【青葉賞 2020】最終追い切り後の追い切り考察

【最終追い切り後の追い切り考察[2020]】
スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青葉賞出走予定馬の全頭追い切り考察になります。

中間全体を過去と比較したりなんかして個人的に考察しています。

是非参考にしてみて下さい。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイアンバローズ
中間:中6週 A
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用で乗り込まれている点に好感が持てます。こなしている内容も悪くないですし、2週続けてビッシリと追われていますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路で好時計をマークしてきましたし、動きも伸びやかで良く映りました。追い切りの動きから切れるというよりは長く良い脚を伸ばすタイプに感じますから、直線の長い東京コースは合いそうですし、この馬の力は出し切ってくれると思っています。現状あまり人気もなさそうなので、人気薄なら狙いたい1頭に感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アピテソーロ
中間:2ヶ月半 A
最終:美南W 稍重 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、しっかり乗り込めてはいますし、こなしている内容も悪くないです。まだ良くなる余地は残されていると思いますが、1週前追い切り時点でもそこそこ動ける態勢は整っていると思いますので、最終追い切りて更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め駆けするタイプらしく悪くない内容ですが、もうワンパンチ足りない印象もあります。これくらいは常に攻めで動けてしまう馬ですから、重賞ともなればもうワンランク上の内容が必要になってくると思いますし、現状でどこまで走れるのか注目です。出来としては悪くないですが、前走を勝って大幅に上向いてきたイメージはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アラタ
中間:2ヶ月 B
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、乗り込み量は豊富なものの、こなしている内容は平凡です。まだ良くなりそうですし、1週前追い切りでしっかり追われた効果を最終追い切りで見られればと思っています。その最終追い切りですが、良い時と比べるとやや物足りない印象を受けますが、動きは決して悪くないです。追われてからもしっかり脚を伸ばしましたから、前走重賞を走った経験が生きてくれば、善戦くらいは可能とみています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴァルコス
中間:中6週 B
最終:栗坂 良 単走 馬也 B
中間の内容からみていきますと、長めを意欲的に追われていますし、乗り込み量も豊富です。とはいえ、こなしている内容にはまだ良化の余地が残されていると感じますので、最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいと思っています。その最終追い切りですが、中間にしっかりと長めを追って負荷をかけている分、軽めの内容となりました。個人的には終いだけでも流して欲しかったというのが本音ですが、出来としては悪くないと思っています。最終追い切りがこれだけ軽くなったという事は、先週までで良い仕上がりに持っていけたという事なのでしょうが、個人的にはまだ途上だと思っていますので、ここでの評価は抑えめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーソリティ
中間:2ヶ月 A
最終:美南W 稍重 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、2週続けて7Fを追われていますし、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれている点に好感を持てます。動きはまだ良くなる余地を残していると思いますが、2週続けてしっかり追われたことにより、更に良くなってくると思いますので、最終追い切りも楽しみです。その最終追い切りですが、大幅に上向いてきた印象はないですが、引き続き好調を維持していると思います。併走馬も良い動きでしたが、この馬も負けじと良い脚を伸ばしましたし、ここに向けて良い仕上がりに持っていけたのではないでしょうか。先程も述べたように、大幅な変わり身には期待しない方が良いと思いますが、高いレベルで安定していますので、ここで見せ場があっても良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンドゥクシオン
中間:中6週 B ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、間隔が空いている割には攻め控えられているように感じますし、攻め駆けするタイプとしてはやや物足りない印象です。あともうひと追いありますから、最終追い切りでどこまで良くなるかに注目です。その最終追い切りですが、抑えの効いた走りで迫力も感じましたし、攻め駆けする馬としても十分評価出来る内容だったと思います。時計的にも自己ベスト更新という事で、この中間だけで2度自己ベストを塗り替えていますから、これは状態の良い証にも繋がると思います。仕上がりは良いと思いますし、前走を勝った勢いもありますから、東京に舞台を移してパフォーマンスが上がるようなら、いくらか楽しみがあって良い馬だと思います。血統的に頭まではどうかと思いますが、相手には抑えたいと感じる1頭です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーストンカイドー
中間:中3週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれていますし、1週前追い切りの内容も上々です。1週前追い切りでは自己ベストを更新していますし、このひと追いで更に良くなると思いますから、最終追い切りも注目です。その最終追い切りですが、坂路では地味なタイプですが、この馬なりに動けていましたし、引き続き好調を維持していると思います。距離延長や高速決着になるとどうかというところはありますが、出来は良いと思いますので、その点で多少は補えると感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダノンセレスタ
中間:中3週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A
中間の内容からみていきますと、併用で乗り込めていますし、1週前追い切りでは自己ベストも更新しました。状態は良さそうですが、動きにはまだ良くなる余地が残されているように感じましたから、このひと追いで最終追い切り更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、坂路ではかなり動いてくる馬ですので、過剰に評価はしたくないのですが、それでも悪くない動きでしたし、水準級の出来にはあるとみています。過去の内容と比較するとまだ良くなる余地はありそうですが、現状でも十分力は出せるのではないでしょうか。未勝利を脱出するのに5戦かかったという点は気になりますが、続けて同距離を使うというのは良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディアスティマ
中間:中4週 B
最終:栗坂 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、坂路主体でしっかり乗り込まれてはいるものの、こなしている内容は平凡に感じます。負荷はかかっていると思いますから、あともうひと追いでどこまで上向いてくるかだと思いますし、最終追い切りに注目です。その最終追い切りですが、併せ馬に先着を果たしたものの、終いは減速ラップですし、まだ良くなる余地は残されていると思います。坂でももう少し動ける馬だと思いますし、その動きからは瞬発力に欠けるタイプに感じますから、東京2400mという舞台だと展開次第になってしまう恐れがあると思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディアマンミノル
中間:中5週 A
最終:栗CW 良 併せ先着 強め B
中間の内容からみていきますと、間隔が空いている割には乗り込み量不足な気もしますが、1週前追い切りの内容は凄く良いと思います。近走の中では1番動けてはいると思いますので、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、併走馬には先着を果たしたものの、まだ良くなりそうな雰囲気がありますし、現状ではやや抑えめの評価です。道中の行きっぷりは良かったものの、直線追われてからの反応は一息でしたし、やや急仕上げという可能性もなくはないのかなと思います。現状でどこまで走れるのか注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリオアレグロ
中間:2ヶ月半 A ◆中間自己ベスト(美南W5F)
最終:美南W 稍重 併せ同入 馬也 A
中間の内容からみていきますと、質の高い内容は消化出来ていますし、引き続き状態は良さそうです。とはいえ、1週前追い切りの動きにはまだ良くなりそうな雰囲気がありましたから、このひと追いで最終追い切り更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、堀厩舎の最終4F追いということで、前走に引き続き勝負気配は感じてきます。動きそのものも良かったですし、促されてからの反応も良かったので、好調は維持出来ていると思います。新馬戦で重馬場をこなしているにもかかわらず、稍重の前走が案外だったので、その点が少し気になりますので、今回も人気になるようなら抑えめの評価にしても良いと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィロロッソ
中間:2ヶ月 C
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、間隔が空いている割には乗り込み量不足に感じますし、こなしている内容も案外に感じます。これでは物足りませんから、あとは最終追い切りでどこまで良くなるかに注目です。その最終追い切りですが、時計的には平凡なものの、追われてからの動きは時計以上に良く映りましたし、引き続き状態は維持出来ていると思います。芝は久々ですが、距離延長で良さが出れば、見せ場があっても良いと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フライライクバード
中間:中3週 B
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A+ ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれていますし、中3週にしてはなかなか攻めれていると思います。1週前追い切りでは併走馬に煽られ気味でしたが、しっかり追われたこのひと追いでピリッとしてくると思いますし、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、ハイレベルな併せ馬でしたし、踏んでいるラップも優秀です。最終追い切りでしっかり上向いてきた印象ですし、ダービーの権利を獲りにきているという気合を感じられます。新馬戦の前から攻めの動きが良く、ポテンシャルの高さは感じていましたから、距離を延ばして連勝しているように、ここでも勝負になって良いと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリマヴィスタ
