【調教の気付き[5月5日(日)]/調教回顧その2】

スポンサードリンク

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

ヴィクトリアマイルの注目馬はこちらをクリック

 

東京11R NHKマイルC
ダノンチェイサー 3番人気 4着
この馬は事前にダービーへ行くという意向があったし、調教からもダービーへ向けた余裕残しの仕上げに感じる点が見受けられた。それは最終追い切りを4F追いにしてきた点。この馬はNHKマイルCの前に5戦のキャリアを積んできたが、過去の最終追い切りは全て6F追いからしっかりやるのがこの馬のパターンだった。その点今回は4Fからやって、終いを伸ばす程度。これを池江先生の渾身の仕上げと見る人もいるかもしれないが、そもそも今回は休み明けのレースだし、本当に獲りにきているレースなら、今までのように長目をしっかり追ってきたと思う。もちろん進路妨害が無ければ馬券内に来ていたかもしれないが、最後のひと伸びを欠いたのは、仕上げが若干緩いのが原因だったかもしれない。

東京11R NHKマイルC
ヴァルディゼール 8番人気 6着
北村友一騎手といえば、重賞の1週前追い切り、特に最終追い切りは必ずと言って良いほど調教に跨っている。初春のGl戦線を振り返っても、最終追い切りは必ず北村友一騎手が自ら手綱を握った。それなのに今回の最終追い切りはヴァルディゼールに跨っていなかった。これが原因で来なかったとは言い難いかもしれないが、少なくともいつものパターンではなかったし、調教を見ている側からすれば不自然な現象だった。やはり、最終追い切りで乗り馬とコンタクトを取るという事は重要な事だと思う。

 

【ヴィクトリアマイル 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

ヴィクトリアマイルの注目馬はこちらをクリック

スポンサードリンク

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

スポンサードリンク

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。