味がなくジリジリとしか伸びないとM.デムーロ騎手も述べておられましたので、恐らくズブさや前向きさを掻き立てる意図が強かったのではないかと解釈しました。追い切りでは元々良い動きを披露する馬ですが、1週前追い切りは抜群の動きでしたし、トラックで追い切っている時よりも馬に迫力があり、スピード感も感じられました。馬に活気が出てきたと言いますか、今まで以上に良くみせた訳ですので、そう言った意味でも坂路追いをメインとしたのは陣営の思惑通りになったと思います。1週前追い切りに引き続きマーフィー騎手が2週続けて最終追い切りに跨ってくれたのも好材料でしたし、最終追い切りも変わらず良い動きを坂路で披露しました。2週続けて時計面も動きも申し分なく、併せ馬でしたが併せ馬にならないくらい馬の反応も抜群でした。坂路追いに変えてから明らかに前向きさが出てきたと映像をみて思いましたし、更に最終追い切りはチークピーシーズを着用してきたように、ここで複数の策を講じてきていましたので、馬が変わるならここだなと思いました。それに加えて当日は道悪想定でしたし、高速決着になるよりは全然良いと思っていましたから、そこも恵まれた部分だと思います。高速決着に強い馬が揃っていましたから、雨馬場を他馬が苦にするようならこの馬には良いと思いました。そういった部分も上手く絡み合っての勝利だと思いますが、やはり1番は坂路追いで馬の気を掻き立てた点にあると思います。今までトラックで併せ馬を行い、追走からのっそり同入か微先着する形がメインでしたが、そのトレーニングだとどうしても併走馬に並ぶまでで終わってしまいます。ズブさが出てきてジリ脚しか使えなくなってしまうと、馬券内には顔を出すものの、後一押しが効かない状態になり、昨年のジャパンCや今年の宝塚記念なんかのようになってしまうのかなと思いました。そこで大一番を前に今までやってこなかった坂路追いをメインに取り入れて、馬に前向きさを出すトレーニングを課した陣営はさすがだと思いますし、それで結果も出したのですから素晴らしいとしか言いようがありません。昨年のジャパンCの中間調整内容を見れる方は是非見て欲しいのですが、明らかに仕上げ切れていなかったように感じます。原因は分かりませんが、全体的に軽かったと思います。今年は昨年とローテーションこそ同じものの、天皇賞(秋)の時からジャパンCが目標と言っていましたし、先を見据えた仕上げだったことに加え、走破時計も速すぎましたから、度外視して良いものだったと思います。気配は当然昨年のジャパンCや前走以上でしたし、相手関係も昨年より楽で絶好の狙い目だったと思います。そもそもこの馬は3歳時からサウスポーと言われ続けていましたし、その中で宝塚記念3着と好走した点は評価すべき点だと思います。今回は東京2400mと崩れずに走れているベストな舞台でしたし、叩き2戦目の上積みも十分に感じられていました。メンバーや馬場等で色々噛み合った部分も多いですが、陣営が策を練って変化を加えたことで馬が変わったと私は思いますし、渾身の騎乗をしてくれたマーフィー騎手共々に賞賛を送らせて頂きたいです。是非本命馬の記事も読み返して頂けると嬉しいです。

【ジャパンC 2019/本命馬】

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

東京11R
ユーキャンスマイル 4番人気 5着
中間の調整過程をみると、調教をみている者としては決して状態が上向いていると言えるような調整内容ではありませんでした。1週前追い切りは7Fから追われて自己ベストを更新しているのですが、意欲的に追われていると言えば確かにそうですが、私は無理して出た自己ベストと受け取ってしまいました。あのレベルの馬ですし、調教で無理をすれば良い時計が出て当然だと思います。私は楽に自己ベストを更新してきた馬は高く評価しますが、終いで甘くなってまで自己ベストを更新してくる馬は過剰に評価はしないように心掛けています。その1週前追い切りは終いの1Fがかなり甘くなっていましたし、一杯に追われても反応は案外でした。このひと追いでガラリと変わってくれば良かったのですが、最終追い切りも馬の雰囲気は変わってなく、活気も感じられませんでした。本命を打った新潟記念の時は、馬也でも馬が自ら走る意欲をみせていましたし、動きや時計なんかをその当時と比較しても見劣るものとなっていました。天皇賞(秋)の方が仕上がりは良かったのではないかとも思えてしまいましたし、そのくらい平凡に映ったので危険な人気馬にも指名させて頂きました。もちろん馬場も敗因に挙げれると思いますし、それ以外の部分でもこの馬に向かなかったところはあると思っています。しかしながら、調整過程も過去と比較して見劣るものとなっていましたし、そこに負けた理由も隠されている可能性は十分あると思います。今後もこのような細かな変化ではありますが、私なりに気付いて発信していけるように活動していければと思います。これは全て私の主観による意見ですので、今後も参考程度に頭に入れて頂ければ嬉しいです。調教考察記事も公開しましたので、是非回顧として覗いて頂けると嬉しいです。

