【金鯱賞 2020】最終追い切り後の追い切り考察

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギベオン
中間:2ヶ月半 A
最終:栗CW 不良 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、攻め馬では動くタイプらしく、好内容が複数本目立ちます。とはいえ、これは毎度のことですので、過度に評価はせずといった感じでみていきます。最終追い切りでも良い動きを披露すると思いますが、慎重に考察していきたいです。その最終追い切りですが、いつも通り良い動きでした。折り合いに専念したような内容で、しっかりと我慢も効いていましたし、終いの伸びも悪くなかったです。とはいえ、毎回これで結果が出ていませんので、急激に変わってくるイメージは湧きません。状態は言うまでもなく良いと思いますので、現状でこの相手にどこまで走れるかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケイデンスコール
中間:中4週 B
最終:栗P 良 単走 B
中間の内容からみていきますと、良い時と比較すると物足りなさが勝るイメージです。格下相手にも併せ馬で遅れてしまっていますし、まだ良化の余地を残しているような気もしますから、最終追い切りでどこまで良化してくるのか注目しています。その最終追い切りですが、初めてポリトラックコースで追われたということで、気になる点ではあります。追われてからの活気なんかもまだ物足りませんし、新潟2歳ステークス時はもっと軽い動きだったようにも記憶していますから、良化途上感は否めません。距離も長いと思いますし、この相手に現状でどこまで走れるのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノガーネット
中間:2ヶ月 B
最終:栗坂 重 併せ遅れ 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、良い時と比較するとまだ物足りない印象を受けます。1週前追い切りなんかは格下馬相手に遅れをとってしまいましたし、もっと動ける馬なのにという印象でした。まだ良くなると思いますし、最終追い切りはそこに注目してみていきたいです。その最終追い切りですが、自己ベストは出たものの、無理して出た感は否めませんし、まだ良化の余地を残しているような気もします。併走馬は新馬とはいえかなり動いてましたから、仕方ないにしても、この馬自身のラップは減速していますので、この馬らしくないと言えばらしくないです。良い時は加速ラップで駆け抜けますから、その点がどう出るかでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サトノソルタス
中間:3ヶ月 B
最終:美南W 重 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、意欲的な攻め内容が目立ちます。悪くないですが、良い時と比較するとまだ物足りなさはありますので、そこを最終追い切りでどこまで詰めてこれるか注目していきたいです。その最終追い切りですが、決して動きは悪くはないのですが、もうワンパンチ欲しいというのが正直なところです。追われてから前には出たものの、そこからのもうひと伸びは一息でしたし、併走馬にも案外付いてこられましたから、突き放すくらいの勢いが欲しかったです。水準の出来にはあると思いますが、水準の出来でこの相手に太刀打ち可能かと言われると疑問です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サートゥルナーリア
中間:2ヶ月半 A
最終:栗坂 重 単走 馬也 S
中間の内容からみていきますと、全体的にレベルの高い内容が目立ちます。ただ、1週前追い切りの反応が良化の余地を残していると感じたため、評価は辛めです。最終追い切りで上向き次第、評価は上がると思いますが、どこまで上向いてくるのか要注目してみていきたい1頭です。その最終追い切りですが、かなり上向いてきたように感じます。1週前追い切りとは変わって、促されてからの反応も素晴らしいですし、前で併せ馬をしていた組をあっさりと抜き去った点に関しては驚愕です。そしてこのタイム。丸で短距離馬かというような猛時計を楽々マークした辺りにはポテンシャルの違いを感じました。自己ベストも約2秒近く更新してきたわけですし、前哨戦としては十分過ぎるほどだと思います。最後も決してスムーズとは言えない中でも怯まず加速出来た点を高く評価したいですし、抜き去る時は他馬と積んでいるエンジンの違いを感じることが出来ました。好仕上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュンヴァルカン
中間:中1週 F
最終:栗CW 不良 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、中1週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻め馬では動くタイプらしく、時計、ラップ共に良い内容を消化してきたと思います。とはいえ、昔から攻めは動く方でしたから、レース結果に直結するかと言われると疑問です。久々の芝ですし、出来は良くても色々と足りない面は多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイワキャグニー
中間:中5週 B
