【調教の気付き[6月8日(土)]/調教回顧その11】

スポンサードリンク

阪神5R メイクデビュー阪神
ロードクラージュ 1番人気 6着
この中間はケイデンスコール(三オープン)やダイアトニック(古オープン)、ミッキーワイルド(古オープン)等とハイレベルな併せ馬を消化出来ていたし、新馬戦はほぼ好勝負間違いないと思っていたが、この併せ馬は全て併走馬が馬也調教だった。併せた相手がしっかりと追って食い下がっているなら評価するべきだが、今回の例はジョギングを格上馬の横で一緒に走った程度。それを過度に評価してしまった点は今後に繋げなければならないと感じる。また、速い時計を出せておらず、併せている馬の名前だけで評価するのは良くないと感じた。それに、新馬戦は馬の精神面も非常に重要で、陣営のコメントを読み取ることも必要だと感じる。今回のロードクラージュも陣営がまだ馬が子供子供しているとコメントが出ていたし、レースで全能力を発揮出来ない可能性もあったのに、評価を上げてしまった点は反省したい。調教のパートナーだけでなく、時計、内容も加味し、尚且つ新馬戦の場合は馬の精神面がどうなのかも根掘り葉掘りする必要があると強く感じる。

 

 

記事内で疑問点や質問したい事があればTwitterサブアカウント(@yuta87oikiri2)のDMまで宜しくお願いします!
些細な事でも結構です!
本アカウント(@yuta87oikiri)のフォローも宜しくお願いします!

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサードリンク

 

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

スポンサードリンク

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

スポンサードリンク

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。