スポンサードリンク

【ジャパンC 2019/調教考察】

 

 

 

 

 

 

 

京都12R
ライトオンキュー 2番人気 1着
追い切りでは動く馬とはいえ、追い切りでは常に動けていましたし、最終追い切りではS評価も飛び出しました。中間から非常に濃い内容を消化出来ていましたし、全体時計、終いのラップ、併せ馬のレベル、どれを取っても完璧な内容を消化出来ていたと思います。最終追い切りも中間にしっかりとやっている分軽めでくるのかなと思いきや、時計も出してきましたし、終いも手綱を引っ張りきりで素晴らしい加速型の持続ラップを踏めていました。出来は休み明けでも万全だと思いましたし、京都の最終週ということで、血統的にも馬場が味方につくだろうと思いました。シャマーダル産駒といえば、道悪の小倉2歳Sでトリプルエールが2着と好走しているように、タフな馬場で力を発揮する産駒です。血統的にも合致していて、調教も抜群なら手を出すしかありませんでしたし、その通り圧勝してくれて良かったです。S評価を付けていたということで、たくさんの方に注目して頂けましたし、たくさんの的中報告頂けました。本当にやり甲斐を感じましたし、嬉しかったです。今後もS評価以上の評価はたまに出てくると思いますので、チェックして頂ければ幸いでございます。

【京阪杯 2019/本命馬】

 

【京阪杯 2019/調教考察】

 

※無断転載禁止

 

 

【PR】週刊Gallopやサラブレ等を最も安く読むには楽天マガジンがオススメです!

 

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります!

血統は大穴馬券と密接に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります!

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ十分予想に活用出来ると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います!

そこで私がかなりオススメの血統本を紹介させて頂きます!

血統予想家でお馴染み亀谷敬正氏の血統の教科書です!

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております!

私も定期的にこの本を読み返していますし、血糖の教科書に書いてある通りになる事も良くあります!

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか!

自信を持ってオススメします!

商品の概要リンクを貼っておきますので、是非レビュー等ご覧になってみて下さい!

 

 

血統の教科書の購入はこちらから!

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

1日1回応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです!

にほんブログ村 競馬ブログ 追い切り重視へ1日1回応援クリックして頂けるとすごくうれしいです! 

1日1回応援クリックして頂けるとすごく嬉しいです!

只今ブログのランキングにて上位を目指して奮闘中でございます!

皆さんのクリックが私のポイントとして換算されますので、応援して頂ける方は気が向いた時で構いませんので、是非バナーのクリックで私の活動支援して頂けると有り難いです!

よろしくお願いします!

 

 

「YouTube バナー」の画像検索結果

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

 

 

皆様、楽天マガジンというものはご存知でしょうか?

競馬の予習には欠かせない週刊Gallopや人気競馬雑誌サラブレなどがかなりお得に読めてしまうサービスの事です!

1冊700円以上する週刊Gallopや1冊1000円以上するサラブレが何と月額380円(税抜き)で見ることが出来てしまうのです!

毎週Gallopを購読している方は月に約3000円をお支払いしているわけですね!

サラブレも合わせて購入しているとなると月に約4000円以上ですね!

楽天マガジンならグッと書籍代を約10分の1まで抑えることが出来ます!

週刊Gallopで馬柱を眺めながら週末の下予想をしたい方、サラブレでお気に入りのコンテンツを閲覧したい方にはかなりオススメのサービスだと思います!

書籍代を少しでも抑えてその浮いた分は馬券購入に充てることも可能だと思いますし、こんなサービスもあるのだと1つご参考にしてみて下さい!

楽天マガジンの登録はこちらから!

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。