最終:美南W 重 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、良い時と比較すると若干物足りなさは感じます。時計も平凡ですし、併走馬にも煽られ気味とはこの馬にとって珍しいくらいです。もうひと追いありますので、そこで上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、1週前追い切りよりも時計は詰めてきましたし、動きも良くなっているとは思うのですが、絶好時と比べるとやや物足りなく感じます。力は出せると思いますが、出来は平行線というイメージですし、良化の余地は残されている気もしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニシノデイジー
中間:中6週 A+ ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終: 美南W 重 単走 馬也 A+
中間の内容からみていきますと、非常に意欲的な攻め内容が目立ちますし、1週前追い切りでは自己ベストを約1秒縮めてきました。逆転へ熱心に攻められていますし、この馬なりに仕上がりは良いとみていますので、最終追い切りもかなり楽しみです。その最終追い切りですが、非常に良い動きだったと思います。攻めは動くタイプではあるのですが、状態は引き続き保てていると思いますし、最後まで意欲的に攻めれた点は高く評価したいです。ここに向けて態勢は整ったと思いますし、この相手に現状どこまで走れるのか要注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブレスジャーニー
中間:中4週 B
最終:栗CW 不良 単走 強め B ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、長目を追われている点は良いと思います。ただ、中4週にしてはやや抑えめな内容とも取れそうですし、以前とそこまで大きく変わってきた印象はありません。久々にトラックに戻した点が吉と出るか凶と出るかわかりませんが、動きやこなしている内容自体には大きく変わってきそうな要素はありません。最終追い切りでどこまで上向いてくるのか注目です。その最終追い切りですが、まだ良くなる余地は残されてそうです。良い時はもっと楽に動ける馬ですし、活気や迫力も良い時よりは劣る印象ですので、現状でどこまで走れるのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイネルファンロン
中間:4ヶ月 A
最終: 美南W 重 単走 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、攻め馬では動くタイプらしく、良い内容が複数本目立ちます。ハイレベルな併せ馬も消化出来ており、内容の質としても高いレベルにあるとみています。好走した函館記念時と同じくらいの出来にはあるとみていますし、近走よりは確実に出来は上向きだと思っています。最終追い切りでも更に良くなってくるようなら、穴馬として楽しみな存在になりそうです。その最終追い切りですが、身のこなしも非常に良いですし、力は出せる出来にあるとみています。復調気配を感じますし、楽に前目で運ばせてもらえれば、渋とさを生かす競馬は可能なのではないかと思っています。かなりの人気薄でしょうし、楽しみは秘めてそうな1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラストドラフト
中間:中6週 A
最終: 美南W 良 併せ先着 馬也 A
中間の内容からみていきますと、いつも通り攻めの内容は良いとみています。時計も出せていますし、終いまで楽に追い切れている点は評価したいです。大きく上向いてきた印象はありませんが、ハイアベレージで常に良い状態を保てていると思います。最終追い切りも更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め馬で動くタイプらしく、最後まで良い動きだったと思います。併せ馬でも追走から先着を果たしてきましたし、ここに向けて態勢は整ったとみています。大きく変わった印象はないですが、高水準で安定していますし、見せ場は作れると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロードマイウェイ
中間:3ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 重 単走 馬也 A
中間の内容からみていきますと、自己ベストが出ているように、状態は悪くないとみています。久々にしては順調な仕上がりを見せていると思いますし、あともうひと追いありますので、そこで更に上向いてくれば楽しみです。その最終追い切りですが、時計以上に良く見せてくる良い動きでした。久々でもこれなら力を出し切れそうですし、水準以上の出来にあるとみています。斤量が重くなる点や相手が強化される点がどう出るかですが、ここでも善戦は可能な能力の持ち主だと思っています。

 

 

中間追い切りBEST4
1位ニシノデイジー
2位サートゥルナーリア
3位ラストドラフト
3位マイネルファンロン


最終追い切りBEST4
1位サートゥルナーリア
2位ニシノデイジー
3位ロードマイウェイ
3位マイネルファンロン

総合追い切りBEST4 
1位サートゥルナーリア
2位ニシノデイジー
3位マイネルファンロン
3位ロードマイウェイ

 

 

※無断転載禁止

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投稿者: 優太の追い切り考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。