【金鯱賞 2019/調教総評[中間追い切り]】

スポンサードリンク

アルアイン 10本 A+
中間の内容はかなり良い。休み明け初戦でもかなり気合いの入った調整過程を踏めている。馬自体休み明けも苦にしないし、他の馬達が先を見据えて仕上げてくるならチャンスに感じる。左回りでは結果が出ていないのが不安だが、その2戦はいずれもGlだし、過度に気にする必要はなさそう。最終追い切り次第では重たい印も。

エアウィンザー 8本 A+
中間の内容はとても良い。チャレンジCからの休み明けでも良い調整過程を踏めている。この馬自体、右回りでの好走が目立つが、左回りのむらさき賞でも圧巻の走りをしているように、中京コースもそつなくこなしてくれそう。本番は大阪杯だが、右肩上がりの成長力と連勝の勢いのまま、古馬の一流どころをここで一蹴しても不思議はない。これだけの能力馬の乗り替わりは疑問も、最終追い切り次第では重たい印も。

ギベオン 5本 B
中間の内容は平凡。良い時と比べると内容も薄い気がする。とはいえ、重賞勝ちの舞台だし、人気薄なら抑えたいと感じる。最終追い切りでどこまで。

クリノヤマトノオー 0本 C
連闘で時計を出せていない。前走は勝負どころで窮屈な競馬になって力を出し切れていないし、直線は脚を余していた。馬場が荒れてタフな展開になれば善戦も。最終追い切りでどこまで。

サトノワルキューレ 6本 B
中間の内容は平凡。近走は良い頃と比べると活気がなくなってきている気がするし、ここでは能力的に劣る印象。最終追い切りでどこまで。

ショウナンバッハ 0本 C
連闘で時計を出せていない。この舞台では穴をあけているし、決め脚の生きる展開になれば善戦可能か。最終追い切り次第では抑えも。

スズカデヴィアス 9本 B
中間の内容は平凡。本数こそこなせているも、内容はイマイチ。休み明けということと、能力面を考えるとここは厳しいか。最終追い切りでどこまで。

タニノフランケル 2本 B
中間の内容は平凡。近走の安定感は認めるが、ここは相手レベルが何段も上がるので、今まで通りにはいかない気もする。直線の短い小回りコースがベストだと思うし、乗り替わりも不安。最終追い切りでどこまで。

スポンサードリンク

ダノンプレミアム 14本 B
中間の内容は平凡。本数はかなりこなせているが、負荷という面ではそれほどかけられていない気がする。やはり日本を代表する馬になる資質はあるし、休み明け初戦は無事にという思いが強いはず。本番はまだ先だし、ここで焦る必要は全くない。能力を出せれば好走必至だと思うが、ここは頭からは買いづらい印象。最終追い切り次第で。

ペルシアンナイト 9本 A+
中間の内容はかなり良い。いつもの休み明けよりも中間の内容は良い気がするが、この馬は休み明けが極端に走らない。叩いてグンと上向くタイプと見ているし、昨年2着の大阪杯、またはその先の安田記念が春の目標だろう。そう考えると頭からは買いづらいし、抑えまでという印象。最終追い切り次第で。

スポンサードリンク

ムイトオブリガード 5本 A+
中間の内容は良い。この馬自体、前走のようなタフな展開は苦手だと思うし、どちらかと言うと瞬発力タイプと感じる。よって、この舞台設定は良いと思うし、他馬が休み明けでソフトな仕上げの中、この馬はしっかり仕上げて挑めば善戦可能に感じる。最終追い切り次第で。

メートルダール 4本 B
中間の内容は平凡。良い時はもっと良い内容を消化しているし、過去2戦と比べると内容は薄い気がする。能力的にも足りない気がするし、最終追い切りでどこまで。

モズカッチャン 8本 A
中間の内容は悪くない。この馬自身、調教は良く見せるタイプではないので、過度に調教で判断するのは良くないタイプ。休み明けでもそれなりに走ってくるし、能力もあるので、最終追い切りの動き次第では。

リスグラシュー 2本 A
中間の内容は悪くない。本数こそ少ないものの、負荷はしっかりかけられている印象。休み明けでもそれなり走れるが、目標は先だと思うし、古馬の牡馬相手にどこまでやれるか。最終追い切り次第では抑えも。

 

【金鯱賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

スポンサードリンク

【金鯱賞の本命馬候補はこちらをクリック】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。