【青葉賞 2019/調教考察[最終追い切り]】

スポンサードリンク

【青葉賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【青葉賞 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

青葉賞の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

 

アドマイヤスコール 美南W 良 西村
2頭併入 85.2-68.9-53.6-39.5-13.5 馬也 A
2週前、1週前としっかりやって、最終追い切りは軽めでやるのがこの馬のパターン。軽めでも余力を感じられる動きだったし、仕上がりは良さそう。東京コースになるのも距離が延びるのも良さそうだし、善戦に期待出来そう。

アルママ 美南W 良 柴田大
頭併入 69.4-53.7-39.7-12.9

スポンサードリンク

カウディーリョ 美南W 良 石橋
2頭併入 53.9-38.9-12.8 馬也 A
最終追い切りは悪くない動き。馬也で終始手応え優勢だったし、追えば伸びそうな雰囲気があった。東京2400mも個人的には合っているイメージ。能力的にはどうかとは思うが、良血馬だし、この相手なら善戦は可能か。

サトノラディウス 美南W 良 三浦
3頭併入 66.9-52.0-38.2-12.7 馬也 A
最終追い切りは馬也で余力たっぷりの良い動き。動きは良いが、成績を見ても強く推せる点はないし、能力的にもこのメンバーとどっこいどっこいといった印象。切れる脚というよりは長く良い脚を生かすタイプにも感じるし、この舞台に適性があるかは疑問。

ピースワンパラディ 美南W 良 戸崎
2頭併入 53.7-38.7-13.1 馬也 B
最終追い切りは悪くない動き。東京コースはこなせると思うが、800mの距離延長に対応出来るかが鍵になりそう。終いの脚は堅実だし、距離さえ持てば善戦可能。

スポンサードリンク

ランフォザローゼス 美南W 良 C.ルメール
2頭併入 55.0-39.9-13.1 馬也 A
最終追い切りは時計は平凡も動きは良い。これはいつもの事だし、この内容でレースでは力を出せる馬。中間は美南Wで自己ベストを更新しているように、状態は良さそう。O.マーフィー騎手も2400m以上が良いと言っていただけに、今回の距離延長はむしろ歓迎。最終追い切りでC.ルメール騎手とコンタクトを取れているのも好印象。

キタサンバルカン 美坂 良 助手
2頭併入 53.1-39.2-26.1-13.2 強め B
最終追い切りはまずまずの動き。併走馬のリカビトスに馬也で煽られっぱなしだったのは気掛かり。本来はもう少し切れる脚を調教でも使ってくれるはずだし、やや物足りなく感じてしまった。とはいえ、相手関係には恵まれた印象は受けるし、終いの決め脚が生かせれば善戦は可能か。

ピンシェル 美坂 良
2頭併先 53.4-38.6-25.4-12.6 馬也 A
最終追い切りは悪くない動き。調教は動くタイプだが、馬也でも併走馬より手応えは終始優勢だった点は評価。1度同距離を使い、勝っているのも好材料だし、人気薄なら抑えもあり。

スポンサードリンク

 

青葉賞の対抗・穴馬はこちらをクリック

 

ディバインフォース 栗CW 良 松山
頭併遅 83.9-67.1-52.7-39.4-12.7

トーセンカンビーナ 栗CW 良 藤岡佑
2頭併先 85.6-68.5-54.0-39.9-12.2 強め A
最終追い切りは良い動き。馬也で余力もあったし、追えば伸びそうな雰囲気。広いコースは合っていると思うし、距離延長が良い方へ出れば、善戦に期待出来そう。東京は向いているし、決め脚が生かせれば。

マコトジュズマル 栗CW 良
頭併遅 83.3-68.0-53.6-39.1-12.5

スポンサードリンク

リオンリオン 栗CW 良 助手
単走 82.2-66.3-52.2-39.4-13.0 一杯 B
最終追い切りはまずまずの動き。終いはビッシリ追われたものの、いつもより脚色は鈍く感じた。東京コースで求められる切れというよりは、持続力タイプだと思うし、この舞台は合わない印象がある。

ウーリリ 栗坂 良 助手
単走 57.1-41.7-27.2-13.1 馬也 A
最終追い切りは時計は地味も動けている。なにより、ポリトラックで追い切りを行わなくなったのは成長だと思うし、成長も伺える。陣営はデビュー前からマカヒキよりもスタミナがあり長いところが良さそうと述べていたので、この舞台替わりは間違いなくプラスに働くと思う。元々調教の動きも地味だし、その割には中間に自己ベストタイをマーク出来ているので、状態は引き続き良さそう。このメンバー構成からも好走に期待している。

セントウル 栗坂 良 助手
2頭併先 52.0-38.0-24.8-12.4 A
最終追い切りは良い動き。調教は動くタイプだし、過度に評価するのは禁物か。とはいえ、前走は出遅れで力を出せていないと思うし、距離延長が良い方へ出れば穴をあけても良いと思っている。

タイセイモナーク 栗坂 良 助手 ◆自己ベスト
2頭併遅 54.7-38.8-25.1-12.5 一杯 B
最終追い切りでこの中間2度目の自己ベスト更新。自己ベスト更新は状態の良い証だが、手綱を引っ張りっきりのクインズサリナに対し、一杯に追っているタイセイモナークの反応はイマイチパッとせず。状態は悪くなさそうだが、追ってからの反応からは印は打ちにくいと感じた。

バラックパリンカ 栗坂 良 助手
単走 53.4-39.3-25.9-13.0

 

 

👊推調教馬👊
ウーリリ
サトノラディウス
ピンシェル
ランフォザローゼス

 

 

【青葉賞 2019/調教考察[1週前追い切り]】はこちらをクリック

【青葉賞 2019/調教総評[中間追い切り]】はこちらをクリック

青葉賞の対抗・穴馬はこちらをクリック

スポンサードリンク

投稿者: 優太の調教考察会場

主に重賞と新馬の追い切り情報を記事にしてます。 よろしくお願いします。