【調教の気付き[5月12日(日)]/調教回顧その4】

スポンサードリンク

昨日の調教回顧はこちらをクリック

 

 

東京11R ヴィクトリアマイル
アエロリット 2番人気 5着
海外帰りの今回、1週前追い切りでもしっかり時計を出してきたが、動きが良い時と異なっていた印象を受けた。1週前追い切りだから仕方ないと目を瞑ったが、最終追い切りでも動きは変わって来ないまま。良い時は全体時計も速く、終いもしっかり脚を伸ばしてくるタイプだし、海外帰りの今回は思い通りの調整が出来なかったように感じた。時計は出ていたが、動き自体が全体的に重苦しく、それが今回の結果に繋がったように感じた。

東京11R ヴィクトリアマイル
レッドオルガ 3番人気 11着
先週の回顧でヴァルディゼールを例に挙げて述べたように、最終追い切りで北村友一騎手が跨がらなかった点が気掛かりだった。この騎手は最終追い切りは必ずと言って良いほど追い切りで感触を確かめにくるタイプの騎手。それが今回の最終追い切りでは助手が跨り、本人は1週前追い切りのみの騎乗だった。別に追い切りに跨るか跨らないかで結果に直結するとは言えないが、この騎手が最終追い切りで跨るか跨らないかで、その馬に対しての期待度が見えてくる気がしたレースになった。また、レッドオルガ自身、1週前か最終の栗坂での追い切りで51秒台を出してくるのが通常の好走パターン。それも今回はなかったのが負荷不足となった可能性も否めない。

東京11R ヴィクトリアマイル
ミッキーチャーム 6番人気 8着
この馬自身、輸送がかなりレースに響くタイプということで、今回は5月5日の日曜日に本追い切りを消化。多くの馬が水曜、木曜に最終追い切りを消化するところ、この馬はだいぶ早目に最終追い切りを消化した形になった。一応水曜日にも坂路で最終調整を行なったが、負荷はかけずに輸送を考慮した軽めの運動程度の追い切りを消化するだけだった。Glに出走するにあたって、攻めた内容をこなせないというのは致命的に感じたし、この馬自身調教をやらないと走らないタイプ。輸送が影響で中間に攻めた内容がこなせないのなら、今後も関東圏でのレースでは買いにくい1頭なのかなと感じる。

東京11R ヴィクトリアマイル
ソウルスターリング 8番人気 9着
中間は厩舎でかなりの本数を乗り込まれていたが、全て馬也で時計面も平凡な調教。休み明け1発目のレースを挑むにあたって、負荷は足りなかったように感じるし、1週前追い切りと最終追い切りに関しては終いの脚を伸ばすだけの内容。休み明けでこの内容では買いにくかったし、長目からしっかりと時計を出してきて欲しかったのが本音。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

東京11R ヴィクトリアマイル
ワントゥワン 16番人気 16着
この馬の良い時は終いで切れる脚を披露してくれる。それが最近は反応面が鈍く、目一杯追っても11秒後半から12秒台の脚しか伸ばせなくなってしまっている。ポリトラックとはいえ、良い時は馬也で11秒半ばの脚を伸ばせていたし、良い頃と比べると明らかに物足りない内容が続いている。

 

昨日の調教回顧はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサードリンク

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

投稿者: yuta

主に週末の競馬の情報を記事にしてます。 追い切り考察や過去10年データなど決まった形をルーティーンにしてやっております。 よろしくお願いします。