中間:中2週 A
最終:栗坂 良 併せ先着 強め A ◆自己ベスト
中間の内容からみていきますと、中2週にもかかわらず抜かりなく攻めれていますし、この点は評価したいです。引き続き状態は良いと思いますし、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、併せ馬で先着を果たしましたし、ここに向けて状態は維持していると思います。時計的にも自己ベストですし、中2週でも最後まで攻め切れた点は評価したいです。動き自体にはまだ良化の余地があると感じますが、現状でどこまでやれるか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブルーミングスカイ
中間:2ヶ月 B
最終:栗坂 良 併せ先着 一杯 A
中間の内容からみていきますと、攻め駆けするタイプにしてはやや物足りない印象を受けます。近走の内容と比較しても、もう少し動けて良い思いますし、中間強めに追われた効果が最終追い切りで見られればと思います。その最終追い切りですが、最後まで意欲的に追われて、ビッシリと負荷をかけられたという点は好感を持てますが、良い時はもう少し楽に動ける馬だと思います。動き自体は決して悪くないですし、仕上がりはむしろ良いと思っていますが、この馬としては内容に物足りなさを感じたので、評価は抑えめにしました。瞬発力勝負になると分が悪そうですし、展開に左右されるという面も少し気になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メイショウボサツ
中間:中4週 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 併せ同入 強め A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかり乗り込まれ、引き続き状態は良いと思います。1週前追い切りの動きも良く、格上の併走馬を圧倒しましたから、時計も詰めたこのひと追いで更に良くなってくると思いますし、最終追い切りも注目です。その最終追い切りですが、格下の併走馬に煽られ気味だったものの、雰囲気は悪くないですし、動けている方だと思います。時計的にはもう少し詰めれそうな気もしますし、まだ良くなりそうな気はしますが、現状でも力は出せる出来にあると思いますし、厩舎としても今年がダービーラストチャンス。何とか権利を獲りたいところだと思いますし、どんな走りを披露してくれるか楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レアリザトゥール
中間:連闘 F
最終:軽調整 F
中間の内容からみていきますと、連闘のため時計は出していない状況です。最終追い切りが行われるかわかりませんが、やるのであればそこに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、連闘のため時計は出せておりません。現状でどこまで走れるかに注目です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロールオブサンダー
中間:3ヶ月 A ◆中間自己ベスト(栗CW6F)
最終:栗坂 良 単走 強め A
中間の内容からみていきますと、トラックと坂路併用でしっかりと乗り込まれていますし、状態は良いと思います。2週続けて長めを追って負荷をかけられていますし、これで更に良くなってくると思いますから、最終追い切りも注目です。その最終追い切りですが、大幅に上向いてきた様子はないですが、引き続き好調を維持していると思いますし、良い動きだったと思います。フレグモーネで間隔が空いた影響も攻めの動きからは感じませんし、攻め量的にも十分です。あとは今の高速馬場や上がりの速い競馬になった時に対応出来るかが鍵になると思いますが、自らがレースを作れる馬ですし、出来の良さでどういった競馬が出来るでしょうか。

 

 

 

F評価は間隔が詰まっているため追い切りが出来ておらず評価を付けれない馬に仮に付けている評価です。

詳しくは最終追い切り後の追い切り考察記事で最終的な考察はご確認下さいませ。

 

 

 

中間追い切りBEST4
1位メイショウボサツ
2位オーソリティ
3位サーストンカイドー
3位ロールオブサンダー


最終追い切りBEST4
1位フライライクバード
2位アイアンバローズ
3位フィリオアレグロ
3位ロールオブサンダー

総合追い切りBEST4
1位フライライクバード
2位アイアンバローズ
3位ロールオブサンダー
3位フィリオアレグロ

  

※無断転載禁止

スポンサーリンク

 

 

Twitter→@yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

note→note.mu/yuta87oikiriのフォローも宜しくお願いします!

 

 

2019年の6月より私のYouTubeチャンネルを設立させて頂きました!

YouTubeの方でもブログと並行して調教に関する情報を取り上げていこうと思っていますので、是非チャンネル登録よろしくお願いします!

優太の調教考察会場[追い切り放送局]のYouTubeチャンネル登録はこちらから!

「YouTube バナー」の画像検索結果

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました