【調教の気付き[5月25日(土)]/調教回顧その7】

スポンサードリンク

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

ダービーと目黒記念の対抗◯はこちらをクリック

 

 

 

京都11R 葵S
ディアンドル 1番人気 1着
決め手となったのは5月10日(日)の栗坂での追い切り内容。52.7-37.9-23.7-11.6[14.8-14.2-12.1-11.6]というラップを刻んだのだが、終いの2ハロンが素晴らしい時計。坂路調教で終いが苦しくなるところを加速しているということだし、馬也表記ということで余力すら感じられる。映像を確認することが出来なくても、ラップからこのように紐解いて確固たる自信に繋がることが出来た。そこからの調整は最終追い切りも含め目立つものではなかったが、このひと追いが私の中で衝撃的な内容だったし、これだけ濃い内容を消化出来ていれば、後の調整は軽めでも十分力を発揮出来ると感じる。最終追い切りだけを見るのではなく、中間の内容も重視するというのは大切な事だと感じた。

 

 

ダービーと目黒記念の対抗◯はこちらをクリック

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[2週前追い切り]】はこちらをクリック

スポンサードリンク

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

【東京優駿(日本ダービー) 2019/調教考察[最終追い切り]】はこちらから

スポンサードリンク

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

スポンサードリンク

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。