【阪急杯 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

スターオブペルシャ 美浦 南W 重
3頭併先 52.9-39.1-12.7 馬也 A+
最終追い切りはとても良い走り。馬也で余力も十分だったし、近走の中では1番良い出来に感じた。1400mもピッタリの印象だし、鞍上も乗り方を手の内に入れていると思うので、ここも好走してるく可能性は高そう。馬券には入れたい1頭に感じる。

タイムトリップ 美浦 南W 重
単走 81.8-67.2-52.8-38.9-12.9 G前追 B
最終追い切りは良い時と比べると見劣った。とはいえ、前走が良い勝ち方だったので、不気味ではあるが、展開がハマった感じもするし、阪神コースに舞台を移すのはマイナス材料に感じる。馬場も気にしてる感じがあったし、当日の馬場も気にしたい。今回は善戦までか。

ヤングマンパワー 美浦 南W 重
2頭併先 68.5-54.3-40.3-13.9 G前追 B
かなりしっかり追われるも反応はイマイチ。良い頃と比べると動きに覇気がない気もするし、近走の不振からも印は打ちにくい1頭。

リョーノテソーロ 美浦 南W 重
単走 52.5-38.4-12.8 G前追 A+
最終追い切りは良い動き。調教は良く動くタイプだが、状態は前走以上に感じる。最近は力を出しきれないレースが続いているし、着順で人気を落とすようなら穴で狙いたいと感じる。馬場が渋ればなお良さそう。

トウショウピスト 美浦 坂路 稍重
単走 52.8-38.1-24.9-12.6 馬也 B
調教ではそこそこ動けるタイプだが、レースには直結しないタイプ。今回も悪い動きではないが、この馬にしては平凡。距離延長の変わり身でどこまでやれるかという感じだし、自分の競馬でどこまで。

エントシャイデン 栗東 CW 重
単走 85.1-67.5-52.1-37.6-12.2 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。しっかり追われて反応も悪くはなかったが、かなり良いとは言えない感じ。短縮もどうでるか疑問だし、昇級でいきなり重たい印は打てない印象。1度この条件での走りを様子見したい。

ミスターメロディ 栗東 CW 重
単走 11.6 馬也 S 
ラスト1Fしか確認出来なかったが、馬也で余力十分の良い動き。前走よりも良い状態に感じるし、馬場が渋ってもしっかり走れるタイプ。1400mも合っているし、重賞でもやれる実績からもここは上位評価をしたいと感じる。

ロードクエスト 栗東 CW 重
2頭併先 12.3 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。調教は毎回ある程度動けるが、レースには直結しないことが多い気がする。ただ、1400mに変わるのは良いと思うし、展開がハマれば善戦は可能に感じる。乗り替わりも魅力だし、勝負に来てる感じはする。

スポンサードリンク

ラインスピリット 栗東 CW 重
単走 83.1-66.4-51.5-37.9-12.5 G前追 A
最終追い切りは悪くない動き。状態は前走以上に感じるが、距離延長が良いとは思わないし、抑えまでという印象。

アドマイヤゴット 栗東 坂路 重
2頭併遅 51.8-37.5-24.7-12.5 G前追 A
最終追い切りはまずまずの動き。追い切りは良く動くタイプなので過度な評価は与えないが、ここ最近の出来では良い仕上がりだと感じている。距離、コースともに相性は悪いので、良くて抑えまでか。展開の助けも必要に感じる。

スマートオーディン 栗東 坂路 重
2頭併先 51.7-37.2-24.3-12.2 馬也 A+
長期休養明けからイマイチパッとしない動きが目立っていたが、近走でようやく本来の走りに戻りつつあると感じる。追い切りも徐々に良くなっているし、今回の動きも合格点を与えられる内容。余力十分で反応も良いし、動きも軽やか。今は引っかかる面が見えるので、この距離短縮も良い方へ出てくれそう。人気薄なら抑えたい1頭。

ダイアナヘイロー 栗東 坂路 重
単走 53.8-39.3-25.6-12.8 馬也 A
最終追い切りはまずまずの動き。1週前でしっかりやっているので、最終追い切りはこんなもんで十分。最後まで舌を出していたのは気になるが、走り自体は悪くなかった。毎回時計ほど良くは見せないタイプで今回もそれは同様。馬場が荒れても走れるタイプだし、単騎で行ければ2連覇も十分に考えられる。

スポンサードリンク

ダイメイフジ 栗東 坂路 重
2頭併先 53.1-38.1-24.5-12.1 G前追 A+
最終追い切りはかなり良く映った。前走とは見違える程良い動きだし、ここは買いな1頭に感じる。陣営は出来れば良馬場でやりたいと述べているが、馬場が多少渋っても走れると思うので、決め脚が生きる展開になればなお面白い。

ヒルノデイバロー 栗東 坂路 重
2頭併遅 50.8-36.8-24.3-12.5 G前追 A+
併走馬には遅れをとったが、手応えでは優勢。動きも中間からずっと良いみたいだし、仕上がりはここへ向けて順調に感じる。陣営は良馬場でやりたいみたいだが、道悪でも好走歴があるし、ここは買いの1頭に感じる。

リライアブルエース 栗東 坂路 重
単走 54.0-38.8-25.0-12.4 G前追 A
調教は良く動くタイプ。今回も動きは良いが、調教の動きとレースの内容が直結しない印象を受ける。久々の1400mで変わり身があれば好走も期待出来そうだが、冬場はそこまで良くないし、抑えまでか。

レッツゴードンキ 栗東 坂路 重
単走 51.6-36.9-23.7-11.8 G前追 S
最終追い切りは抜群の動き。休み明けでもしっかり本数を乗れているし、初戦から力を出せる状態にありそう。1400mと前哨戦ということを考慮しても重たい印を打ちたいと感じる好内容。上手く乗れれば勝ち負けまであると思うし、期待したい1頭。

スポンサードリンク

ロジクライ 栗東 坂路 重
2頭併先 51.7-37.4-24.6-12.5 馬也 A+
最終追い切りは毎度のこと良い。前走より良い仕上がりに感じるし、距離短縮がハマれば善戦も期待出来そう。上手くタメが効けば渋といし、実績からも抑えは必要に感じる。

 

【阪急杯 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【阪急杯 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

 

note.mu/yuta87oikiri【noteのフォローはこちらから!】

【今週末の穴馬候補は私のブログランキングから!】

【友達追加はこちらから!】友だち追加

【メールアドレス登録でブログの更新通知が届きます!】

 

私は調教の他にも血統を独自で学んでおります。

スポンサードリンク

血統は大穴馬券と濃密に関係があるとつくづく感じますし、血統予想をしていなかったら取れないような馬券も取れることがあります。

私個人としましても、調教の他に血統という知識を頭に入れておければ予想に活用できると思っていますし、予備知識として身につけておいて損はないと思います。

この著書には血統の系譜から1頭1頭の種牡馬について丁寧に特徴が述べられていますので、初心者にも大変わかりやすい本となっております。

競馬で何か勉強しようと迷っている方、血統に少しでも足を踏み入れてみようと思っている方は、是非この本を購入して勉強してみてはいかがでしょうか。

商品の概要リンクを貼っておきますので、ご覧になって行って下さい。

 

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。